FC2ブログ

こいつぁ、春から・・・

cache_Messagep41061.jpg

こんな写真がハワイに住む娘から送られて来ました。
なんと、山から来た猪です!
「え、ハワイに猪がいるの?」という質問が聞こえてきそうですが
これがいるのです。
観光客が行くような所にはいませんが、山の中とか、家畜として(ペットとして?)飼って
いるお家もあるようです。

cache_Messagep41058.jpg


婿曰く、この子は大人しくて、匂いも臭くないので、多分人に飼われていたのだろうと。
猪というよりイノブタかな・・・?
なかなか可愛いお顔をしています。


IMG_2855.jpg
Sちゃんは朝から餌やりに大張り切り。


それにしても猪年の年の初めに猪が来るなんて
「こいつぁ 春から、縁起がいいわい〜」(笑)

でもケージに閉じ込めておくのは、可哀想なので、柵のある友人の家に
引き取られることになったそうです。


IMG_2858.jpg
猪ちゃんの側で遊ぶ孫たち。



IMG_2861.jpg
猪ちゃん、ペット状態(笑)




日本水仙?

春待ちの庭でいち早く咲くのは寒咲き水仙です。
でも、肥料をやらずに放ったらかしにしているせいか徒長して茎葉が
伸びてしまい、せっかくの咲いても花が重くて茎が折れてしまいます。
そこで折れたところから切って部屋に飾ります。
場所はキッチンのカウンター。
ここだと、キッチンに立つ度に、爽やかな香りが鼻孔をかすめ幸せな
気分になります。

IMG_2842.jpg
うちの水仙はなぜか、お顔がクチャクチャ。大きさは日本水仙くらいなんです
これは日本水仙ではないのかしら?。


花にとっては可愛そうな事なのでしょうが・・・
庭ならもっと花期が長いですものねぇ。
そう思いながらも、毎年この繰り返しです。

水仙が咲くと、まだまだ寒い空気の中で 間違いなく春が近づいている、
という実感が湧いて不思議と心が暖かくなります。


謹賀新年

明けまして おめでとうございます。
本年が皆様にとりまして、幸多き年となりますように!

今年も宜しくお願いいたします。

IMG_2810.jpg


JUPITER

なぜか朝から頭の中に「JUPITER」が流れています。
そのまま大音量で響かせながら、お正月の飾り付けをしました。
なんでも、お正月の飾り付けは28日にするのが良いのだとテレビで
言っていました。
29日は二重苦につながる、とか31日は一夜飾りはいけないとか
(30日は旧暦の大晦日なので、やっぱりダメなんだそうです)

さて、片付けをしながら今年はどんな年だったかなぁ、と思い返して
みると・・・そうですねぇ、良いこともたくさんありましたし、そうでないことも
ありました。でも、こうして夫と二人、年の瀬を迎えられているという事は
ありがたいな〜と、心から素直に思います。

2年前くらいから「無理せず、ゆっくり」がモットーになっているのですが
せっかちな私にはなかなか難しいことで・・・
でも毎年、それに近づいていっているのは確か。
「気ばかりが急いて・・・」という感じが少しづつ薄れてきたようで、身体と
気持ちの距離が近づいているようです。
これが歳をとるってことなのでしょうか?


今年も拙いブログを読んでくださって、ありがとうございました。
「年末寒波」なのだとか、どうぞ暖かくしてお風邪など召しませんように
良いお年をお迎えください。






撮影

白髪育てを始めて約1年。
白髪はすっかり毛先まで伸びたのですが、如何せん白髪が
少ないのが目下の悩み。
前髪のどこかにでも白い毛束があったらカッコイイのに・・・
と無い物ねだりです。

そんな状態にも関わらず、美容院からシルバーヘア関連の雑誌の
モデルにとのオファーがあり、先日撮影をしてきました。

「全然、白髪少ないですけどイイんですか?」
「少ない方の移行期にはこんなやり方もあります。という見本で」
と、いう事で

IMG_2780.jpg

見事に白髪は見えません(笑)

あることはあるんですよ。
でもきっと私くらいの割合では写真では全く見えにくいのでしょうねぇ。

でも撮影はもの凄く楽しかったです。
モデルさんはこの美容院の40代から70代のお客様8名。

普段はやらないようなメイクやヘアセットしてもらって、本物のカメラマンに
写真を撮ってもらうという非日常に皆さまノリノリです。
そしてこのカメラマンさんが、ノセ上手。

以前、テレビで見た事ありますがカメラマンというのは本当にモデルに言うのですね。
「あ、その表情いいねぇ〜」とか「いいよ〜、いいよ〜その目線」とか
「キレイ、キレイ、キレイ、キレイ、キレイ」を連発。
普段、ほめ慣れていないので「豚もおだてりゃ木に登る」状態になります(笑)

でも家に帰って顔を見ると「これ、私じゃないな〜」
作られた顔というのか・・・
撮影は楽しかったけど、でもこれはやっぱり私の顔ではない。
顔を洗って落ち着きました。
シミもシワもそのまま・・・それが今の私。
そのまんまの自分の顔が好きだと思えたことが今回の1番の収穫でしょうか。
樹木希林さんが、手鏡を見て「このシワ、これがいいのよね〜」と自分のシワを
愛おしそうに見ていた姿がずっと脳裏に焼き付いています。


本の名前はまだ言えないのですが、発売されたらお知らせしますね。