FC2ブログ

人生の彩り

個展をすると色々な出会いがありますが、人との出会いばかりでは
ありません。
こんな出会いもありました。

IMG_3490.jpg

ラピスラズリのペンダントです。

どうも金属の鎖に抵抗を感じて、最近はペンダントというものをしていません
でした。
それが本当に何十年ぶりに出会ってしまったのが、このペンダント。
飾りというより、お守りのような感覚でした。
マクラメ編みで石を包んだデザインも好み。

これを作ったのは天然石アクセサリーのデザイナー 田中美穂さん。

彼女に製作の過程など伺うと「このネックレスはとても強い石や、揺るぎない
確信や決意、自分自身への信頼を感じるネックレスになりました」とのこと。

「自分自身への信頼」 なるほど、今私に一番必要なものかもしれません。
それをサポートするために、私の元に来てくれたのでしょうか。

IMG_3279.jpg
紺のワンピースにラピスの青が重なって、あまりはっきり見えませんが
ペンダントを目立たせるより、同化させるのが今のマイブーム。


ラピスラズリはエジプトのピラミッドの埋葬品としても使われていたそうで、
その昔 この石の持つ深い深い碧が生と死の2つの次元を繋いでいたのかも
しれないと思うと、その神秘性と魔法チックな輝きにますます心を
奪われてしまいました。

あの日、ペンダントを持って会場に現れた美穂さんに感謝です。
それは偶然だったか、必然だったのか・・・私には宇宙の計らいとしか
思えない出会いでした。

人にしてもモノにしても こんな出会いが人生に彩りを添えてくれるので
しょうね。


31501318_1772685959457786_8186779846014140416_n.jpg
(こちらの写真は美穂さんのサイトからお借りしました。)


石の個性を尊重し、石と静かに対話しながら作品を作る美穂さんの審美眼は
マニアックだけど確かなもの。
美穂さんの美しい石達をもっと見たい方はぜひ、こちらのサイトへ

田中美穂さんのサイト、surya







布で遊ぶ

このブログでも何度か私が布好きである事は書いてきました。
手作りの温かみの伝わってくる様な布。
織りでも刺繍でもその土地の女性(または男性)が心を込めて作ったものに惹かれます。

先日、IDEEでファブリックフェアみたいなのをやっていて・・・おっと、危ないな・・・と
脳が危険信号を出していたのに、フラフラ引き寄せられ、まんまと買ってしまいました(笑)

それがこれです。

IMG_3380.jpg

クッションカバーとひざ掛け。

IDEEでは、いろんなテキスタイルが充実していてトルコのキリム、イランのギャべ、
インドのキルト、モロッコやメキシコの手紡ぎ、等々ヴインテージものや一点ものも
あり、布好きの心を鷲掴みにされてしまいました。


IMG_3384.jpg
IDEEのカタログより

布は日常で使うものでありながらアートでもあり、さらにはその布の故郷にまで
思いを馳せてしまうという、私にとっては心を豊かにしてくれる存在。


IMG_3372.jpg

この布はヒットでした。ひざ掛けとして使っているのですが、綿を2枚合わせて刺し子にしたもの。
柔らかくて軽くて、刺し子も赤い糸や白い糸を使っていて美しいです。
これから気温が高くなるので、除湿や冷房をかけた時には絶対必需品です。



布はどんな風にも使えるところが、その魅力の1つでもありますね。
こちらはベッドカバー替わりに広げた綿のストール。

IMG_3383.jpg

8年前くらいにヨーガンレールで購入したものですが、その時々の気分で
いろいろに使っています。


ヨーガンレールと言えば、先日箪笥を整理していて、奥の方から見つけたストール。
ないないと思っていたら、こんな所から出てきた!
お気に入りのストールなので嬉しいです。

IMG_3371.jpg

この柄は刺繍です。
こちらももう10年選手。多分、インドで刺繍された、と聞いた気がします。
綿なのでこれからの季節、冷房よけに持ち歩きます。
汗かいたらジャブジャブ洗えるしね。


と、言うわけで「布好き」は、もういらないと言う頭の指令を時には無視して暴走する
のですが、これがちっとも反省の念が湧かないから困ったもんだ。
むしろ、好きな布に囲まれて幸せな気分になれるので、これはきっとこれからも
続くんだろうな〜。




草履スリッパ

IMG_3295.jpg

母の日に貰った「草履スリッパ」です。(草鞋スリッパかな?)
これがなかなか、気持ちいいの。
なんでも足裏を刺激して、鼻緒を親指と中指でぎゅっと挟むのが健康に
いいんだとか。
編み方を覚えれば、自分で作れそうですね。

IMG_3296.jpg

履くとこんな感じ。(外反母趾の醜い足ですみません)
うーん、ジーンズにも合ってるぞ。
これからの季節、重宝しそうです。
布製だから、床もキレイになっちゃうぞ(笑)


45R

45Rのお洋服にハマったのは、昨年の春頃からでした。
それから、その着心地の良さと、ちょっとした遊び心に惚れて
昔買ったGとかYのものを整理しながら1年が経ちました。
もちろんG もYも素晴らしいのですよ。
でも、今の自分の気持ちと合わなくなってきた・・・というのが正直な
感想です。
どちらも色が黑、紺が圧倒的に多いです。
クールでカッコイイ、スタイリッシュ、ではありますが 長年着ていると
「また黒か・・・」みたいな。

そんな時に目に飛び込んできた45Rのノースリーブの麻のトップスは
色彩が美しかった! 新鮮でした。

IMG_3195.jpg

これからどんどん歳をとる訳だし、もっと綺麗な色を着なきゃ!と思いました。

そしてこだわりの「藍」です。
45Rは藍染のものが多いです。
私も無類の藍好きですから、これにヒットしない訳はない。

45Rの藍染はインディゴで染めた生地の色を抜いて、また染める「抜染」が主
なのだそうで、そうすることで固さがとれて手工芸的な表情が生まれるのだとか。
効率化、量産化とは逆行する職人魂が感じられてそこも私のハートを掴みました。

IMG_3199.jpg
藍染のパフスリーブのTシャツ


昨年、体調を崩したこともあって服は着心地が良いこと、着ていて疲れないことが
必要不可欠となりました。
そして、お出掛けするから、と気張らないこと。

いつでもどこでも、身も心もそして服も自然体でいられるのが、一番いいという結論に
達したのであります。

という訳で来週から始まる個展会場では、45Rを着て皆様をお迎えしますよ〜。
(私は13時以降に会場におります)

IMG_3197.jpg
ナバホ族柄の綿のブルゾン。この柄に一目惚れ。


バッグイン巾着袋

トートバッグが好きです。
お洒落なバッグがあったとしても、いつも持つのはトートバッグ。
しかも軽くて、B4の書類が入って、雨オーケーな良い子。

でも、トートの難点は中が丸見えになること。
例えば、入ったカフェでポンっと椅子に置くと、気をつけないと中が丸見えになります。
それで、トートの中に入れる巾着を作ろうと思いました。

ちょうど綺麗な布があったので、早速チクチクしました。

IMG_2955.jpg

バッグにスポンと入れればこんな感じ。

IMG_2956.jpg

巾着は文字通り巾着ですが

IMG_2957.jpg

ただ開けた時に、裏が見えるのが嫌で

IMG_2958.jpg

内側にも同じ布を縫い付けました。

ハハハ、何やってんだろ私?
こんなことやってる場合じゃないんです。
やる事、山積みで・・・
つい先日もお友達のブログで、忙しい時ほど、やらなくていいことに逃避するって
コメントしたばかりなのに・・・。
また、やっちゃいましたー。

でも、いいの。いつかはやろうと思ってたんだから。
春だし、バッグを開けて綺麗な色が見えたら気分がいいもの。
(ほとんど、これが作りたいと思った動機 ・笑)
自己満足の世界だな〜