Only one bag


冷たい雨が降るとある日、吉田さんがバッグを届けて
くださいました。
吉田さんと言うのは、染め織りの作家 吉田美保子さんです。

時々、吉田さんのサイトを拝見している私。
たまたまサイトをリニューアルした直後にお邪魔したみたいで、
吉田さんもビックリ、まだ誰にも話してないのに・・・と。
ちょうど軽いバッグを探していた私に、ピンっときたのが吉田さんが
織って、京都の善林さんが形を作ったバッグ。
あ、これだって思いました。

私が一番使いやすい大きさ、形、そして好きな色で世界に一つの
「私のバッグ」を作って頂きました!
それがこれです。

吉田バッグ2うち

裏側はこちら
吉田バッグ3、うち

このちょっと太めのヌメ革の持ち手がかっこいい。

吉田バッグ1
バッグを手に喜ぶの図


着物に合うバッグということで作られたそうですが、私は洋服で
普段にガンガン持ちたい、とリクエストしました。
思ったよりもずっと軽くて(ほら布地って裏地とか付けると重くなったり
するでしょ)大満足です!
もちろん、着物にも合いそうですね。
無地系の紬とか、久米島紬にも合いそう。
マチが12センチくらいあるので、結構たくさん入りそうです。

表側に部分的に入った黄色が効いてますね。
実は黄色は私のラッキーカラーなんです。
中の裏地も良い色だし、細かいところまで拘って作られていることが
よく分かります。吉田さんと善林さんのコラボ作品、お二人の作家さんの
魂が織り込まれ、縫い込まれているバッグ、愛を感じるな〜。
やっぱり私の目に狂いはなかったです。
さあ次は私の番ですね、愛を込めて大切に使わせて頂きますよ〜。


吉田美保子・サイト

善林英恵・ブログ