ガウチョバンザイ

ここ5,6年になるでしょうか・・・家でもお出掛けも洋服では
ボーイフレンドデニムが定番でした。
ところがある日、六本木でバッタリ会った友人が写真を撮ってくれて
それを見た私は愕然としたのです。
Gパンの膝がポッコリ出ている。
あー、知らなかった(?)こんな恰好でどこへでも出掛けていたのね私。

若い人ならいざ知らず、イカンイカン、いい歳のオバサンがこれでは
イカンと洋服のアップデートを決行。

古びたGパンを手放し、そして登場したのがガウチョパンツです。

「暮らしをつむぐ」の坂井より子さんも本に書いてらした。パンツは膝が
出るので、ほとんど家では履かない・・・と。
坂井さんはフレアースカート派ですが私はどうも長年パンツをはいていた
せいか、やっぱりスカートは苦手。
その点、ガウチョはパンツとスカートの間みたいで抵抗ありませんでした。

孫と遊ぶ時に床に座ることも多くなったし、それにフレアーが多めだと
一見スカートのように見えて ちょっとエレガント。

トップスはGパンの時と同じです。
お気に入りのストライプのTシャツや白の七分袖のTシャツにもよく合います。
靴もスニーカーでOKだし。
つまり今までの恰好で、Gパンがガウチョに変化しただけ、それでも気分は
全然違って新鮮です。

3本のガウチョパンツ春のコーデ。これで1週間、着回してます。
ガウチョ1
写真では色が分かりにくですが、深いグリーン系のグレーです。
薄手のボーダーニットとの組み合わせ。
風の強い日はこれにトレンチコート着ます。

ガウチョ2
青のリネンのもの。夏もいけちゃいます。
3年前くらいに初めて買ったガウチョ。
ハリランの七分袖Tシャツと好相性。
ラフィアのバッグ持って、白のスニーカー履けば完璧。

ガウチョパンツ3
黒のレーヨンとポリエステルのガウチョは何にでも合わせやすくて
おうちで洗えるし、一番登板回数多し。
ここでは黒白のボダーTシャツを合わせています。

今やファッションはノームコアの時代とか(ノーマルとハードコアを
合わせた造語で「究極の普通」という意味)

かのスティーブ・ジョブスも実はノームコアの代表的存在でした。
(10年以上、イッセイ・ミヤケの黒のタートルネックにリーバイスの
シーンズ、ニューバランスのスニーカーを愛用)
クロゼットにそれだけしかなかったら、日々の服選びも1秒もかからない。
でもやっぱりお洒落も楽しみたいと思う私としては、日常着3パターン
くらいを着回したい。

こうして洋服の軽量化は進むのに「きもの」はねぇ・・・。
ま、あれだな、きものは別もの。(笑)
なにしろ日本の民族衣装ですから・・・ということにしておきます、はい。




ベロア張りケース

ミニマルライフにはほど遠いです。
それでも日々、少しづつ軽量化を計るべく、というか暮らしやすさを
考えて、ゆるっとお片づけしています。

昨日、無印で買ってきたのはこちら。
ベロア張りの箱
ベロア張りの仕切り箱。何を入れるかというと・・・

腕時計入れ
1階の洗面台の引き出しに腕時計と指輪を入れています。
(左側はリップクリームと口紅)

娘達が嫁ぐ前は自分のものは全部、自分の部屋に置いていましたが
夫と2人になっていろいろ使える場所が増えてきました。
朝ここで洗顔後に化粧をするので、その流れで出掛ける前に
ここで腕時計と指輪をつけられるのは、とっても便利。
わざわざ2階に行かなくて良いのですから。

ベロア張りの箱、引き出しの中

それで引き出しにポンッと入れていた時計と指輪ですが、引き出しの
開け閉めの度に動いてしまう。
それで以前にどなたかのブログで見たこのベロア張りの箱を思い出した
という訳です。
これだと貴金属類も傷がつかずに収納できます。
薄いグレーの色も好みです。

現在はこの時計2つと指輪2つでOK。
母の形見の時計とかは、思い出としてしまってあります。
腕時計と指輪

ちなみに引き出しの右端にチラッと見えているこちらは、
ピロケース
ハワイの雑貨屋さんで買ったピルケースなんですが、私はピアス入れと
して使っています。

ピロケースの中身


朝の忙しい時間、無駄に2階に上がったり降りたりがなくなって
これも時間のミニマル化というのでしょうか。


めがねストーリー

歳をとってくると目尻がさがってきます。
そうすると、だんだん今までのめがねで合っているのかなぁ?
なんて思い始め、人様のめがねが気になりだしました。

そんな時に表参道でランチをしていたら「あ、あの人のめがね!
あーゆー感じだ、私が欲しいのは」という人に出会いました。
私よりはずっとお若いのですが、服とかバッグの趣味も自分と
同じテイストを感じました。

ショートヘアにその黒縁のめがねがよくお似合いで、失礼と
思いながらもチラチラ見てしまう私。
とうとう意を決して、声をかけてしまいました。

その方はニッコリ笑って、めがねを買ったお店を教えてくれました。
何とそのお店は、そこからすぐ近くで、以前友人からも「ここの
めがね、いいわよ」と言われていた所でした。

「あー、やっぱり〜」
と、意味不明な反応をしながら頭の中では、ランチの後には
そこに行こう、と即決していました。

だってもうこの展開は行けってことでしょう!?

と、言う訳でお出掛け用めがねを新しくしました。

めがね、アラン 

何かとっても新鮮で、嬉しいもんですね。

私の場合、黒だとキツくなりすぎるのでグレーのフレームに
しました。(写真だと黒に見えますが、斑の入ったグレーです)

老眼が進んで外でもめがねをかけなくてはならないシーンが増え、
面倒だな〜、嫌だな〜と思っていたのが、今度はあ、あのめがねが
かけられる!と、楽しくなってきましたよ(笑)



ミーハーな私

先日、糸井重里さんの「ほぼ日」の「今日のダーリン」を見ていたら
その横にちょこっとある「気まぐれカメら」というコーナーに
奥様の樋口可南子さんがブイヨン(愛犬)と写っていました。

紺と白の横縞のTシャツを着てらして、たぶんこれ私の持ってるのと同じ
コムデ・ギャルソンのだー!と、勝手に思い込んで嬉しくなっている
おばかな私。(横縞のTシャツなんてどこにでもあるのにねぇ)
でも、東京のお住まいは青山だから、あり得なくはないのでした。


       ギャルソンのTシャツ




意外な組み合わせ!


内藤さん DM

こ〜んなDMが届いたので、行ってまいりました。

あのA&S(アーツ&サイエンス)とあの、祇園 ない藤さんがなんで
結びつくのか不思議だったので、覗かずにはいられませんでした。


        店内、その1

聞けば、A&Sのデザイナーさんがお着物をお召しになる方で、
ない藤さんに行ったのが縁だとか。
ご縁とは面白いものですね。


私の中では、A&Sはお洒落の最先端(もちろん、洋服の) 片やない藤さんは
京都の老舗の履物屋さんですから、この結びつきが楽しくてたまりませんでした。


店内、その2

会場にはカラフルなお草履がずらり。
生憎、あの元気印の女将さんはいらっしゃらなかったのですが、案内の
方がいろいろと説明してくださいました。

ない藤さんの草履はほとんどが、マエツボが赤なんですが、これは魔除けの
意味で赤を使っているのだとか。
知らなかったな〜。
以前、頂いたものが何か派手に思えてツボを変えようか、なんて思っていたの
ですが、魔除けと聞いてはこのままにしておきます。はい。



極めつけはこちら。
水晶のうまった草履

水晶が埋まったお草履。
古から履物というのは、足を守るために履くもの。もっと言えば、足の裏から
魔が入らない為でもあったようです。 自分の立っている所がイヤシロ地になる。
そんな発想からこの水晶草履は生まれたものだそうで、京都らしいな〜と思いました。




ASとのコラボ作品

今回、A&Sとコラボで作ったのがこちら。
左の紺色のが和紙にコーティングしたもの。右の白いのは布にコーティング
したもの。バッグも使い易そうで、グググッと惹かれたのですが、ガッと
押し留まり、手前の一番上の白の小さなポーチを記念にお願いしました。
これが、綺麗な白で、中がまた綺麗な赤。
な〜んか、おめでたいじゃありませんか。
残念ながら、会期が終わるまではお持ち帰り出来ないということで、
届くのを楽しみに待つことにしました。


祇園 ない藤 展示受注会
会期:10月10日〜10月18日 12時〜19時まで
場所:東京都港区南青山6-1-6 パレス青山109
Arts & Science アット ザ コーナー
電話:03-6418-7960

Arts & Science