FC2ブログ

繋がってる?

友人のブログに載っていた「美しいもの」という本を読みました。
著者は赤木明登さん。輪島塗の塗師です。
本も美しかったけど、文章にも惹かれました。
彼の友人であったり、知人の作家さんとの交流や、その作品が紹介
されています。

美しいもの、本

リュート奏者、テキスタイルデザイナー、木地師、陶芸家、鍛金師、
フードデザイナーだったり、そうそうヨーガンレールさんもでていました。
皆さん、それぞれただ者ではない人達。
創作者の端くれとしては、とても刺激になる本です。

その中に「あれ?」知った名前が・・・山口信博。
なんと私の同級生の旦那さんではないですか。
ご夫婦で青山でデザイン事務所をしています。
私も個展のDMを作ったり、冊子を作る時にお世話になりました。

世の中、狭いですねぇ。赤木さんとは家族ぐるみのお付き合いを
しているそうです。
この本のデザインもしたのだとか、そう言えば山口さんらしい
すっきりと無駄のない美しさだわ。
「美しいもの2」もあるそうで、そちらも気になります。

赤木さんは「茶箱」も作ってらして、私のような劣等生(娘時代にちゃんと
お稽古をしなかった、という意味です)も久々にお茶を点ててみたい、
と思ってしまうような素敵な茶箱がありました。


赤木明登、茶の箱2


あー、これ欲しい!仕事の後、これで一服したらどんなにかほっこりする
だろう、と。
で、メールでお値段を伺ってみたら・・・手が出ないお値段でした。
まずはセットでなく箱だけ先に頂くとか・・・ね。
「茶箱積み立てをします」とお返事して今回は終わりました。
が、諦めませんよ。やります、本当に「茶箱積み立て」

話はこれで終わりではないのです。
先日、山梨の姉に(姉は漆のブローチを作っています)赤木明登さんて
知ってる?と聞いてみたら、もちろん知ってました。なにしろ、ドイツ
国立美術館の「日本の現代塗り物十二人」に選ばれた人ですから。
その世界では有名な人なんですねぇ。
さらにオマケに、以前姉の個展にふらっとみえたそうなんです。

これってもしかしたら、繋がってる?
いつかご縁があって、あの茶箱を手に入れられる日がくるのではないかしら?
と、勝手に妄想しながら茶箱セットの写真をP.Cのデスクトップに張り付け、毎日
眺める私です。