FC2ブログ

ラジオ体操第一、スローバージョン

寒いですね〜。
ついこの間、17度だったのに、今日は2度。
この気温の変化に身体もついてゆくのがやっとです。

さて、ニュースでも言っていたのですが急激な温度の変化に
負けないには、身体の中から温めるのが一番だそうです。

そこで私のマイブームになっているのが、ラジオ体操第一のスローバージョン。
友人に聞いて早速やっています。
これがなかなか楽しいの。
懐かしいですね、小学校の頃、朝礼で毎日やりましたよね?

でも普通のバージョンだと、早くて勢いでやっちゃうから、中高年には
スローバージョンがお薦めだそうです。
その方が使っている筋肉とかが意識できていいらしいですよ。

スローバージョン、ユーチューブにちゃんとあるんです。
と言っても普通バージョンを遅くしただけだから、話してる女性の声が中性的に
なってますけど(笑)
まずは試しにやってみてください。
確かに身体、温まります。

ラジオ体操第一、スローバージョン


寒い寒いと言いながら、梅の木に目をやると固い蕾の中で
一輪だけ蕾がほころんでおりました。
春はもうそこまで来ているのですねぇ。

IMG_2947.jpg
すみません、遠目では蕾が見えませんね。
でも今年もびっしり、蕾を付けてくれてます。
何度もダメか・・・という事がありましたが、今年も頑張ってくれてます。
私も頑張らなくっちゃ。



ソルトンセサミをめざす!その5

ソルトンセサミとは程遠い髪色ですが、これでも目指しているのです。
約8ヶ月がたちました。
今の髪色はこんなです。

IMG_2577.jpg

白、黒、茶と色々混ざっております。
すでに白髪は毛先まできております。が、何しろまだ少ないものですから。
美容師さんが撮ってくれました。どんな風に変化してゆくか記録を残しましょう、と。
最初の頃のあのオレンジ色は落ち着いてきました(酷い色だったんですよ、本当に)

人間って勝手ですよね、去年は白いものが見えると憂鬱になっていたのに
今は白いものが少ない、と嘆いております(笑)

IMG_2579.jpg

でも確実に増えてはいるのです、はい。

今回はカットだけで、色調整(笑)はしませんでした。
と言うことは、次回はいよいよソルトンセサミに近づいている筈(?)
楽しみですね〜。

ばーさんの開き直りというのでしょうか、最近は人がどう見ているかとか
気にならなくなりました。
このままどんどん白いものが増えていってくれたらいいのにねぇ。
ただ、パサパサするのは嫌なので、オイルとかつけて艶には気をつけて
います。

写真のほおのタルミを見て、母を思い出しました。
同じようなタルミ方してる(笑)
これも遺伝なんでしょうか?
そう言えば、母は病気を抱えていたのに白髪少なかったな〜。
とすると、やっぱり私もなかなかシルバーヘアにはならないかも。




ソルトンセサミをめざす!その4

o0480064014097975578.jpg

こんなチラシを見て憧れていた私ですが・・・
最近、あることが判明しました。
1月から白髪育てをして4ヶ月半・・・実は私、そんなに白髪が多くは
なかったのです。

ガ〜ン!

果たしてシルバーヘアになるのはいつの事やら。

でも、白髪があることはあるんですよ。
だからそれを育てつつ、その過程も楽しもうと考え方を変えました。
まあ、少しづつ増えればいいや〜って感じで。

そこでハイライトを入れて、5センチくらい伸びた白髪が悪目立ちしないように
しようと・・・。

ところが、ここでまたショーゲキ的な事が!

髪の負担を少しでも減らそうと使っていた自然染料のヘナとか、表面だけ
染めるヘアマニュキアは赤みが強いのだそうで、なんとハイライトがオレンジ色っぽく
なってしまったのです(今までやっていたヘナやマニュキアが伸び切らないと
この色は消えないそうです)
本当はアッシュ系にしたかったのに・・・。

またまたガ〜ン!

美容師さんに言われました。
もともと東洋人は肌の色も黄色味が強いし、髪の色素も赤みが強いのだとか。
西洋人のような青みがかったシルバーヘアにはなりにくいそう。(個人差があります)
今、プラチナ世代の憧れと言われている結城アンナさんもスウェーデン人の血が
入っていますし、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープのあの見事なシルバーヘアも
西洋人だからかもしれませんねぇ。

そんな訳で当初の私のイメージとはかけ離れてしまった今の髪色ですが、ま、これも
良しとしましょ〜。


IMG_2280.jpg
恥ずかしながら、黒、白、茶(光の具合によってはオレンジ系)が混ざった今の状態です。

そして結論は、髪の色が白かろうが、黒かろうが、茶色だろうが、今の私はこれよ!
と自信を持って日々の生活を楽しむ。
ということに尽きますね。
(何でも楽しんだもん勝ち)

ちなみにこのオレンジ系ハイライトヘア、家族には結構好評です(笑)。
そして見慣れてきたら、結構いいかも・・・と思えてきた今日の私でありました。






ソルトンセサミをめざす・その3

「This is me」(前記事)に後押しされて、私の白髪育ては順調です。
頭のてっぺん以外は、染めていないので白髪(はくはつ)は3〜4㎝に
伸びました。
前回、頭の鉢の部分だけ香草カラーで染めて・・・と書きましたが
今はヘアマニュキアに変えました。
香草カラーはヘナが入っているので、どうしてもオレンジ色(ヘナ本来の色)
が強いのです。

ヘアマニュキアは表面しか色が着かない、つまり色が取れやすいと言うこと
なのですが、シルバーヘアを目指す身としては、取れてもOKなのです。
「だったら、ヘアマニュキアもやらなくていいんじゃない」と言われそうですが
そこはほら、最後のあがき(笑)みたいなもんで、4月の個展が終わるまでは
やろうかと・・・。

それでも全体を染めていた頃に比べると、随分と髪も気持ちも楽になったのです。
こんなに違うものでしょうか。
髪も喜んでいるような気がします。

そうしたらお化粧もしたくなくなってきたのです。
「気持ちが良い」ことに敏感になってくると、エスカレートしてくるのですね。

ファンデーションでシミを隠すのが苦痛になってきて。
だって、隠しきれてないんだもの(笑)。
ファンデーション塗ってシミを隠す、という「行為」をしているだけで、実際には
隠せてない訳ですよ。
これって無意味でしょ?
でも汚いお婆さんには、なりたくない。
ここが難しいのよね。
どの辺で折り合いをつけるか、ですね。
許されるギリギリの自然度、それをこれから探っていかなければ。


さて我が友、イラストレーターの岡田知子さんが「七緒」のモデルになりました。
折しも「白髪と、あの女」(はくはつと、あのひと)という特集です。

IMG_2090.jpg
「七緒」のお写真から

いつも自然体の知子さん、私よりずっとお若いのですが、着物のことも
髪染めをやめたのも大先輩です。
彼女のキリッとしたお顔立ちにソルトンセサミがよくお似合いです。


ソルトンセサミをめざす! その2

ソルトンセサミをめざそうと決めてから、やたらシルバーヘア関係の
ブログを見ています。
だって、途中の難関を皆さん、どうやって乗り越えているのか
知りたいですもの。

やっぱり途中で挫折したり、他の方法でごまかしながら伸ばしたり
ご苦労が多いようです。

そんな中で「40代女性 白髪染めをやめてかっこいい白髪をめざす!」
というブログを見つけました。
40代女性 白髪染めをやめてかっこいい白髪を目指す!

職業はライターさんですが、「白髪を育てる日々」というテーマで
2ヶ月ごとに写真も載せてくれていて、これからシルバーヘアを目指す
人達には、とても参考になると思います。

まだまだ風当たりは強いです。
「汚らしい」「女を捨ててる」とか「ずぼら」とか
でも少しづつ風向きが変わってきている事も事実。
その証拠に、最近の女性誌ではこの手の記事を載せているものが多い。

いつかシルバーヘアが「美しい」「ありのままが素敵」という市民権を
得る為に、私も頑張るのだ。
あ、あくまでもこれは人それぞれでの自由な選択で決して白髪を染める
のが悪いということではありませんよ。

さて私は
頭の鉢部分

上図のように頭の鉢部分だけ「香草カラーをする」という方法で
始めています。
香草カラーとはヘナとか自然のものと薬が混ざっているもので、少しは
髪に与えるダメージが軽減されてる・・かな?というもの。

こうして生え際の白と黒の境を暈しながら伸ばす作戦。
段々、髪色は明るくなってくると思います。
はたして、上手くいくのかな〜?という一抹の不安をかかえつつも
美しいシルバーヘア美人(例えば堀越希実子さんとか)の写真を見ては
鼓舞する日々であります。

そしてこちらの可愛くておしゃれなご夫婦からも元気を頂いています。
bonさんとponさん