FC2ブログ

日本の絹

以前、国産の絹しか使わないと拘りをつらぬいてきた伊兵衛織の
工房が国産絹がいよいよ少なくなって、織り手の高齢化も進み
工房をしめる決心をしたと書いた。
逆に平安時代の優美な絹布をめざしているうちに、とうとう
繭まで遡ってしまった。という作家さんもいる。
国産の絹がないなら、自分で納得のゆくものを作ってしまおうという発想。
京都、西陣の織元である勝山織物の勝山健史さんだ。

織りと言うと繊細さよりも、素朴な風合いやしっかり織り込まれた
豪華な帯を想像してしまうが、勝山健史さんのは「繊細な織り帯」
という表現がピッタリだと思う。
その糸の細さ、光によって微妙に変わる色合い、手に取った時の
ビックリする軽さは思わず「おぉっ」と声が出てしまう程。

それもこれも一重に日本の絹に拘って養蚕から手がけ、繭を
貯蔵し、糸をとり、染め、織る、この想像を絶する手間隙かけた
一貫作業のたまものなのだと大きくうなずける。
しかも蚕にストレスを与えない為に渓流近くの風通しの良い
清潔な環境で育て、お蚕さんが食べる桑も有機栽培しているのだとか。
ん〜、ここまで徹底しているのか、と恐れ入ってしまう。


宝飾文、証紙


こんな風に育てられたお蚕さんだから、こ〜んなに美しい糸に
なるのは当たり前な訳だ。
日本人が愛情込めて育んできた絹糸。
人の想いというものは、必ずその作られたものにも伝わり、そして
それを手にした人にも伝わって幸せを運んでくれるものなのだなぁ、
とつくづく感じた。

日本の絹、いつかは廃れてゆく運命なのかもしれない。
それでもこうして何とか繋げてゆこうと努力する人達もいる。
応援したい・・・とても、とても微力ながら・・・。


宝飾文、アップ
勝山健史作「宝飾文」名古屋帯
アンティークブローチを写したというその模様は
和と馴染みながらもモダンさもあり、日常に纏う
美術品のよう。


宝飾文、お太鼓
ピンクとグレーのよろけ縞、伊予縞小紋に合わせて。