FC2ブログ

気仙沼ニッティング

「世界中のひとが、お客様に。
日本だけでなく、世界中のひとに求められるものをつくっていく。
東北の気仙沼(Kesennuma)という地名が素敵で高品質なニット商品を
生み育てる場所として、世界にしられていきますように。

夢は大きいのですが、まだまだ未熟で小さな会社です。
でもチャレンジする気持ちはあまるほどあります。
応援してくれる仲間も たくさん見てくれます。
視線は高く遠くに、気仙沼の港から船出します。

                      株式会社 気仙沼ニッテイング
                      代表 御手洗瑞子」

2016年6月に、ほぼ日刊イトイ新聞で震災支援プロジェクトとして
始まり、2013年6月に株式会社として独立した。
以前から気になっていた私は、先日南青山のTOBICHIで、この会社の
ニットの展示会があるというので行ってきました。
応援したいと思っても、さすがにニットの場合は色や風合いを実際に
見て触って確かめたいもの。
それにお値段も正直、お高いのです。

最初、セーターにこの値段!と、思ったのですが・・・考えてみると、
フィッシャーマンズ・セーターの本場アイルランドのアラン諸島まで行って
オリジナルの毛糸を作ることから始め(つまり羊を選ぶことから
初めてる!のです) 紡績、撚子(ねんし)、染色に拘りデザインした
セーターを気仙沼のお母さん達がひと編み、ひと編み、震災からの
復興を願って編んでいる、と思うと決して「高い」の一言では現せない
皆んなの想いを買うのだな・・・と思いました。
そこに買う側の「応援したい」という気持ちも入る訳です。


店内1
「エチュード」が展示されている店内



小さな展示会場に並べられているのは「エチュード」というプルオーバー
のセーターのみ。
奥の壁には注文してから編む「MM01」が飾られ、入り口の所には新作
「リズム-A」(10月販売予定)がお披露目されてました。


       フィッシャーマンセーター
       受注生産の「MM01」

たった1種類のエチュードですが、手にとってみると編み手さんによって
手触り、風合いが違っていて驚きました。
同じセーターでもこんなに違うものか・・・と。
だから選ぶのに時間がかかってしまいました。
自分に合う一番しっくりくる子を連れて帰りたかったので。
売り子さんも気仙沼の方達で迷って着たり脱いだりを繰り返す私に
親切にアドバイスをくれました。

そして納得のいく1枚は「きょうこさん」が編んだ「冬の海」という色の
セーターです。
セーターには1枚1枚、編んだ人の名前のタグが付いています。
それを見るとグッと愛着が湧きます。
しっかりと目が揃って編んであるけど、どこか優しい暖かさがあります。
きっと、きょうこさんはしっかり者だけど優しい人なんだろうな〜と、
勝手に妄想しています。(笑)
気仙沼の冬の海の色だそうです(春の海はもっと明るい青でした)
東北の海の潮騒が聞こえてきそうな青でした。


       エチュード着姿
       私が選んだ「冬の海」
       大切にずーっと長く着たいと思います。


気仙沼ニッティング 展示販売会
会期:2014年9月20日〜25日まで
時間:平日11:00〜19:00 土日祝 11:00〜20:00
場所:HOBONICHIのTOBICHI 港区南青山4-25-14

気仙沼ニッティングのサイト