占ってみる

タロットカードが出来上がってまいりました。
と言ってもこれは、会場でミケさんがタロット占いのデモンストレーション
をする時に使うもので、販売用ではありません。
版画工房アーティーさんが、デモ用に特別に制作してくれたものです。
そうです! アーカイバル版画で出来たカードです。
何と贅沢なことでしょう。
普通の印刷とは違うので、色も沈まず、絵達も活き活きと浮かび上がってきます。

京都タロット、カード

裏表紙はATOSの吉池さんがデザインしたもの。
弁柄色が効いてますねー。


早速、今回の個展について占ってみました。

三枚のカード

78枚のカード全部使ったのにも関わらず、ひいたのは全部 大アルカナカード
でした! これは奇跡的確立なのでは?

さて、これをミケさんのレゾネを元に解釈してみます。
一般的に左から過去、現在、未来を表します。

まず1番左は「イナリ」
イナリは父性的な厳然とした力で導き、陰陽のバランスを安定させる者。
強い信頼関係によって固められると、すべての基礎、基盤として揺るぎない
ことを教える。
つまりこの場合、基礎を固めてきた結果が今回、個展という形で結実した
という事でしょうか。

2番目は「トリイ」
11番のカードは、まさにオープンゲートです。
絵では稲穂を手に鳥居をくぐらんとする「私」が描かれています。
鳥居をくぐると様々に変化を遂げながら新しい世界を手に入れてゆく、その
始まりの時を告げているのです。
ドンピシャなカードで、ビックリですねぇ。

3番目は「ヤマト」
これが逆さまに出たのでちょっと不安になりました。というのも、他のタロットでは
逆さに出ると意味も逆になると解釈するものもあるからです。
が、ミケさんに聞くと「京都タロット」では、あくまでもポジティブ、プラス思考。
そこは日本人らしく、もっとファジーに受け止めます。
このカードは「自らの意志で荒波に打ち克つ」というものですが、逆さに出たことで
そこまでイケイケドンドンに捉えなくても良い。
今のままで、ただ波に乗ってゆけば良し。という解釈になりました。

いや〜、面白いですねぇ タロット。
一応、このカードにはこんな意味がある。というのは必要ですが、あくまでも
タロットカードは自分との対話。ひいたカードの中にその時に自分が何を見つけるか
(絵の中にはいろいろなシンボルが描かれているので)それを大切にして見てゆけば
良いのかもしれません。

私も逆さまになった「ヤマト」を見た時、剣や人物はあまり目にはいらず、丸い波
ばかりが目にはいりました。
今まで絵を逆さまに見たことがなかったので、これは新鮮な発見でした。


スターポエッツギャラリーさん、岩倉ミケさんも原画展のお知らせをしています。
ご興味のある方は、ぜひ覗いてみてください。
特にミケさんの「京タロB面」(社外秘)はタロット制作に関しての裏話などもあって
面白いですよ〜。


スターポエッツ・ギャラリー、サイト

岩倉ミケ「京都タロット宙のメサージュ」


*絵の著作は朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。

「京都タロット」始動

京都タロットのDM

期間:平成28年11月9日(水)〜14日(月)
時間:10:00〜18:00  *最終日は16:00まで
会場:烏丸御池しまだいギャラリー

「11月11日(金)オープニングレセプション」
特別企画 京都タロット秘話&占術デモンストレーション
15:00〜16:00 朋百香(画)岩倉ミケ(原案)による京都タロットが出来るまでの
秘話会
16:00〜17:00 岩倉ミケによる
京都タロット占術デモンストレーション
参加無料ご予約は必要ございません。

烏丸御池しまだいギャラリー
〒604-0844 京都府京都市中京区御池通東洞院西北角
TEL:075-221-5007   H.P http://shimadai-gallery.com
*東洞院通側の入口をご利用ください。

主催:スターポエッツギャラリー http://star-poets.com   協力:版画工房 Artie  http://artie.co.jp
ご連絡先:as@star-poets.com 080-4339-4196  担当 今村(スターポエッツギャラリー)


さあ、怒濤の「京都タロット・原画展」宣伝月刊の始まりです!(笑)
とうとう個展まで一ヶ月をきりました。
プロモートをお願いしたスターポエッツの今村仁美さん始め、原案者の
岩倉ミケさん、版画工房アーティーさん、皆様のご協力で着々と準備が進んで
おります。ATOZの吉池康二さんデザインのDMの美しいこと!
実は今回、レゾネ(タロットのカタログ)も制作しておりまして、こちらの
デザインも吉池さんにお願いしています。絵の下にはミケさんによるカードの意味
が簡単に書いてあってこれを見れば「京都タロット」の全容が分かる、
というものです。もちろん、作成は版画工房アーティーさんのアーカイバルです。
原画と見紛うほどのクオリティでレゾネが出来るとは、完成が待ち遠しいです。

普段、絵を描くという仕事は孤独に黙々とやるものですが、今回の個展の
準備はそれぞれのプロがそれぞれの腕の見せ所。
お互いメールで意見を交換しあって、個展を作り上げてゆく作業は私に
とって初めてのことで、毎日がわくわくです。








第一の完成

昨年末に和のタロットカードの絵を描き終えた。
大アルカナカード 22枚、数カード 40枚、人物カード 16枚。
合計78枚。
5年という歳月をかけて完成した絵札達は、どれも私にとっては
可愛い子供達だ。
生みの苦しみを味わったものもあれば、いとも簡単に描けたものも
ある。


大アルカナカード
大アルカナカード、22枚


完成に漕ぎ着けられたのも、応援してくださった方達や協力してくださった
方達のお陰(例えば絵のモデルになって頂いたり)、いつも詰まった時に
ヒントをくれるミケさん、原画をカードにデザインする作業をしてくださった
版画工房アーティーさん、等々たくさんのお力をお借りした。
その方達に心からの感謝を送ります。


ゴローさん、データ作成中
最後のカードのデータを作成するアーティーのゴローさん。


実を言うと、もっと達成感があるのでは・・・と思っていたのに、案外
サッパリとしたもんです。
ああ、やっと終わった・・・と。

それともこれに、ミケさんの注釈が付いて、タロットカードとしてデビュー
した時こそ、「おおー!」という感動が訪れるのだろうか?
いすれにしても、ミケさんにバトンタッチして、これからは楽しみに
待つ身となった。

78枚も描いておきながら、あまりタロットカードのことは詳しくない。
「変な先入観を持たない方がいいから」と、ミケさんに言われたことも
あって、あえて内容について勉強もしなかった。
だが、例えば西洋版の「ラバーズ」がこちらでは「ムスビ」(結び)と
なったり、「デビル」が「オロチ」(八岐大蛇)となったり、「ジャスティス」が
「エンマ」(閻魔大王)となったり、なる程ミケさんの構想やネーミングは
西洋版と対比しながら見事に和風になっていて、感心させられたし、
興味もわいた。タロットについて、これからお勉強してもいいかな。


人物カード
人物カード、16枚


いつも絵達は私の手を離れると、まるで意志があるように動きだす。
きっとこの子達もそうだろう。行くべき所に行って、ある人は、このカードで
見えない世界と触れ合うかもしれない。
ある人は今まで気付かなかった自分を発見するかもしれない。
現にミケさんも私もカードを作りながら、助けられたり、気付かされたことが
たくさんあったから。
そんな風にワクワクしながら、このカードを手に取った人の何かのキッカケや
気付きのお手伝いとなることを夢みて、私は筆を置くことにしよう。
ミケさん、あとは宜しくお願いします。






タロット「擬似的家族関係」

12月になると、必ずどこかのチャンネンルで放送されるのが
「四十七士」
この主役となる大石内蔵助良雄が、人物カード「稲穂の帝」の
モデルである。
それにしても日本人は「忠義」という言葉に反応する民族のようだ。

主君の為に自分の命を投げ打っても仇をうつというのは、いかにも
日本人的発想だと思うのだが外国にもそういう話はあるのだろうか?

ちょっと調べてみると、欧米は主君と家来は契約関係が主だったり
中国や朝鮮では家来の忠義を示す範囲と免責規定が存在したらしい。
つまり世界の中で日本の主従関係が、かなり特殊であったようだ。

「血縁を重視しない擬似的家族関係」という言葉を何かの本で読んだことが
ある。
確かに歌舞伎や文楽でも忠義の為に自分の子を身替わりに差し出すお話
というのは多い。
そして観客はそれを観て涙する。

んー、重い。
このどうしようもなくウエッティー、というか情緒的な文化は日本の気候風土
に由来するものなのだろうか?
それとも、これが日本という国の質なのだろうか?


タロット、花魁と赤穂浪士
人物カード「稲穂の帝」と「稲穂の局」


「稲穂の局」は花魁がモデル。
これまた重いのだ。
一見、華やかでスターの様な存在の花魁だが、貧しい家の娘が売られて
きた、というのが殆ど。
高級な花魁になれるのは数百人にひとり、茶道、華道、香道、三味線、琴、
歌、囲碁、将棋、和歌、文芸等々厳しく躾けられ、絶えず自分を磨きあげた。
虚と実が交差する苦界と呼ばれる廓の中ではたして女達が幸せを感じる事は
あったのだろうか?

そんな重いこの2枚の人物カードだが、先に紹介した「八百屋お七」(姫)と
「町火消し」(彦)と合わせて稲穂のスート(江戸風)の4枚が完成した。
いずれも和のタロットカードに相応しいモデル達だと満足している。






タロット「世の不条理か、相対性理論か?」

前回タロットのことを書いたのは、今年の2月だったのにはビックリ。
あれから、8ヶ月もたってしまったのですねぇ(反省)

さて人物カード、「勾玉の局」については、雪女をモデルに
したものである事は前回のタロットのカテゴリで説明済みなので、
今回は「勾玉の帝」
これは絵を見れば一目瞭然。 浦島太郎がモデルとなっている。

浦島太郎の話は、未だによく分からない。
なぜ乙姫は、玉手箱をお土産にくれたのか・・・?
いじめられている亀を助け、竜宮城に連れていかれ、盛大な接待を
受けるが地上に戻れば知り合いはすでになく、玉手箱を開ければ
老人になってしまう。
つまり亀を助けたのにも関わらず、良い思いをしたのは竜宮城に
いた間だけ、後は孤独な別世界に放り出される過酷な運命。

このおとぎ話はいったい何を伝えたいのか?
良い行いをしても、良いことが返ってくるとは限らないというこの世の
不条理を現しているのか?

「ウラシマ効果」というのをご存知だろうか?
物理学者アインシュタインの相対性理論によれば、運動している物体の
経過時間は静止している物体の経過時間に比べて相対的に遅くなる。
日常的には分からないが光速に近づくと顕著になる。
その為 光速に近い速度の宇宙船にのって宇宙旅行して帰還すると
地上では宇宙船の何倍もの時間が経過しており、宇宙船の乗組員は
さながら浦島太郎の様相を呈することから、日本ではこの効果のことを
ウラシマ効果と呼ぶ。(ウィキペディアより)

と、言う事は浦島さん、海の底の竜宮城だと思っていた所は実は
異星だったりして?

ともかく、このカードでは、このお話の一番見せ場(?)である煙を
浴びて白髪になる姿を描いた。
さて、タロットでこのカードをひいてしまったら、これをどう解釈するんで
しょうねぇ、ミケさん?


   雪女と浦島
   タロット人物カード「勾玉の局」と「勾玉の帝」





*絵の著作権は朋百香にございます。
  無断掲載、転写は固く禁じます。