京友禅を「今」に着る

友禅染といえば、京都の着物を誰もが思い浮かべるだろう。
京友禅の生みの親は、宮崎友禅。
「彼は天和の禁令以降、デザイナーとしてもっとも注目され
江戸時代のモードの世界に、きわめて大きな足跡を残した絵師で
あった。友禅染の名が彼に由来していることからしても、当代の
モード界最大の存在であったといっても過言ではないだろう」
(丸山伸彦著 「江戸モードの誕生」より)

当時、絶大な人気のあった友禅染の着物も時代と共に今や
減少の一途を辿る。いや、着物自体が滅びの美学なのだ。
寂しい・・・。

しかし、あれは2年前だったか、京都でたまたま出会った亀田さん。
彼は何と大正時代から続く友禅染めの工房の3代目だった!
そしてこの美しい日本の文化を伝え残す為に試行錯誤の結果、
考えだしたのが友禅染のアロハシャツやカットソー。
私は一目惚れしてしまった。
何と美しい図案。
亀田さんの工場の蔵には膨大な数の図案が眠っているのだそう。
それを元に次々と友禅の柄が、アロハやカットソーとなって蘇る。

何とも喜ばしいことだ。
アロハやカットソーなら、若い人が着られるし、着物を買うより
ずっとリーズナブル。
和と洋のコラボレーション。
「よくぞ、やってくれました」と、亀田さんに拍手を送りたい。

と、言う訳で 「日本文化守り隊」 隊長(自称)としては、京都と横浜
という距離はあるにしても、心から亀田さんを応援すべく声を大にして
言いたい。
「京都に行ったらパゴンに行こう!」(ベタですいません)


http://www.pagong.jp


100813_070210[1]
友禅染らしい波に撫子、
てっせんの柄。

100813_070942[1]
ちょっと個性的。
古龍の柄。
古い龍は今と形が
違っていたのですねぇ。

コメント

非公開コメント