FC2ブログ

浮世・絵賞

パリから嬉しい知らせが届いたのは、クリスマスイヴのことでした。
「第29回 パリ国際サロン」に出品した「no excuse」が、「浮世・絵賞」を
受賞したのです。
これは「新エコール ドパリ浮世・絵美術家協会」 Nouvelle Ecole de
Paris UKIYO-E (略称NEPU) の賞で、パリ国際サロン会長のアムビーユ氏
が発案した日本とフランスが共に活動する、かつてない美術運動体です。

その設立目的は「東洋の日本を代表する21世紀的美術運動の意、
現代ジャポニズム旋風」の主体となり、フランスに流れを創ることを目的と
します。浮世絵のDNA線上に存る日本画壇の伝承者、並びに有志群との
協働がフランス画壇への刺激になり、相乗効果をうみ、次世代の美術
活動家の担い手となる事を目指し、フランスに新しい風を起こす事を
目指します。」(欧州美術クラブ広報より)

と、いう訳でこの「浮世・絵賞」の副賞はNEPUの公認作家として1年間
国内外に広報されるのだそうです。
これは大変、名誉なことで嬉しいことですが、反面これから自分が何を
目指し、それをどの様に描いてゆくか、を自分の中でもっと明確にクリアに
していかねば、と緊張感を覚えるところでもあります。

この「no excuse」は、今までの複雑な色の重なりや和紙のコラージュを
極力少なくして、シンプルに和紙に墨で(絵の具も使いますが)表現して
ゆこうと決めた、その第一号の作品ですから それが賞を頂けたという事は
方向性が間違ってなかった、と大きく背中を押された感じです。

これからも気負う事なく、いつも通りに、でもしっかりと地に足をつけ、
抽象画という方法で自分の中の「日本の美」を追求してゆきたいと思います。


no excuse
「no excuse」 縦65,5㎝×横97,2㎝ 種別:ミクストメディア