FC2ブログ

西へ


昨年秋のタロット展でお世話になった「スターポエッツギャラリー」の
今村仁美さんが京都の上京区にサロンをオープンされたので、そのお祝いに
ビューッと京都に行ってまいりました。

DMの絵
DMになった、お二人のコラボ作品から

オープン記念展は我が師シド・マリクラーク氏(画家)と野口さとこさん(写真家)
のコラボ展。
え?これ絵なの? 写真なの?という不思議な世界。
タイトルは「Being Kyoto」縁が起きる古くて新しいつながりの都市で、お二人の
作品は見事に融合しておりました。


シドとさとこちゃんのコラボ
写真ではアクリル板が光ってしまって、その表情をうまくお伝えできませんが、
月を題材にしたものも多く、ミステリアスな雰囲気が素敵でした。

今回、私が惹かれたのがこの2枚。
水に写った光

月と松

どちらも野口さとこさんの作品で、和紙に写真を転写したり写真に絵の具で
手を加えたり、といろいろ工夫があって面白かったです。
ほらね、やっぱりシドに指導されると新しい何かが開けるのです。
シドはそういうティーチャーなんです。
思えば私が和紙に墨で抽象画を描き始めたのも、シドのお陰なのでした。

シドは絵の描き方を教えるのではなく、描き手の心を解放するのです。
そこから新しい「何か」が生まれてくるのですねぇ。
今までに出会ったことのない本当にユニークな先生だと思います。

それでは恒例のシドとのツーショット。
シドさんとツーショット、5月12日

京都タロットの作者、岩倉ミケさんと3人で
ミケさん、シドさん、私

全員集合!私、笑い過ぎ
全員集合、5月12日
一番左が今村仁美さん、シドのお膝に乗ってるのが野口さとこさん。
なんかもうファミリーですね(笑)

「シドさんとのコラボレーションは孤独を感じながら繋がっているという
心地よさを体験する時間でした」と言ったさとこさんの言葉が耳に残りました。

シド・マリクラーク×野口さとこ Exhibition -Being Kyoto-
5月11日(木)〜16日(火)まで
スターポエッツギャラリー:京都市上京区中務町491-71 二条城GALAXY601
TEL/FAX : 075-741-8894
MAIL : as@star-poets.com


この日のきものは
白鷹織りに夏帯、じざいや帯締め
白鷹織の単衣に下井紬の名古屋帯。
帯揚げは薄紫。帯締めは先日じざいやさんで頂いてきた
ターコイズ。

白鷹織りに水色夏帯、お太鼓
お太鼓。この下井紬は軽くて締めやすくて初夏にはピッタリです。