FC2ブログ

45R

45Rのお洋服にハマったのは、昨年の春頃からでした。
それから、その着心地の良さと、ちょっとした遊び心に惚れて
昔買ったGとかYのものを整理しながら1年が経ちました。
もちろんG もYも素晴らしいのですよ。
でも、今の自分の気持ちと合わなくなってきた・・・というのが正直な
感想です。
どちらも色が黑、紺が圧倒的に多いです。
クールでカッコイイ、スタイリッシュ、ではありますが 長年着ていると
「また黒か・・・」みたいな。

そんな時に目に飛び込んできた45Rのノースリーブの麻のトップスは
色彩が美しかった! 新鮮でした。

IMG_3195.jpg

これからどんどん歳をとる訳だし、もっと綺麗な色を着なきゃ!と思いました。

そしてこだわりの「藍」です。
45Rは藍染のものが多いです。
私も無類の藍好きですから、これにヒットしない訳はない。

45Rの藍染はインディゴで染めた生地の色を抜いて、また染める「抜染」が主
なのだそうで、そうすることで固さがとれて手工芸的な表情が生まれるのだとか。
効率化、量産化とは逆行する職人魂が感じられてそこも私のハートを掴みました。

IMG_3199.jpg
藍染のパフスリーブのTシャツ


昨年、体調を崩したこともあって服は着心地が良いこと、着ていて疲れないことが
必要不可欠となりました。
そして、お出掛けするから、と気張らないこと。

いつでもどこでも、身も心もそして服も自然体でいられるのが、一番いいという結論に
達したのであります。

という訳で来週から始まる個展会場では、45Rを着て皆様をお迎えしますよ〜。
(私は13時以降に会場におります)

IMG_3197.jpg
ナバホ族柄の綿のブルゾン。この柄に一目惚れ。


バッグイン巾着袋

トートバッグが好きです。
お洒落なバッグがあったとしても、いつも持つのはトートバッグ。
しかも軽くて、B4の書類が入って、雨オーケーな良い子。

でも、トートの難点は中が丸見えになること。
例えば、入ったカフェでポンっと椅子に置くと、気をつけないと中が丸見えになります。
それで、トートの中に入れる巾着を作ろうと思いました。

ちょうど綺麗な布があったので、早速チクチクしました。

IMG_2955.jpg

バッグにスポンと入れればこんな感じ。

IMG_2956.jpg

巾着は文字通り巾着ですが

IMG_2957.jpg

ただ開けた時に、裏が見えるのが嫌で

IMG_2958.jpg

内側にも同じ布を縫い付けました。

ハハハ、何やってんだろ私?
こんなことやってる場合じゃないんです。
やる事、山積みで・・・
つい先日もお友達のブログで、忙しい時ほど、やらなくていいことに逃避するって
コメントしたばかりなのに・・・。
また、やっちゃいましたー。

でも、いいの。いつかはやろうと思ってたんだから。
春だし、バッグを開けて綺麗な色が見えたら気分がいいもの。
(ほとんど、これが作りたいと思った動機 ・笑)
自己満足の世界だな〜



香りの魔法

仕事で疲れた時、気分が落ち込んだ時、瞬時に気分を上げて
くれるのが香りです。
香りと言っても、お香やアロマオイル、香水をつけるとか方法は
色々ありますが、私は香水の強い香りが苦手でした。
ところが、友人から教わったある香水やさんを知って、今やすっかり
その魅力にハマってしまったのです。

そこはとても不思議なところで、香水というと浮かぶフランスのあの
デコレーションたっぷりの香水瓶とか、お出かけの時のレディの嗜み
といった概念とは一線を画すものでした。

IMG_2606.jpg
店内に並ぶたくさんの香水瓶

「調香師ジュリアン・ベデル(アルゼンチン)がウルグアイにフエギア・ボタニーを
開設し、100種類をこえる南米生育の植物の栽培から未だ世にないエキゾチックな
原料の開発に取り組んでいます」という説明を聞いただけで好奇心がむくむくと
頭をもたげ、香水の主要成分が生物分解可能な天然のものを使用しアニマルテストや
合成防腐剤や合成ムスクなど一切使っていないと知って「これだ!」と思いました。
(合成ムスクは潜在的な健康被害や水性動植物への環境汚染が議論されている)

そしてユニークなのは、プロファイリングを行って、その人に合った香水を選ぶこと。
(プロファイリングには予約が必要です。もちろん、ふらっと行って普通に選ぶことも
出来ます) 私はどうしても香りのプロファイリングというのをしてみたくて予約しました。

まず、プロファイリングでは好きな色は?とか、好きな香り、好きな季節、朝、昼、夕、夜
のなかで好きな時間、好きな食べ物、子供の頃の思い出、好きな人はいますか?とか
etc, etc

その答えをもとに、FUEGIA(フエギア)の香りを知り尽くしたスタッフさんが2つの香りを
選んできます。
それを嗅いで、好きな方を残します。
するとまた新しいのを1つ持ってきて、どちらかを選びます。
それを繰り返し、勝ち抜き戦のように次から次と選ばれたものの中で最後まで残ったものが
今の私にピントくる、必要な、あるいは欲している香りという訳です。

IMG_2608.jpg

最後に残ったのは「Entre Rios」(エントレリオス)という名前の香水でした。
名前はこの時、初めて明かされます。
これはベデルさんが子供の頃に遊んだ祖父母の家のある場所の地名で、その農場の
香り、木々や果実、草や風、日だまり、土の匂いなど南米大陸特有の複雑な風土の魅力が
溢れる香りだそうです。

なるほど、きっと今の私は癒されたいのね〜と妙に納得して、そのボトルを頂いてきました。
(プロファイリング料はかかりませんが、最後に決まったものは必ず買うのがお約束です)

私はそれを自分のためだけに使いたいと思いました。
つまり、お出かけする時でなく、夜眠る前に、または一日中お家にいる時に、その香りに
包まれていたいという感じです。

IMG_2614.jpg
「Entre Rios」 

ここの香水についてはお話ししたいことが、たくさんありすぎてキリがないのですが
(例えば、その香りの構成が他にないユニークなハーモニーを奏でる相反する3つの香り
から出来ている、とか) ネーミングも素敵でそれぞれに物語があります。
「夏からの誘い」「肉体の砂丘」「うたかたの想い」「女の秘密」「過去に咲く花」
「男のたくらみ」・・・ふふふ、どんな香りなのでしょう? 妄想が膨みますねぇ。

実際に使った感想は・・・とても一言では言えません。
それだけ複雑というか、深いというかでも、重くはなくて、どこか懐かしくて静か。
温かみがあって、強く主張はしないけれど、でも存在感のある。
あらら、余計に分からないですね(笑)

最初につけた時の香り、しばらくたってからの香り、そして消えてゆく香り。
そうなんです、消えてゆくのです。

私がなぜ今まで香水をつけなかったか・・・まるで悪女の深情けみたいにしつこく
て最後は嫌な匂いになったりして・・・あれが嫌いなのです。
香りというのは放つのは簡単ですが消すことは難しいのだそうです。
それがベデルさんの香りは、あれだけ惹きつけられる何かがありながら
まるで時間と溶け合うように姿を消してゆくのです。それも爽やかに。
調香師というより香りのアーティストと言った方が相応しい、そんな気がします。

香水がこんなに面白いとは思いもしませんでした。
新たな発見です。 これだから人生は楽しい。
まさにこれは「香りの冒険旅行」です。
え?ってことは、また次があるの? 
うふふ、実は次に買うならこれだな〜という香りがあったのです。
私のイメージでは、白いシャツにGパン、スニーカーという出で立ち、
そんな普段着なのにすれ違った時にドキッととするような女らしい香り。
これ、やってみたいなぁ。(笑)



FUEGUIA 六本木グランドハイアット1F 11:00〜20:00



仁城義勝さんのお椀

瀬戸物の茶碗が何か冷たく感じられて、だいぶ前から木のお椀で
ご飯が食べたいと思っていました。
でも木ならなんでもいい、という訳ではありません。
毎日使うものですから、気に入ったものを探したい。

そしてこれっと思ったのが仁城義勝さんのお椀でした。

IMG_2189.jpg

丁寧に木と対話しながら椀を削り、漆は3回しか塗らないのだとか。
だから彼は木地師と名乗っています。

IMG_2188.jpg

漆を厚く塗らないので、木地がうっすらと見え、それがまた良い風情。
漆の器を日常のものとして作っている仁城さんの器は、漆椀としては
驚くほどお安いです。
でもその仕事は本物。
仕事が確かなら、その使い心地も素晴らしいものです。

「自分のこころをざわつかせるような器だけは、作りたくない」という
仁城さんの心情的なものがその姿形に備わっていて、手に取る者に
伝わってくる気がします。

さて、このお椀、どこで手に入れたかというと・・・ネットで扱っているお店を
探したのですが、なんと京都のギャラリーでした。
東京にもいくつもあるのにねぇ、京都と繋がっちゃった。
しかもそこは来週、私が個展をする余花庵さんのすぐ近くだったのです。
これって不思議な話?
京都たって、星の数ほどお店はあるだろうに・・・

IMG_2185.jpg

まるで昔からうちにあったかのように、日常の食卓に馴染んでいるお椀。
好きな器でご飯をゆっくり噛みしめる幸せって、今だからこそできること。
若い頃はできなかったな〜。

上の2枚の写真は赤木明登さんの「美しいもの」より




グラスコード

最近、2階に行けば下に忘れ、1階に行けば上に忘れるメガネ。
なんとも無駄に上に行ったり下に降りたりする時間とエネルギーを
使っていました。
それでやっとグラスコードなるものを購入。
首からメガネをかけて、どこに行くにも一緒となってこの問題は
めでたく解決。

もっと早くにそうすりゃ良かったじゃない。
という声が聞こえてきそうですが・・・
それがなかなか気に入ったものが見つからず。
(メガネ屋さんにあるのは、どれも同じようなのばっかり)
さりとてグラスコードを本気になって探していた訳でもなく。

で、ある日「あ、そうだ!」と閃いたのです。
気に入ったものを作ってもらえばいいじゃない。
と、くればこの方しかいません。
いつも帯飾りや着物用ナプキンクリップなどを作って頂いているsakurakoさん。

グラスコード1


私のラッキーカラーが黄色なので、黄色系でお願いしました。
と言ってもいい大人ですから、そこはシックにレモンイエロー、オレンジ、
グリーン、虎柄(?)などの石を使ってシックでありながらカラフルに。

グラスコード2

これでどこにも売っていないオリジナルのグラスコードが手に入りました。

それは良かったのですが、今度はこれを首にかけるのを忘れて1階に行かない
ようにしないとね。
歳をとると、ほんとこういう事で余計な動きが多くなるのよね〜。


sakurakoさんブログ

グラスコード3