FC2ブログ

京都タロットの会

昨年秋に京都でおこなった「京都タロットの原画展」
東ではやらないの?というお言葉を頂き、週末に2日間
お友達やタロット好きな方、タロット制作にお力を貸して頂いた方達
などに、お声をかけて原画展とタロット占いの会をいたしました。

場所は私のアトリエでもある長平庵。
そもそもタロットの絵達はここが、誕生の場ですから展示もしっくりと
馴染む訳ですよね。

コーナーの5枚

オロチ

これの為に原案者である岩倉ミケさんも、わざわざ京都から来て
くださいました。
原画展とはいえ、やっぱり皆様せっかくですから実際にカードを使って
みたいですよねぇ。
という訳でミケさん、到着するなり早速占い開始。
結局、京都の時と同じで2日間カードを読み解き続けていました。
お疲れ様です。

原画は「絵」ですがカードとなって実際にこうして使うことにより
それぞれの絵が生き生きとしてくるのが見ていて面白いな〜と
思いました。

クラマ、アマテラス

お伽系

そして何より興味深かったのは、タロットに詳しい方もそうでない方も
皆様、楽しそうに時には真剣にカードを引いてらしたこと。
そして目をキラキラさせて、こんなカードを引いたのよ、とお話し合って
ました。女学生のように・・・
こんな風にカードと遊んでもらえて、本当に嬉しかったです。
感慨深いものがありました。
1人で黙々と絵を描いていた時は、この場所でこんな日が来るなんて
想像もしませんでした。

床の間

文机

少しづつ少しづつ進化してゆく「京都タロット」
実は今、アートピースを作るというプロジェクトが進んでいます。
このタロットをプロモートしてくださっているスターポエッツギャラリーの
今村仁美さんの号令のもと、再びメンバー再結集。
これからは、このタロットを育ててゆく楽しみをじっくりと味わっていきたいと
思います。

お暑い中をお越しくださいました皆様に心より感謝申し上げます。


さて・・・
最後にこれからの京都タロットがどうなってゆくのか?を聞いてみました。

これからの事を聞く

剣の局は感情から離れて冷静な判断が出来る女性。
たろうは、多様な可能性、潜在能力。
創造の根源、まさにここから物語は始まるのです。
鏡の参は、熟練した賛同者を得て形を作る、というカード。

ふむふむ
明らかに鏡の参はミケさん、仁美さん、私ですね。
ここからまた新たなスタートをきるという事か・・・
そこには常に冷静な判断を持って。ということですね。
なる程、頑張ります(笑)

遊びをせんとや、生まれけむ・・・



明日はいらっしゃったお客様(今回はおきものの方に限らせて
頂きました)のスナップをご紹介しますね。