秋のなせるわざ

9月も終わりに近い日、打ち合わせに永田町へ。
約1ヶ月半ぶりにきものを着た。
ようやく きものを着る気になる気候になった。

午後から晴れるといったのに、霧のように細かい雨が
サーッと降ったり、日が射したり これも台風の影響
だろうか。

今年最後になるであろう白鷹織りの単に、ビターチョコを
思わせる焦げ茶の織りの帯。
一見、無地に見えるが 赤みのある縦糸が縞をつくる。
帯締めは紅檜皮色(べにひわだいろ)。


120928_112958.jpg

IMG_0483.jpg


お仕事の後は久々の青山八木さんへ。
以前ブログにも書いた山梨の姉(漆のブローチの作家)が
作ってくれた帯留めに合う帯締めを買いに。
八木さんでは、道明の帯締めを扱っている。
時間はかかるが、好きな色、好きな組み方でオーダーも出来る。

帯留めが三角の幾何学模様なので、こんな帯に合わせたら
どうだろう?
帰ってからさっそく、帯を引っ張り出してみた。

IMG_0485.jpg
サイトウジョウタロウ氏のモール帯。
丸三角の幾何学模様繋がりで。


IMG_0486.jpg
そう言えば この帯、リバーシブルで使えます。と、
言われたような・・・?
と言う事は、こちら側はどのきものに合うかしら?
黒の大島なんてクールでカッコイイかも・・・。



ああ、何やってんだろう・・・。
お仕事いっぱい溜まってるのに、悪い癖が始まった。
これは逃避か・・・?

いえいえ、これは「秋」のなせるわざ。
やっと秋きものが着られる喜びに、お洒落心がサワサワと
浮き立つ季節になったということ。

そうだ、明日から10月、半衿を塩瀬に変えなくては・・・。