第18回 日本・フランス現代美術世界展

国立新美術館

8月9日から始まりました日・仏展、なんと初日は37度の今夏最高気温。
フランスやスペインからみえている関係者の皆様には、何ともお気の毒
なことです。
私も昨年は頑張ってきものを着たのですが、この暑さで今年は断念しました。

この日は、昨年1年間の日本やフランスでの展覧会での日本人作家の表彰式が
あり、私も出席いたしました。

表彰会場
表彰式会場

やはり、着物姿の作家さんもチラホラ。
壇上に上がった時は、ああやっぱりきもので来れば良かった、とちょっと後悔。

目録
表彰状と目録

昨年「沈黙」という作品でNEPU賞(新エコールドパリ浮世・絵賞)を頂きまして
今年の表彰式への参加となった訳です。

NEPU賞の副賞は2017年度NEPU代表作家として1年間の国内外での広報。
(第48回イタリア美術賞展への作品招待。今展への作品招待など)
欧州美術クラブホームページにて作家インタビュー、作品紹介など。

皆様から「素敵ね」「凄いわね」「応援してます」と暖かいお言葉を頂き
嬉しい限りなのですが、私自身としては(作家は皆、同じかもしれませんが)
常に「んー、こんなんじゃない」「もっといい絵が(自分が納得のいく)が
描ける筈だ」と心の中に靄が広がり、会場に行く度に展示してある作品を
下ろしたくなる衝動にかられます。
じゃあ何で出展するの?と、言われそうですが、描き上げたときは「うん、
いいかもしれない」と思ってしまうのです。(笑)
その繰り返し。昨日よりも今日、今日より明日は少しは進化したい。
人の心に残る作品を(いや自分の心にかな)描きたいという思いに日々、
産みの苦しみと戦っているのであります。
きっと描き続けている限り、この気持ちは変わらないんだろうなぁ・・・。

ともあれ1年に1度の日本での祭典ですから、ありがたく賞を頂き、
1年ぶりにお目にかかる旧知の作家さんたちと交流しました。
また1年間、頑張りましょう。

お暑い中を会場に足を運んでくださいました皆様、またこれから行こうかしら
とお考えの皆様にも心から御礼申し上げます。
お暑いのでお気をつけて(でも、中は冷え冷えです)

場所:六本木、国立新美術館 3A展示室、入場無料
   会期は20日(日)まで(15日は(火)休館日)です。