FC2ブログ

着付け教室の成果はいかに?

あれから初めてです。
あれからと言うのは、小林着付け教室からの事です。
早く練習しなくては、と思いつつも時間がとれず。
その日、急遽近くの街まで行く用事が出来、別にきもので行く
必要もなかったのですが、ここで着ないとまた着ないまま日々が
過ぎていってしまうと慌てて仕度をしました。

前日から用意していた訳ではないので、きものも帯も簞笥からスッと
出し易いもので。

小杉行き2
黒の大島に大月俊幸氏の綾織りの名古屋帯
帯揚げは浅黄色、帯締めは御召御納戸色。
帯飾り、sakurako さんの蜘蛛さん。

長襦袢は教えて頂いたとおりに着れました。
それだけでも、襟元すっきりで、気持ち良かったです。
着物はもう少し、伸縮包帯を付ける場所が下の方が良かったかも。
やっぱりいろいろやってみないと、これも慣れですね。

時間がなくて、練習というにはあまり考える暇がなく、こうだったか?
ああだったか?と思いながらもザックリだったので、自分的には70点
くらいかな。

でも、裾さばきが良くて歩きやすかったのです。
それは、裾除けを胸の所迄上げているから。
これもビックリの小林マジックでした。
この方が胸元がキレイになるんです。
つまりお風呂から出てバスタオルを巻くでしょ? アレ状態です(笑)
裾除けをこんな風に使うとは思いもしなかった。
そりゃ足さばきが良い訳だ。膝から下は襦袢ときものだけなんだから。
え?寒くないかって? まだ平気ですね。
真冬になったら膝下ストッキングでも履きますか。

小杉行き3
昼間は暖かかったのですが、夕方になるとやっぱり風が冷たいので
羽織りは必要です。
羽織り、英さん。羽織紐、sakurako さん。


小林先生は補正にお腹にタオルなど巻きませんが(タオルをお腹に巻くのは
森田流です)私の場合、タオルを巻いた方がいいかもと思いました。
それに慣れているというのもあるのですが、帯と身体の間にワンクッション
ある方が好きかな・・・。
まあ、この辺はいろいろ試してみた方が良いと思いました。きものによっても
違うかもしれませんし。
お友達のK子さんは3人の先生の「いいとこ取り」と言っていました。
そうです。あくまでも自分に一番合った着方、それを模索するしかありません。
習うより慣れろ、という言葉がありますが本当にそうですね。
自分の身体と相談しながら、地道に日々努力です。

小杉行き1
お太鼓