FC2ブログ

「Double Vision」

フィリップさんの個展に行ってまいりました。
フィリップさんは「タロー・デ・パリ」の作者です。
タロー・デ・パリというのは、パリの街の彫刻などをデジタルで美しく
アート作品にしたタロットカードで岩倉ミケさんが、このカードを見て
「京都を舞台としたタロットカードを作ろう!」と思ったきっかけに
なったものです。

当時はタロットカードが何たるかも、あまりよく分かってなかった私ですが
「タロー・デ・パリ」をさっそく購入しました。
その独創性、神秘性にとても惹かれました。

確かどこかに10年余りの歳月をかけ・・・という文言を見て
「えー、そんなにかかったんだぁ〜」と驚いたのを覚えています。
まさか自分も同じ険しい坂道を登るとは、思いもしませんでしたが・・・。

IMG_2742.jpg
「Double Vision」 DM

私が「京都タロット」の原画展をした時、フィリップ夫妻(奥様は日本の方)が
来てくださった時には本当に感激しました。


IMG_2730.jpg
会場風景


今回、彼の個展に伺ってタロー・デ・パリとはまた違った作品たちを見られたことは
私にとって大きな励みになりました。


IMG_2733.jpg


78枚のタロットカードを作製することは「大変でした」という一言では言い表せないものが
あります。でもフィリップさんと目を合わせると同じ生みの苦しみを味わった者同士、
言葉のいらない共感が生まれて、ああ この人は分かっているんだなぁ・・・という
静かな安堵に包まれます。


IMG_2738.jpg
フィリップさんと墨作品の前にて


フィリップさんのことは何も知らないし、こうしてたまにお互いの個展でお目にかかる
くらいなのに、会うと何か繋がりを感じる・・・

IMG_2734.jpg


彼の作品の中に自分と同じもの、言葉で表せば「質」というのでしょうか
そんなものを感じることがあります。
国籍も性別も育った環境も全く違うのに、不思議ですね。

IMG_2736.jpg


今回もたくさんエネルギーとインスピレーションをいただきました。
アーティスト仲間といったら、フィリップさんに失礼なのかしら?
でも、こういう仲間の存在は本当に大きな力になるのです。


今回の「Double Vision」という個展名は彼がインドで授かったハカマという
名での作品、フィリップ・トーマスとしての作品、それぞれ全く違った多岐に及ぶ
スタイルを表すものです。
個展はすでに終了しています。






日本・フランス現代美術世界展2018

暑い夏が始まりました。
今年も六本木、国立新美術館にて恒例の展覧会が開催されます。

IMG_2433.jpg

会期:2018年8月8日(水)〜19日(日)
会場:国立新美術館  港区六本木7-22-2
    3A展示室 10:00〜18:00
主催:JIAS日本国際美術家協会
後援:駐日フィンランド大使館
    外務省
特別協賛:サロン・ドトーヌ
入場無料

本展には、「起因」「容認」「享受」の3点を出品いたします。
ちょっと難しい題名になってしまいましたが、物事が起こり、結局はそれを認め、最後は
受け入れ味わう、といった一連の心情を表現したものです。
まあそれは描き手の勝手な言い分で、見てくださる方は題名にとらわれず、自由に
見て感じていただければ幸いでございます。

お暑い中ではございますが、ちょうどこの時期、同美術館で「ルーブル美術館展」も
開催されますので、都会のオアシスでアートに涼むのも一興かと存じます。
たくさんのご来場をお待ちしております。





龍さんの香炉

続きを読む

愛でるギャラリー祝

2年前の京都タロットの原画展の時に何度も会場に
足を運んでくださった祝子(しゅうこ)さんが、銀座にギャラリーを
オープンされたので、お祝いに行ってきました。
その名も「愛でるギャラリー祝」(メデルギャラリーシュウ)。
なんともおめでたいお名前ですね。

場所は帝国プラザの2階です。
高級ブティックが並ぶアーケードの中でそのギャラリーは輝いておりました。
と、いうのも今やっている展示が中村凰伯氏の「日本の紙(神)彫刻展」。

fa36d0d1e9f91e9225bb73a63f5412b2-1080x675.jpg

凄いですね〜、初めて見ました。こういうアート。
美しいです。白一色に光と陰の陰影で表現された龍や波。
この作品のタイトルは「竜の珠と荒波」

そして、「七福神 龍の方舟」がこちら

c1fa09fa9d98850aa84aba57f66c740b.jpg


とても縁起の良いものを拝見させて頂いたって感じです(笑)

中村凰伯 「日本の紙(神)彫刻展」 2018年5月12日(土)〜18日(金)
11:00〜19:00
愛でるギャラリー祝  千代田区内幸町1-1-1 帝国プラザ2F
03-6550-8111


IMG_2261.jpg
祝子さんとツーショット






「This is me」

ヒュー・ジャックマンの「グレイテスト・ショーマン」が公開されています。
まだ、映画を見てないのに、キアラ・セトルが歌うワークショップ・
セッションの映像を見てしまいました。
ヒュー・ジャックマンが涙をためてセトルの手を握るシーンは感動的。
まるで、こちらの方が映画の1シーンのようです。

誰でも傷を抱えて生きている、人と違うことに悩んでいる。
殻を破るのは勇気がいるけど、本当の自分と向き合うのは勇気が
いるけど、ありのままでいいんだ、これが私!と、キアラの迫力ある歌声に
励まされます。
すべての人への応援賛歌。