FC2ブログ

只今、進行中

祇園祭りの余韻が残る京の街に行ってまいりました。
その日は雲り空に時折の雨がザーッと。
でもそのお陰で「暑い京都」を覚悟していた割には嬉しい
肩すかし。

以前にもお話しました「京都タロット」のアートピースを作る
というプロジェクトが本格的に始まりました。
本日は(株)大入さんにてミーティングです。

アートピースというのは、普通の一般的なタロットカードではなく
私の絵に焦点を当ててアートとして見る方に重きを置いた、
でも実際にカードとしても使えるものです。
平たく言ってしまえば、マニア向きとでも言いましょうか。

(株)大入さんは京都の経師やさん。
手がけていらっしゃるのは国宝級の掛け軸、書画などの修復や複製の
制作など、それはそれは凄いことをやっていらっしゃるのです。
何でそんな所にご縁が繋がるのか、これも「京都タロット」の七不思議
ですねぇ。

大入さんと複製画
工房にて浮世絵の複製を見せて頂いているところ。
大入社長、後ろからごめんなさい。

「大入」というのは会社名かと思ったら、社長の本名なのです。
それがそのまま会社名になっているのですね。
縁起の良いお名前です。
ご本人は一言でいうなら、大黒様のような方。
やっぱり縁起が良いです。(笑)


ミーティング中
ミーティング中の様子。


この日は4時間近くの長時間のミーティング。
いろいろなアイディアや意見の応酬で中身が濃かった。
担当のYさんはデキル女性。
こちらの質問にテキパキと的確にお答えになる姿が頼もしかったです。
こういう方なら安心してお任せ出来ます。

そして皆様の熱心さには頭が下がるばかりです。
このタロットを愛し、本当に良いものを作ろうとしているのが伝わって
きて、ミケさんも私も胸が熱くなりました。

はてさて夢を形に、第二ステージのまずは始めの一歩を踏み出した
ところ、これからの進行が楽しみであります。

どんなカードになって、どんな箱に収まるのでしょう?
それは単にタロットカードを収めるのではなく、夢や希望、果ては
小さな宇宙の詰まった「箱」になるといいなぁ〜。


<おまけ>
余花庵さん
こちらは、来年4月に「墨アート」の個展をする「余花庵」さん
「よかあん」と読みます。もともと古美術を扱っている雰囲気のある
素敵なギャラリーです。それまでに「京都タロット」のカードセットも
完成し、ここでお披露目出来るといいなと思っています。
皆様、応援してくださいね。
あれ? このセリフ 最近誰かさんが言ってたような・・・(笑)