FC2ブログ

「服を買うなら、捨てなさい」

たまに整理本を買っては、その気になって整理する私。
今回はこんな本に出会いました。

       服を買うなら捨てなさい


*好感の持てる若々しい姿とイタイ若作りは違う。(アイタタタ!)
*安いとつい何も考えずにパッと買ってしまう「安い服」の罠
 (本当はあまり必要ないかったりするんですよね)
*高いか安いかは着用回数で判断する。(これは買う時の良い
  判断基準です)
*おしゃれな人はワンパターン。(自分のスタイルが出来ているって
  ことなんですね)
*いつでも家出できるくらいの量の服で暮らす。(この表現には
  笑っちゃいました)
etc,etc,

著者はスタイリストさんなので、この道のプロ。
プロの目から見た厳しいチェックは、小気味好いです。

私は大きな勘違いをしていました。いつもワンパターンになってしまうのは
お洒落じゃないと思ってました。
著者曰く、実はこれ「自分のスタイルが確立している」と言う事で、
これこそがお洒落なんだそうです。
確かに、いつも同じだからたまにはスカートでもはいてみょうか、と
あまり似合わないのに無理にはいた日に限って、バッタリ知り合いに
会ってしまったり・・・って事ありますよね。

後、怖いのはストレスが溜まって、服を買いたくなる衝動にかられた時。
そういう時は判断をあやまること大なので、高級タイツやウカのネイルオイル、
ロクシタンのハンドクリームなど、普段買わないプチ贅沢なアイテムを買って
気分を上げる。のだそうです。なる程、こういう消耗品なら、後悔しないかも。

「必要なのは『ない』という不便に慣れ『工夫』という知恵を生むこと。これが
センスアップにつながる」
のだそうで、確かにおっしゃる通り。
でもこれ、服についてだけの話じゃありませんよね。
生活のすべてに言えること。
う〜ん、今までの生活を見直す良い機会かも・・・。

本を読み終わると、すぐにクロゼットに向かったのは言うまでもありません。


「服を買うなら、捨てなさい」 地曳いく子・著 宝島社


「捨てなさい」はちょっと過激な言い方ですが、もちろん私は近所の
リサイクルショップに持ってゆきます。
十分に着た服、着ようとしても鏡の前でいつも挫折した服、今の私には
似合わなくなってしまった服、どの服にも「ありがと」を言って、新しい主人の
もとへ送りだしました。

と、言う訳でGパンにTシャツ(秋はTシャツの代わりにセーター、
冬はその上にダウン)という私のスタイルは自分に合っているのだと
改めて認識できました。
ヨソユキの服は「きもの」があるので、これでOK。
やっぱりきものはコストパフォーマンスが良いですよね。
それこそ何年着られることか。
夏場はお休みしていたきもの。
そろそろ秋の準備にかかりましょうかねぇ。