FC2ブログ

蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)

二十四節気七十二候の蟄虫坏土は、ちょうど今頃のこと。
カマキリやコオロギは卵を産んで次の年に新しい命を繋ぎ
、蝶はさなぎになって寒さに備え、てんとう虫やクワガタは
成虫のまま木の根元や土の下に潜り、春の啓蟄までの半年を
静かに待つ。(くらしのこよみより)

夏だと思っていた虫も このところの気温の変化に慌て
冬ごもりの支度を始めるのだろうか・・・
虫にとっても生きにくい気候だ。


IMG_0476.jpg
やっと彼岸花が咲いた・・・1本だけ。


IMG_0475.jpg
長平庵の床の間に生けたススキ。
こんな気候なのにススキはなぜか豊作。
お軸は古代文字で「花鳥風月」 小谷野順子氏作。


IMG_0469.jpg
いつの間にか庭に住み着いてしまったミケちゃん。
ガラス越しにバッチリカメラ目線。
なかなかオトコマエ(ん?女の子かぁ?)


IMG_0479.jpg
「祇園 ない藤」さんから展示会の案内が届いた。
せっかくなので、ちょっとご紹介。
10月1日(月)〜6日(土)12:00〜20:00
会場はDEE'S HALL 港区南青山3-14-11
DEE'S HALLのホームページ
京都まで行かなくても「ない藤」さんの草履が見られるチャンス。
確かにお高いです。でも、安定感よくて履き心地は最高。
メンテナンスもバッチリしてくれるので、一生もの。