仁城義勝さんのお椀

瀬戸物の茶碗が何か冷たく感じられて、だいぶ前から木のお椀で
ご飯が食べたいと思っていました。
でも木ならなんでもいい、という訳ではありません。
毎日使うものですから、気に入ったものを探したい。

そしてこれっと思ったのが仁城義勝さんのお椀でした。

IMG_2189.jpg

丁寧に木と対話しながら椀を削り、漆は3回しか塗らないのだとか。
だから彼は木地師と名乗っています。

IMG_2188.jpg

漆を厚く塗らないので、木地がうっすらと見え、それがまた良い風情。
漆の器を日常のものとして作っている仁城さんの器は、漆椀としては
驚くほどお安いです。
でもその仕事は本物。
仕事が確かなら、その使い心地も素晴らしいものです。

「自分のこころをざわつかせるような器だけは、作りたくない」という
仁城さんの心情的なものがその姿形に備わっていて、手に取る者に
伝わってくる気がします。

さて、このお椀、どこで手に入れたかというと・・・ネットで扱っているお店を
探したのですが、なんと京都のギャラリーでした。
東京にもいくつもあるのにねぇ、京都と繋がっちゃった。
しかもそこは来週、私が個展をする余花庵さんのすぐ近くだったのです。
これって不思議な話?
京都たって、星の数ほどお店はあるだろうに・・・

IMG_2185.jpg

まるで昔からうちにあったかのように、日常の食卓に馴染んでいるお椀。
好きな器でご飯をゆっくり噛みしめる幸せって、今だからこそできること。
若い頃はできなかったな〜。

上の2枚の写真は赤木明登さんの「美しいもの」より