ソルトンセサミをめざす!その4

o0480064014097975578.jpg

こんなチラシを見て憧れていた私ですが・・・
最近、あることが判明しました。
1月から白髪育てをして4ヶ月半・・・実は私、そんなに白髪が多くは
なかったのです。

ガ〜ン!

果たしてシルバーヘアになるのはいつの事やら。

でも、白髪があることはあるんですよ。
だからそれを育てつつ、その過程も楽しもうと考え方を変えました。
まあ、少しづつ増えればいいや〜って感じで。

そこでハイライトを入れて、5センチくらい伸びた白髪が悪目立ちしないように
しようと・・・。

ところが、ここでまたショーゲキ的な事が!

髪の負担を少しでも減らそうと使っていた自然染料のヘナとか、表面だけ
染めるヘアマニュキアは赤みが強いのだそうで、なんとハイライトがオレンジ色っぽく
なってしまったのです(今までやっていたヘナやマニュキアが伸び切らないと
この色は消えないそうです)
本当はアッシュ系にしたかったのに・・・。

またまたガ〜ン!

美容師さんに言われました。
もともと東洋人は肌の色も黄色味が強いし、髪の色素も赤みが強いのだとか。
西洋人のような青みがかったシルバーヘアにはなりにくいそう。(個人差があります)
今、プラチナ世代の憧れと言われている結城アンナさんもスウェーデン人の血が
入っていますし、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープのあの見事なシルバーヘアも
西洋人だからかもしれませんねぇ。

そんな訳で当初の私のイメージとはかけ離れてしまった今の髪色ですが、ま、これも
良しとしましょ〜。


IMG_2280.jpg
恥ずかしながら、黒、白、茶(光の具合によってはオレンジ系)が混ざった今の状態です。

そして結論は、髪の色が白かろうが、黒かろうが、茶色だろうが、今の私はこれよ!
と自信を持って日々の生活を楽しむ。
ということに尽きますね。
(何でも楽しんだもん勝ち)

ちなみにこのオレンジ系ハイライトヘア、家族には結構好評です(笑)。
そして見慣れてきたら、結構いいかも・・・と思えてきた今日の私でありました。






ソルトンセサミをめざす・その3

「This is me」(前記事)に後押しされて、私の白髪育ては順調です。
頭のてっぺん以外は、染めていないので白髪(はくはつ)は3〜4㎝に
伸びました。
前回、頭の鉢の部分だけ香草カラーで染めて・・・と書きましたが
今はヘアマニュキアに変えました。
香草カラーはヘナが入っているので、どうしてもオレンジ色(ヘナ本来の色)
が強いのです。

ヘアマニュキアは表面しか色が着かない、つまり色が取れやすいと言うこと
なのですが、シルバーヘアを目指す身としては、取れてもOKなのです。
「だったら、ヘアマニュキアもやらなくていいんじゃない」と言われそうですが
そこはほら、最後のあがき(笑)みたいなもんで、4月の個展が終わるまでは
やろうかと・・・。

それでも全体を染めていた頃に比べると、随分と髪も気持ちも楽になったのです。
こんなに違うものでしょうか。
髪も喜んでいるような気がします。

そうしたらお化粧もしたくなくなってきたのです。
「気持ちが良い」ことに敏感になってくると、エスカレートしてくるのですね。

ファンデーションでシミを隠すのが苦痛になってきて。
だって、隠しきれてないんだもの(笑)。
ファンデーション塗ってシミを隠す、という「行為」をしているだけで、実際には
隠せてない訳ですよ。
これって無意味でしょ?
でも汚いお婆さんには、なりたくない。
ここが難しいのよね。
どの辺で折り合いをつけるか、ですね。
許されるギリギリの自然度、それをこれから探っていかなければ。


さて我が友、イラストレーターの岡田知子さんが「七緒」のモデルになりました。
折しも「白髪と、あの女」(はくはつと、あのひと)という特集です。

IMG_2090.jpg
「七緒」のお写真から

いつも自然体の知子さん、私よりずっとお若いのですが、着物のことも
髪染めをやめたのも大先輩です。
彼女のキリッとしたお顔立ちにソルトンセサミがよくお似合いです。


ソルトンセサミをめざす! その2

ソルトンセサミをめざそうと決めてから、やたらシルバーヘア関係の
ブログを見ています。
だって、途中の難関を皆さん、どうやって乗り越えているのか
知りたいですもの。

やっぱり途中で挫折したり、他の方法でごまかしながら伸ばしたり
ご苦労が多いようです。

そんな中で「40代女性 白髪染めをやめてかっこいい白髪をめざす!」
というブログを見つけました。
40代女性 白髪染めをやめてかっこいい白髪を目指す!

職業はライターさんですが、「白髪を育てる日々」というテーマで
2ヶ月ごとに写真も載せてくれていて、これからシルバーヘアを目指す
人達には、とても参考になると思います。

まだまだ風当たりは強いです。
「汚らしい」「女を捨ててる」とか「ずぼら」とか
でも少しづつ風向きが変わってきている事も事実。
その証拠に、最近の女性誌ではこの手の記事を載せているものが多い。

いつかシルバーヘアが「美しい」「ありのままが素敵」という市民権を
得る為に、私も頑張るのだ。
あ、あくまでもこれは人それぞれでの自由な選択で決して白髪を染める
のが悪いということではありませんよ。

さて私は
頭の鉢部分

上図のように頭の鉢部分だけ「香草カラーをする」という方法で
始めています。
香草カラーとはヘナとか自然のものと薬が混ざっているもので、少しは
髪に与えるダメージが軽減されてる・・かな?というもの。

こうして生え際の白と黒の境を暈しながら伸ばす作戦。
段々、髪色は明るくなってくると思います。
はたして、上手くいくのかな〜?という一抹の不安をかかえつつも
美しいシルバーヘア美人(例えば堀越希実子さんとか)の写真を見ては
鼓舞する日々であります。

そしてこちらの可愛くておしゃれなご夫婦からも元気を頂いています。
bonさんとponさん


ソルトンセサミをめざす!

最近、美容院に行くと必ず話題になるのが、いつ染めるのを
止めるか? ということ。
今、私は香草カラー(ヘナなど自然染料を使ってなるべく髪の負担を
減らしている。つもり)というのをしています。

でもそれももうそろそろ終わりにしようかな・・・と思う今日この頃
であります。
そんな時に見つけたこの雑誌。
なんとタイムリーな!

ku-neru.jpg

そうか、時代はシルバーヘアなのね。(単純な私・笑)

ku-neru2

この雑誌を読んでいると、皆様シルバーヘアを楽しんでいらっしゃる。
顔まわりが明るくなるので着るものの色が変わった、とかお化粧が
変わった、とか。
新しい自分に出会えるのかも・・・!

でもパサついたり、ツヤがないと美しく見えないのでお手入れも大事
なのだそうです。

以前にも書いた覚えがあるのですが、街で見かけた女性がまっ白な
ショートヘアに真っ赤な口紅、セーターも確か赤、黒いパンツを履いて
いたと思います。カッコ良かったな〜。70代くらいだったでしょうか。
白髪がキラキラして。
いつか、ああなりたい!と思ってから10年以上は経ったでしょうか。
とうとう私もそのスタートラインに立つのです。
今からそこを目指さないと急に全部まっ白って訳にはいきませんから。

「途中のごま塩がちょっとね〜」なんて言ってないで、途中経過も
楽しめばいいのだ!

夫が何と言うか少し心配でした。
何しろ私より、私の髪を見る時間が長いのですから。
それで、聞いてみたら意外とあっさり
「いいんじゃない、自然で」という答えがかえってきました。
な〜んだ、そんなもんか。
そりゃそうだよね、自分だってかなりのソルトンセサミなんですから。
(男性はロマンスグレーというの?)
「共白髪」という言葉がありますが、お互いよくここまできたよね、
という感慨もこめて来年から挑戦しましょうか。


醤から手作り!

甜麺醤(テンメンジャン)を作ってみました。

甜麺醤1

材料は八丁味噌:250g 砂糖:125g 酒:150cc 水:100cc
醤油:大さじ1 オリーブオイル:大さじ1 ごま油:大さじ1

家庭にある材料で簡単にできるんです。

1、フライパンにオリーブオイルとごま油以外を投入。
  中火でよく混ぜる。
  混ぜながらオリーブオイルとごま油の順に少しづつ混ぜる。
2、木べらでかき混ぜ、クツクツと沸騰してきたら弱火に落とす。
  絶対に焦がさないこと。
3、クレーターのような大きな泡が出てきたら、煮詰まってきた証拠。
4、とろみがついたら出来上がり。
  (冷蔵庫で約3ヶ月保存可能)

意外と簡単に出来てしまいます。
食効は、記憶力、抗酸化作用、骨粗鬆症の予防、更年期障害の軽減。
私達世代にはどれも必要(笑)

実はこんな本を読んで、これは作らなくては・・・と思った次第。

醤から手作り

このままで野菜やお肉のたれにしても美味しいですが、さらに
これと微塵切りにしたニンニク、生姜とひき肉(合い挽きでも鶏ひき肉
でも好みのもので)を炒めてザージャン(万能肉味噌)を作っても
OKです。オムレツにかけたり、サヤインゲンやカボチャなどと炒めても
美味しいですね〜。

この本には醤の作り方だけではなく、それを使った料理のレシピもいろいろ
載っているので、我が家のマンネリ化した料理にガツンと喝が入りました。

本の「はじめに」に書いてある「健康管理、病気の予防・治療でもっとも
重要なのは『日々の食事』である」という臨床中医学をリードする先生方の
お言葉が身にしみる歳になりました。