FC2ブログ

異次元空間

以前、隣駅まで歩いて夫のコーヒーを買いにゆく話をしましたが
そのテラ・コーヒーの手前に古本屋さんがあります。

IMG_6652.jpg

前から気になっていたのですが、その日は そろそろ本棚の整理も
しなくては・・・と思っていたこともあって、コーヒーを買った帰りに
古本屋のガラスの引き戸に手をかけました。

そして、一歩入った途端・・・なんとも言えない不思議な気持ちに
なりました。

IMG_6653.jpg
入り口はよくある普通の古本屋なのですが・・・

ガラス戸一枚隔てて、外と中では全く空気が違うのです。
小さな店の中は本棚はもちろんですが、迷路のように本が並べてあって
もう その時点で私はすっかり魅了されていたのですが、ぐるりと本の壁を
回って奥まで行くと、三方を本棚(もちろん本がぎっしり)に、囲まれた
小部屋があって(床を見ると畳なので和室なのですね)その真ん中に

IMG_6656.jpg

こういう方が座ってらしたのです!

危うく二度見しそうになったのですが、失礼なのでグッと我慢して
何気なく周りの本を見るフリをしながらチラチラと、その本屋の店主と
おぼしき方のいでたちを 盗み見しました。
え、ここはどこ? 今は明治?大正?な雰囲気。
(帰ってから急いで描いたのが上の絵です)(忘れないうちに)

私の心は狂喜乱舞でしたね。
古本屋の主人として、これほどしっくりくる方がいるでしょうか?!
(もちろんこれは私の勝手な思い込みですが)

物静かな店主(・・・と決めつけてる・笑)は、私の「いつでも本を
お持ちしていいのですか?」の問いに
「どんな本ですか?」というお答え。
「まだ これから本棚を整理するのでわかりません。」と私。
「本の状態によっては、お受けできないものもありますが、どうぞお持ちに
なってみてください。」
と言って電話番号とお休みの曜日を書いたメモを渡してくれました。

その間中、私は「きっとこの人は本が大好きに違いない」とか「あんまり
携帯は見ないに違いない」「いや、携帯なんて持ってないかも・・・」と
勝手に妄想を膨らませておりました。

そして本を整理する(つまり減らす)と言っておきながら帰りがけに
目に入った(目が合ったというべきか)こちらの本を買ってしまいました。

IMG_6655.jpg

店主はマスクにメガネなので、全く顔の表情はわかりませんでしたが
やはり物静かに電卓を叩いて私に見せてくれました。
「250円です」
ひゃ〜、古本ってそんなに安いの?去年出版されたばかりだし、本も
キレイなのに? と心の中で叫びながら元の値の三分の一近くなったその本
を抱えて店を後にしました。

面白い店を見つけてしまった。
コーヒーを買いに行くときに、いやその前に本を整理して持ってゆこう。
頭の中では 次いつまたここに来ようか・・・とその算段でぐるぐる回っているの
でありました。



ボールパンツ

1161915895_photo.jpg

1634b49537e883fd30b60336b63ca45a.jpg

大橋歩さんと言えば、私たち世代には懐かしいですねぇ。
「平凡パンチ」の表紙絵をずっと描いていらした方です。
今はイオグラフィックという会社を立ち上げて、お洋服を
作ってらっしゃいます。

私はここのパンツが(パンツともガウチョともつかない)大好きで
もう10年近く履いているかしら・・・。

IMG_6538.jpg
こういう形です。

私の持っているのはウール素材で、私にとってこれはほぼ毎日の
制服みたいなものとなっています。
家事で立ったり座ったりしても膝は出ないし(ここ大事)、ウエストゴムで
楽チンなのに、素材が良いから外出着にもなります。

最初の頃こそ家族から「サーカスのピエロみたい」などと言われてましたが
見慣れてきたのか、いまでは「似合うね」と言われるまでになりました。
(継続の勝利・笑)

因みにこれはボールパンツとネーミングされていて、ほかに「バルーンパンツ」
や「ペンギンパンツ」などがあります。
どう違うのかというと、バルーンパンツの方がもっとまあるいシルエット、
ペンギンパンツは、股上がもっと深くなります。

自分に似合う形が見つかると、もうアレコレと冒険する必要もないし、気持ちが
楽になりますねぇ。
それでも、ついこの間までなんとかスカートが履いてみたくて頑張ったのですが
似合わないものは、どうやっても似合わない。
やっとそのことを受け入れて、無駄な時間を使うことに終止符が打てました。
これを、諦めというのか進歩というのか・・・

大橋さんは私より少しお姉様。
エッセイなど読むと、その文章にお人柄が出ていて、すべてに正直で、オシャレは
好きだけど飾らないという感じが好きです。
老いについても等身大で語ってらっしゃるので、なにかホッとします。
(ほら、世の中こんな歳なのに、こんなに若く見える、みたいなのが多いじゃないですか。
歳相応でいいんじゃないの、と反論したくなります)

IMG_6565.jpg

今も絵を描かれていて、やっぱり絵にも大橋さんらしさが出ていて「いいな〜」と
思います。

イオグラフィックは東京の駒沢と京都にお店があるのですが、残念ながらどちらも
お邪魔したことはありません。
いつもネットショップを覗いています。

時々、大橋さんの銅版画の展示などもあるので、いつか行ってみたいな〜。

pic_profile_ohashi.jpg

イオグラフィック


Audible

先週末くらいからドライアイが悪化してしまい、右目が痛くて開けて
いられないくらいでした。
今は3種類の目薬を10分おきに、日に4回点眼するという何とも面倒な
ことになっています。
先生からはSNS禁止令が出て、とにかく目を休ませることを
1番に考えてください。と言われました。
確かに長いことずーっと絵を描き続けて、目を酷使してきましたが
目を休ませるなんて考えたこともありませんでした。

そこで、
P.CやiPhoneを使うのは(見るのは)昼間のみ。
18以降は使用禁止としました。
(インスタもしばらくお休み)
T.VもNetflixの「アンという少女」だけ(毎日、一話ずつ観るのが楽しみ
です)

問題は夜眠る前の読書。
小さい文字を追うのは、やっぱり目を酷使することになります。
が、この至福の時間を手放したくない・・・。

と、思っていたら良いものを見つけました。
「Audible」です。

AudibleはAmazonのオーディオブックで、会員になると(下の写真のように)
たくさんの本の中から好きな一冊を選ぶと声優さんとかアナウンサーが
本を読んでくれるというものです。(一ヶ月お試し無料)

IMG_6540.jpg

なかなか良いですよ、これ。
手仕事をしながら聴いたり、もちろん目を閉じてじっとお話に耳をかたむける
のも想像力が広がって楽しいです。

会員になると毎月一冊、ボーナスタイトルのお知らせがきて、日替わりの
タイトルを無料でダウンロードできます。
一度ダウンロードすると無料期間がすぎても楽しめるそうです。
何より自分では選ばない本もいっぱいあるので、幅が広がりそうです。

さあ、これで好きな読書も諦めずにすみました。
やるねぇ、Amazon!

*ご興味ある方は「Audible」または「オーディブル」で検索してみてください。
 私のP.Cはマックなので、ファイヤーフォックスからでないとダウンロード
 出来ませんでした。iphoneの場合は7以上でないとだめみたいです。
 やり方や質問など、問い合わせると親切に教えてくれます。






進化系ダウンコート

UNIQLOさん、ごめんなさい。
私は今まであなたを、侮っていました。
私の娘時代には「安かろう、悪かろう」なんて言葉があったくらいで
安いものは粗悪品と決まっていると思っていました。
ところが、もうとっくにそんなセオリーは成り立たないんですね。
おばさんは、身を以て実感しましたよ。

IMG_6382.jpg

このダウン、UNIQLOのハイブリッドダウンコートです。

始めは半信半疑でしたが、スッキリしたシルエットに惹かれて買って
みたのです。
そしてあまりに着やすくて暖かいのでびっくり。
これは何なんだ?と(買ってから・笑)調べてみると

パーツごとにダウンと中綿を使い分けているので、着膨れがなくスッキリと
したシルエット。脇身頃から腕にかけて布の継ぎ目がなく腕の上げ下げが楽。
表面は撥水機能がついているので急な雨でも安心。
生地の裏側にフィルムをコーティングする事によって風を通しにくく暖かさが
持続。衣服内の湿気を吸収して発熱するから暖かい。

と、数々の進化を遂げたダウンだと分かり納得。
もう何年も着ているモンクレールのダウンは袖の付け根が窮屈で着るたびに
ストレスを感じていましたが、それがダウンだと思っていたので、
こんなに違うものか・・・と驚きました。

IMG_6377.jpg
(UNIQLOの画像からお借りしたハイブリッドダウンの全体像)

しかもUNIQLOは、ダウンリサイクルもやっているので、2、3年着て、また進化
したらアップデートするのが◎かもしれませんね。

バアさん(私のことです)は今まで培ってきた経験値や常識(と自分で思ってるもの)
からものを判断するので、なかなか頭を柔軟にするのは難しいのですが、まずは
自分の思考からアップデートせねば・・・と、思いました。


この二人の連弾にハマった!

右肩上がりの感染者グラフを見ていると滅入りますねぇ。
そんな時はYoutubeでストリートピアノを観て気分を上げます。
若手のYoutuberピアニスト達が、いろいろな動画をあげているのですねぇ。
その中で「ん!、これは只者ではない」と思った二人がいます。

はい、おばさんはすぐ調べましたよ。
けいちゃん、こと長谷川圭介さんと、かてぃんこと、角野隼人さんです。
普段はそれぞれソロ活動しているのですが、見つけたのです!二人が連弾
している動画を。

こちらに貼ったものはストリートピアノではなく「ねぴらぽ」と言う無観客配信ライブ
のものですが、こちらの方が彼らの手の動きや表情がよく分かるので、これを
選びました。



国立音大卒のけいちゃんは、街や駅のピアノに突撃して演奏しYoutubeに
あげているので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
かてぃんさんは、2年くらい前にピティナピアノコンクールで金賞を受賞された
東大卒のピアニスト。
お二人とも、3歳くらいからピアノを始めて子供の頃はクラシック漬けだったとか。
数々のコンクールで賞を取られた実力の持ち主です。
やっぱりその基礎があっての「今」ですよね。

お二人の超絶技はもちろんのことですが、この動画が好きなのはとても
楽しそうにピアノを弾いている姿です。
二人共、いろんなピアニストと連弾しますが、私はこの二人が一番息があって
ベスト(独断と偏見です。笑)だと思います。

この「KABURAYA」と言う曲は二人で作ったのだそうです。
カブラヤ・・・そう「鏑矢」何です。
その昔、矢の先端に鏑を取り付けて射放つと音が鳴り、それを合戦開始の
合図とした、と言うあの鏑矢です。
若いのに、渋いネーミングですね。

彼らにとって、この連弾は合戦なのでしょうか・・・それにしては、楽しそうすぎる。
かてぃんさん、笑いながら弾いてる〜♩ (クラシック弾く彼には見られない表情です。
当たり前、か。 笑)

ともかく、これを観ていると、元気をもらえるので、おばさんは日に何度も観て
しまうのですよ。

人に勇気や喜びを与えられるって、やっぱり音楽はいいなぁ〜。
音楽的才能皆無の私はただただ見入るばかりです。

コロナ禍でコンサートやその他、演奏活動が中止の今、せめてYoutubeで
ピアニストさん達を応援したいですね。