FC2ブログ

帯の進化を西陣に見る

今回、この久米島紬に山本さんがお奨めの帯は
京都西陣のもの。
昨年末のブログにも書いたが西陣というと錦とか
唐織り、を想像してしまう私は古かった。

「えーっ、これが西陣?」という斬新な帯の数々。
きもの同様、帯も進化しているのだ。


帯5
久米島紬にこんな白い帯をすると、とても
モダンな感じに。


帯1
こちらは格子の紬に色はシックだが小花が
並んだような可愛い帯。


一見、刺繍したように見えるが、もちろん西陣さんと
いえば「織り」
すべてこれ、織られているのだからビックリ。


帯2
帯7
帯4



糸のポチポチが何とも可愛いのと、その色彩感覚には
まいってしまうのだが、写真ではなかなか こういう
微妙なニュアンスカラーを写すのは難しい。

やはりこういうものは実際に手に取って、その軽さ、風合い
色彩を感じて頂かないと・・・。


帯3


この帯を織っている方は何と80代のお爺ちゃまなのだそう。
きもの友と「そのお爺ちゃまに会ってみたい!」と
盛りあがった。
このセンス、絶対若い方だと思っていたのだが・・・
「色彩感覚は若いですが、この熟練の織りは50年60年と
経験を積んだ人でないと織れないんです」と、メーカーさん。
ごもっともです。

着手のほうも昔の感覚でこれは紬用、これは訪問着用、
などという固定観念は捨て、もっと新しい帯ときものの
関係を考えていったら使える用途も広がるし、さらに
きものを着る楽しみが増えるのではないだろうか。