湯文字体験記

中谷比佐子先生の「きもの寺子屋」に参加してまいりました。
着物の生き字引の先生ですが風水にも精通されているので
平成29年年頭に今年はどんな年になるのか興味深く伺って
まいりました。

ですが、今回ブログに書かせて頂くのは、そちらのお話ではなく
最後に実習した「湯文字・胸当て講座」
湯文字の何たるかを全く知らなかった私ですが、「骨盤をしっかり
と固定し、内蔵を安定させ、腰痛を軽減し、着姿を美しく見せて
くれる素晴らしい機能を備えているもの」ということで、あ、これは
今の私に必要なもの!と、ビビッときてしまいました。

と言うのも最近、自分でも骨盤の開きが気になり、本当は自分の
筋肉で締めるべきなのでしょうが、歳と共に筋力も衰え、さりとて
洋のコルセット的なものは苦しくて合わず。
何か良い方法はないものか、と思っていたので実にタイムリーでした。

骨盤図
上図の右側は前傾した骨盤図ですが、私の場合は骨盤が開き
内蔵が落ちてポッコリお腹が出る、というタイプでしょうか。

いずれにしても女性は妊娠出産があるのでどうしても骨盤が
動きやすいのですね。

湯もじ
湯文字

湯文字は昔の女性の下着ですが、このシンプルな形で
体型の変化や保温などを調節していたのでしょうね。
紐を使わず力布でグッと斜め上に持ち上げて(贅肉も)
腰骨の位置で引き締めます。
結ぶということはせず、背中にまわした力布の端を湯文字の
中に入れこみます。これだけ。
始めはちゃんと締め上げるのが難しくて緩んでしまうのです。
しっかし、上手く出来ればこの締り具合の気持ちいいこと。
「これ、洋服で付けられないんですか?」という質問も
出た程でした。

締め付け過ぎず、苦しくない。それでいて骨盤がしっかり
固定される感じで腰回りがスッキリです。
(裾除けは湯文字の上に付けます)

さ〜て、どのくらい練習したら上手く出来るようになるかしら?



この日、着て行ったのは
雨予報だったので英さんの縞の小紋

扇袋帯、帯前
帯でお正月感を出そうと扇柄の袋帯に。
ペパーミントグリーンの帯揚げに金糸の入った白の帯締め。


縞の小紋に扇袋帯
お太鼓




スーパーミール

もう2年くらいになるでしょうか、朝ごはんはこれです。
よくも飽きずに、毎朝食べているもんだと思います。夫も私も。


       朝ごはん、スーパーミール


辰巳芳子さん推奨のスーパーミールです。
「オートミールは、栄養消化にすぐれ、私はさらにこのオートミールを
強化して、食生活の中心に据え、時間を贖い出す勘考をしました。
つまりこれがスーパーミール。即ち玄米、胚芽、小麦胚芽、ひきくるみそば、
きな粉、小豆粉、ごまを適正配合し、これを低温ローストし、劣化を防いで
ある。まれなる栄養学的機能食。継続すれば働ける。」辰巳先生談

先生がおっしゃるように、これを食べ始めてから元気になったような気がします。
この「ような」が大事。自分が納得すれば大成功。
姉に送ったら「上手く作れなかった」ようで、(料理しない人だからねぇ)
そういう人は2、3日分ヨーグルトでねりおき、冷蔵。
毎朝茶碗に一杯、バナナやリンゴを刻み込んでしっかり食べる。といいそうです。

私は普通にオートミールを作るように、お湯でねって(だまにならないように、
優しく)季節のフルーツやレーズンをのせ、ミルクをかけて頂きます。
ポパイのほうれん草みたいなもんだな〜、私には。(アハハ、古い?)


合い言葉はゆっくり

あらら、まあまあ 気がつけば、12月ももう半分以上過ぎて
おりまして・・・。
何をやっていたのでしょう、私? の勢いですが、タイムリーに
良い本と出会えましたの。

「ゆっくり動くと人生が変わる」 小林弘幸著

師も走っちゃうくらいですから1年で一番忙しい月ではありますが
、だからこその「ゆっくり」です。
著者は自律神経の研究をしてらっしゃるお医者様です。
人間にとって交感神経と副交感神経がともに高いレベルで活動し
、なおかつ両方のバランスがとれているのが最高の状態なのだそう
ですが、ストレスの多い現代人はこのバランスが崩れているのだとか。
特に現代日本人は「交感神経優位」の人が圧倒的に多いそうです。
これは万病の元。
血流が悪くなり免疫力や体力が低下し、いろんな病気にかかり易く
なるそうです。

そこで「副交感神経」を高めるにはどうしたら良いか?というと、
「ゆっくり」なんですねぇ。
ゆっくり呼吸する、ゆっくり話す、ゆっくり食べる、ゆっくり歩く。
とにかく、今までより少しゆっくりを意識するだけでも、だいぶ違って
くるようですよ。

と、いう訳で私も先週からやってみているのですが、これがなかなか
良いみたいです。精神が落ち着く、というのか回りに流されない。
それで、一つ気付いたんですが「ゆっくり」というのは「丁寧」と同じ
なのではないでしょうか。
ああ、そうか〜今まで時間がないからといい加減にやっていた掃除
とか洗い物をゆっくり(丁寧に)やると不思議と気持ちが落ち着くし
気分もいいんです。つまり今やっていることに集中出来るんです。
今まではお皿洗いながら、次にやる事なんかを考えていたので、気持ち
ここにあらずでした。

それで、ゆっくりを意識すると遅くなるか?というと、そうでもないんです。
空回りしないので、かえって早かったりして。
何だか時間の観念が変わってしまいそうです。

今は「ゆっくり」から派生して自分に合ったペースを模索中です。
「ゆっくり」というのも人それぞれ違うと思うので。

この本には「ゆっくり動く」ことの効用が他にもいろいろ書いてあります
から、ご興味をもたれた方はぜひ手にとってみてください。

時間というのは、皆に平等ですが感じ方はひとそれぞれですから
面白いもんですねぇ。


       ゆっくり

「ゆっくり動くと人生が変わる」 小林弘幸著(順天堂大学医学部教授)
PHP文庫




「首」を暖かく

「首」とつくところは、暖かくした方がいいらしいです。
「首」はもちろんですが「手首」「足首」、ここを冷やすのはNG。

最近、私が嵌っているのは「アームウォーマー」なるもので、
お洒落で使い易いのを見つけました。

アームカバー


なかなか綺麗な色彩でしょ。
私が選ぶとこんな色系になってしまいますが、もちろんピンク系や
赤やオレンジなど暖色もあります。
あります、っていうかあり過ぎて、選ぶのが迷ってしまうくらい。


アームカバー、実際にしたところ
セーターが黒一色になってしまった時とか、こんな風にクシュクシュさせて
アクセントにしてもいいし・・・



腕につけたアームウォーマー
これは紺系のセーターの上に二の腕からすっぽりとはめました。
紺一色より楽しくありません?


夏は冷房で膝下が冷えるので、足にはいちゃう人もいるそうです。
要はどんな使い方をしても良い、ということです。

今の時期、昼は暖かいけど夕方から急に冷える、なんて時には
重宝します。付けたり取ったりが簡単ですから。
きものを着た時にも二の腕の冷え防止に良いかも・・・と、密かに
思っています。

これを作った人は坂田敏子さんというデザイナー。
目白に「mon Sakata」というお店があります。
お洋服も、かなりの拘りとちょっとした大人の可愛さがあって、
好きです。
目白までは、なかなか行く用事がないのですが・・・
お天気の良い日の午後にでも、目白通りブラッとお散歩するのも
良いかも、なんて思ってしまうのでした。



mon Sakata






ボケ防止なるか? アロマの効能

これは、何でしょう?
黄色ペンダント、ハーブ


実はこれ、ハーブを2、3滴中に垂らすガラスの壷型のペンダント。
蓋の一部がコルクになっていて、首から下げていると時折、爽やかに
香ってきてリフレッシュ!


黒澤の姉が熱く語るところによると、入れるハーブはローズマリー2滴と
レモン油1滴で、この香りを嗅ぐことにより脳の海馬が刺激されて
ボケ防止に役立つのだとか・・・(?)

実際に大学の教授が実験して効果も立証されているのだとか・・・。

まあ、せっかく姉がプレゼントしてくれたハーブとペンダントのセット
なので、ありがたく使うことにした。


ハーブ便本とペンダント

朝から爽やかな香りに包まれると、気分が上がるのは事実。
香水ほど強い香りではなく、自然な香りなのも◎。


ただし、夜はNG。
頭が冴えてしまうらしい。


夜はこちら。
お風呂用ハーブ
ラベンダー2、3滴とオレンジレクチ1、2滴をお風呂に入れるのが
良いそうで、姉曰くグッスリ眠れるのだそうだ。
いつもグッスリ眠れる私には、その効果は分からないが、ただ
バスタイムが気持ち良くなったことは確か。


アロマテラピーというのは知っていたが、せいぜいお部屋に
ディフューザーを使って香らせるくらい。
今回のように壷型ペンダントというのは初めてだったので、
新鮮な体験だ。
自分だけのアロマというのも、女性にとっては嬉しいところ。
もちろん、男性用ペンダントもあるそうです。


最近、2階から何かをとりに階段を降りてきて下に着くと
忘れている・・・という、かなり危ないおばさんになって
きたのでアロマの効き目に期待したい。