ゆく夏に

ある朝、殻から抜け出たばかりの蝉を見つけた。
木があるのに何でこんな所で・・・
勝手口の下のブロックの所だ。

抜け出た直後の蝉は半透明だった。
時間の経過と共に蝉はしっかりとした「蝉」になっていった。

蝉の一生が短い事は知っているが、その生態について詳しくは
知らない。
調べてみると・・・

「セミは木の樹皮などに卵を産み、1年で卵からかえる。
 羽化した幼虫はすぐ幹を這って地面に潜り、木の根の樹液などを
 吸いながら大きくなる。
 この期間約5年から7年。
 成長すると、幼虫は地面から出て木に登り、殻を破って成虫になる。
 成虫(雄)は、子孫を残す為、一生懸命鳴いてパートナーを探す。
 この時期が一週間といわれているが、3ヶ月生きた例もある。
 パートナーを見つけると、卵を産みその一生を終える。」

んー、儚い。
ある意味、死にゆく為に鳴いているようなものだ。
しばらくして また蝉を見に行くと、もう蝉は飛び立っていた。
短い夏、短い人生、のんびりしている時間はないのだろう。
「短くても頑張って、生きろよ〜 」と、エールを送った。
蝉に聞こえる筈もないが・・・。


IMG_0450.jpg