イタリア美術賞展

少し前のことですが、7月末にイタリア美術賞展が無事終了しました。
(会期:2017年6月29日〜7月30日、イタリア、ファヴァーラ市で開催)

イタリア美術賞展1

今回こちらには、昨年夏に日仏展(国立新美術館)に出展した「沈黙」を
出品しました。

イタリア、カタログ

カタログの中
左ページ、右下の作品 NEPU代表作家として出品した「沈黙」

そしてもう1点「兆し」を推薦されて出品したのですが、何とこれが大賞を頂きました。


大賞作品、兆し

私のような墨の抽象画で大賞が頂けるとは思っていなかったので、本当に
驚きました。

海外出品は、もうそろそろやめようか・・・と考えていた矢先、まだ
続けなさいということでしょうか。
それにしても何で私が?と他の受賞者の作品を拝見しながら思ったのですが
ある方に「絵というのは描いた人のエネルギーが込められている」と
言われ、ああそうかと思い至りました。
絵には目で見たその絵の色彩、構図だけでなく目には見えない何かが
描かれているのです。
私の場合はむしろそちらの方が大きいかもしれません。
そして「墨の力」外国の方はそこに、日本の神秘とか魂のようなものを
感じるのかもしれません。
実は墨の凄さを一番感じているのは私自身でして、描けば描く程嵌っていく
ようです。

何の為に描くのか、何を込めて描くのか、これまで以上に重要な意味を
持つことになるのでしょう。
ただそこに一貫してあるのは「解放」、解き放つということです。
私は自分自身を解き放つ為に絵を描いてきたのだと気付きました。
そして見てくださる方にもそれが伝わって共感してもらえたら、こんなに
嬉しいことはありません。

賞を頂くことは本当に嬉しいし励みになりますが、これに一喜一憂する
ことなく、また和紙に向かって新たな気持ちで一歩を踏み出すことに
いたしましょう。

選んでくださったイタリアの皆様、いつも応援してくださる皆様に心から
感謝致します。