開設・きもの道

結構「きものブログ」を書いている人は多い。
仕事はジャーナリストだったり、イラストレーターだったり、
コーディネイターだったり、いろいろ。
彼女達のブログを見ると、その日のお着物姿も載っていたりして
楽しいし、何より励まされる。
「私だけじゃないんだ・・・」と、嬉しくなる。
電車に乗っても、まずほとんど着物姿の人はいない。
(特にこの暑い時期は)
きものでの外出は、孤独な旅人だ。

それでも着たくなるのは、なぜだろう?
きものの何に、それ程はまってしまったのだろう?
誰かのブログに書いてあった。
「誰にでも 他の人から見ればバカバカしいと思われるような情熱に
取りつかれることがあります。でも、取りつかれても愚かに見えても
それもその人の人生を豊かにしてゆく可能性をひめているものだと
思います」と。
そうだ!! きものは私の人生を豊かにしてくれるものだ。
知らなかった事を知り、今まで出会わなかった人と出会い、何より
日本の文化そのものを身に纏うという醍醐味。

この先、どこまできものが着られるのかは分からないが、せっかく
「はまった」のだから、思いっきり「はまり」ませう。

これを期に和に関する事は、今まですべて「わにはまる」という
カテゴリに入れてきましたが、いよいよ「きもの部門」の独立です。
「きもの道」というカテゴリを作りました。

100723_155211[1]

ゆかたを、きもの風に
着てみた。
帯は矢絣の半幅帯。

100723_155440[1]

夏に涼しげな
とんぼ玉。

コメント

非公開コメント