FC2ブログ

愛と勇気をもって・・・

アデルのちょっと掠れた歌声が妙に心に染み入って空を
見れば、私の心模様のような花曇り。

次女の彼氏が来日し娘と「結婚させてください」と
言いにきた。(「No」と言われるのを覚悟して)
これは この2年間、我が家で何度も何度も話し合われて
きたこと。

2年前 夫と私は反対した。なぜなら彼が外国人だから。
人種差別はいけないと育ててきたのに、現実の問題となると
「別」になる親の身勝手は重々承知。

でもこの2年間、国際結婚の難しさや その他、将来の苦労や
不安を娘に切々と話してきた。
しかし娘は、ハワイと日本を行ったり来たりしながら
彼との愛を育んできた。

とうとう最終決断を下す時が来た。
「No」と言おうが「yes」と言おうが、二人は今月末には
帰ってしまう。
だったら「二人を認めて気持良く送りだそう」と言ったのは
夫の方だった。

そこまでの結論を出すまでの夫の苦悩を私はずっと見てきた。
私は夫を褒めてあげたい。
これは理屈ではない。
親の切ない気持ちは決して子供には分からない、自分が親と
なるまでは・・・。

結局、親というのは無条件で子供を受け入れるしかない。
不安を道連れに二人の可能性を否定するよりも、可愛い孫を
抱きしめる日を夢みたい。

私たちのこの決断の結果がでるのは、まだまだ先のこと。
でも後悔はしないだろう。
なぜなら、夫も私も愛をもって決めたから。
親は子供たちを愛することしか出来ない。
それはエゴの愛でなく、手放す愛、解放する愛、応援する愛。
遠く離れていても、いつも想っている・・・という愛。

その時、最善と思われる道を私たちは歩んでゆくしかない、
愛と勇気をもって・・・。


・・・いつの間にか 雨がシトシト降ってきた。
いつもより明るく振る舞う夫の背中を見て思った。
あ、この雨は彼が降らせた涙雨だ・・・と。
泣いて笑って、笑って泣いて・・・人生の二人三脚。
私は夫の背中にそっと手をおいた。


120525_115808.jpg