長平庵・文月

文月(ふみづき)と読む。陰暦7月の異称。
稲の穂が含む月であることから「含み月」「稲含み月」の意。

7月といえばユリ。
写真はカサブランカ。去年か一昨年、植えたものがヒョッコリ
咲いた。ユリ根は人も食べるくらいだから、おいしいのだろう。
大体は植えても虫か動物(もぐら?)に、食べられてしまう。
株を大きくしようと思っても、なかなか難しい。
100718_155236[1]

コメント

非公開コメント