からだレッスン・体験記

リュー・ド・リュウさん主催の「からだレッスン」のセミナーに
参加した(8月7日、長平庵にて)
タミさんに、どんな感じか聞いても「とにかく体験して」と言われ
具体的なことは分からないままの参加。

一言で言えば「身体を緩める」という事につきる。
今の世の中、私達は知らず知らずのうちに緊張状態が続いている。
子供の頃から「ちゃんとしなさい」と言われ続け、ストレスに晒され続けて
大人になり、気付けば身体はガチガチ。
もう今や、力の抜き方さえ分からなくなってきている。

そんな時に目から鱗の「人の身体は水ですよ」と言うインストラクターの
バンさんと千夏子さん。
「人の身体の70%は水分」という知識は誰でもあるが、自分の身体に
置き換えて考えたことがあるだろうか?

私は長年、首と肩のコリに悩まされてきた。
もう、ここだけは「いつもコチコチ」と思い続けてきた。
だが、セミナーが進み、徐々に身体が解れてゆき、胎児のポーズをとって
肩を揉まれた時「あれ?」と思う瞬間があった。
もしかしたら本当は私の首や肩って、やわらかいんじゃないの?と、
思えたのだ。

これは画期的なことだ。
生まれてから〇〇年、いつも一緒の自分の身体なのに、私は何も
分かってないんじゃないのか・・・と、初めて疑問を持った。

「こんなに重い頭を支えているんだから首肩がこるのは、あたりまえ」とか
「運動しないから血行が悪くなって凝る」のだとか、そんな答えは何万回も
聞いてきた。
でも、どれもピンとこなかった。
今回のこのセミナーで、これは凝ってるのではなく、緊張状態が続いている
のだ・・・と、腑に落ちた。
だったら緊張を緩めれば良いこと。
何か目の前が明るくなった。
もしかしたら長年の肩コリとおさらば出来るかもしれない。

私は発想を変えようと思う。
私の身体は水。
表面は皮膚で覆われているけど、中はチャポチャポ。
どんな風にも形を変えられる。ピシッともなるし、ユルユル~にもなる。
何事も「陰」と「陽」
このバランスですべては成り立っている。
分かっていた筈なのに・・・
は~、また、当たり前のことに行き着いた今回のセミナーでありました。



今回の参加者は、15名程でした。
皆さん、おいでになった時と帰られる時ではお顔も身体も別人のよう。
本当に「良いお顔」で帰られました。
蛇足ながら会場となった「田舎の一軒家風・長平庵」も好評で、庵主としては
嬉しい限りでございました。
次回の「からだレッスン」が楽しみです。

100808_091645[1]
長平庵の玄関
朝からキレイにお掃除
しました。

100807_101218[1]
風が気持ちよく
吹き抜ける廊下で
千夏子さんから
身体を緩めてもらう
タミさん。
本当にちょっとした
ことで、身体って
緩むのです!






リュードリュウさん、望月千夏子さんとバンさんのブログ「からだZERO本舗」は下記
http://www.ruederyu.com
http://karadazerohonpo.blog11.fc2.com/

コメント

非公開コメント