驚異の超絶技巧!

この日は浅草橋の額屋さんに小作品の額装をしに行きました。
せっかくここまで出てきたのだから、と帰りはちょこっと日本橋に
寄り道。こんな展覧会を観てきました。

明治工芸から現代アートへ
「驚異の超絶技巧!」

場所は三井記念美術館。
七宝、金工、牙彫、木彫、陶磁などの明治工芸と現代アートのコラボ
です。

三井記念美術館1

こちらは、宮川香山「猫ニ花細工花瓶」
写真では分かり難いですが、猫の耳の中、薄い舌まで細かい描写が
ため息ものです。



三井記念美術館2

こちらは現代作家の高橋賢悟(1982年生まれ)「origin as a human」
生花を型取りしてアルミニウムで鋳造する独特の技法で制作された髑髏。
細かい花々を見ていると気が遠くなりそう。


この2点は写真OKの入口にありました。

中はもちろん写真はNGですが、それはそれは見事な作品が並んでいます。
老眼鏡持っていって良かった(笑)
昔の作家さんの細かさ、繊細さ、色彩の美しさはもちろんですが、現代作家
さんたちにもちゃんとそれらは受け継がれているのだなぁ、と感心すること
しきり。今の若いもんは・・・なんて、いえいえいどうして若い人も頑張って
いますよ。
感覚とか使うものこそ違えども、その作家魂、職人魂は年代を経ても
変わらないものなのですねぇ。日本人の感性に改めて脱帽です。

会期は12月3日(日)まで。(休館日は月曜日)



この日のきものは
焦げ茶紬、
冷たい風が吹くと着たくなる焦げ茶の紬にインドネシアのバティック帯。
帯揚げは灰桜色、帯締めは鳥の子色。
帯飾りはこの所ヘビロテのsakurako さんの蜘蛛さん。


焦げ茶紬にバティック帯
お太鼓




スーパー歌舞伎、ワンピース

ワンピース歌舞伎、チラシ

きもの英さんの企画で「ワンピース」に行ってまいりました。
歌舞伎に興味の無い方でも猿之助さんのお怪我はご存知でしょう。
本当にビックリしました。
でも、もっとビックリしたのは代役となった尾上右近さんの
ルフィぶりです。
まるで最初から主役だったみたい・・・と、思ったら、凄いですね
猿之助さん、この演目の未来のためにと若手バージョンを作っていたのです。
そのお陰で右近さんは見事にルフィ役を演じられたのですねぇ。

「ワンピース」が海賊の漫画だという事は知っていましたが、内容
なんて全く分かってない私、でも要所要所で説明も入り、すっかり
飲み込めましたよ。

巨大なクジラと波乗り(宙づり)ルフィ、ゆずの歌う「TETOTE」に
合わせて役者も観客もタンバリンを打ち鳴らす”ファーファータイム”
大量の水しぶきが客席にも容赦なく飛んでくる大立ち回り、(前の
席には大きなビニールが用意されていて大丈夫)
童心に帰ってキャーキャー言っちゃいました(笑)
それにしても吹雪やら、炎やら、さすがスーパー歌舞伎ですね。

でもそんな派手〜なパフォーマンスより、おばさんを唸らせたのは
若手さん達、歌舞伎俳優の底力。
右近さんが主役になった為、役がスライドしたにもかかわらず、普通に
二役、三役こなしていたのは凄いな〜と思います。

仲間を信頼して困難に立ち向かう「麦わらの一味」と猿之助さん不在の
舞台を盛り上げようと一丸となった役者の皆さんが見事に重なって
感動的な舞台でした。

舞台に立てない猿之助さんは、さぞや無念でしょうが でも若手の
成長ぶりを喜んでいることでしょう。
そして、焦らずゆっくり養生してほしいものです。
猿之助さんの姿がなくても舞台のそこここに、あなたの演出は光ってますから。



この日、ご一緒に水しぶきを浴びた皆様
ご一緒した皆様


この日のきものは、もちろん濡れてもへっちゃらな英さんの小紋
英小紋にベージュの帯
帯揚げは深緑、帯締めは黄色

櫻子さんの蜘蛛さん
因みもの何もないのですが、ハロウィンが近いので
sakurako さん作、蜘蛛さんの帯飾り


お太鼓、扇袋帯秋草
お太鼓


ビリーエリオット

久々のミュージカルです。しかも日本の。
私、日本のミュージカルはちょっと・・・と思っておりましたが、日本も
ここまできたんですね。ビックリいたしました。

ビリーエリオット

「ビリーエリオット」素晴らしかったです。
たまたまテレビでビリー役のオーディションのドキュメンタリーも見ていた
ので、あの時の少年が1年の練習でここまで成長するとはおばさんは感動
いたしました。
しかも、この日のビリー役、リキ君はバレエもタップもやったことがないという
一番最後に合格した子で、おーおーよくここまで頑張ったねぇとお母さんのような
気持ちになってしまって、おもわずハンカチで目をおさえましたよ。
まだまだ荒削りですが、歌が好き!踊りが好き!という情熱は十分伝わってきました。

一流の指導者に出会って見事に開花する少年の成長する姿、それを見る醍醐味がそのまま、
このビリーエリオットの魅力なんですね。
感動するって、なんて素敵なことなんでしょ!

誘ってくださったR子さんに感謝です。


さてこの日、ご一緒した皆様。他にお洋服の方お二人。(すみません、写真は着物姿のみ)

ビリー、着物組4人

葵の帯絵美さん、リコさん

皆様それぞれに、長月の単衣が素敵でした。


私はこの日の朝、雨模様だったので
英さん、秋草柄小紋
英さんの秋草の小紋に、黒地の夏帯。
帯揚げは薄ピンク、帯締めはグレー、薄緑の渦巻きの帯留め

黒夏帯お太鼓、
お太鼓




「髑髏城の七人」

行ってまいりました、劇団☆新幹線!
お友達のブログでいつも読んでいて、いつかは観てみたいと
思っていました。

髑髏状の七人
(すみません、パンフレットを写メしたのでちょっとお見苦しい)

「髑髏城の七人」Season鳥   作・中島かずき、演出・いのうえひでのり 
出演:阿部サダヲ、早乙女太一、森山未來、松雪泰子、清水葉月、梶原善、
池田成志、粟根まこと、福田転球、etc,etc

いや〜、面白かったです。客席が360度動くのです。
IHIステージアラウンド東京。演劇と遊園地のアトラクション
の融合みたいな。凄い演出、凄い舞台装置(と言うのか客席装置というのか)
でした。

しかし、大変なのは役者の皆さん。
360度、走り回っていました。
普通だったら一場面終わったら舞台の袖にはけるのですが、そのまま客席が動き
舞台が続くのでなかなかはけられない。(笑)
歌、踊り、殺陣、+ ランニング 、なるほどこれが新幹線の名前の由来ですね。

阿部サダヲさん、好きな俳優さんです。「捨之介」ピッタリな役でした。
早乙女太一さん、さすが殺陣は美しかった。
森山未來さんがこういう役をやるのは意外だったな〜。
同じ「髑髏城の七人」でも前の「花」とは演出が全然違うらしいです。
さらに「風」「月」と続くのですね。
そっかー、花鳥風月なんだ。(今更気付く・笑)

会場のエントランス
エントランス風景、圧倒的に女性が多かった。


好奇心旺盛な私を満足させてくれた初新幹線でした。



さて、これからいらっしゃる方のために
食べ物と飲み物は持参した方が良いです。
小さなカフェもあるのですが、食べ物はサンドウィッチのみで
売り切れてしまうこともあるようです。
自販機はありません。(ゆりかもめ、市場前駅が一番近いです。
駅には自販機あります。銀座からのバスもあるみたい。)


玉手箱

皆さまは玉手箱というと何を連想されるでしょうか?
すぐに思い出すのは、浦島太郎が乙姫様から手渡されたあの玉手箱かしら?

先日、こんな展覧会に行ってまいりました。
玉手箱

平安時代以降、大切な手回り品を入れる箱として使われてきた手箱。
中に入れるものが大切なもの程、美しく飾られ また神への捧げものとしても
中心的な具であったようです。

今まであまり興味のなかった玉手箱ですが、考えてみると「京都タロット」の
中でも玉手箱を描いているのです。
そう、冒頭に書いた浦島太郎です。

浦島太郎
人物カード「勾玉の帝」

そして、もう1つ「タマ」というカードがありますが、この絵の元となったのも
山幸彦・海幸彦神話。
その地に「玉手箱」として残る「松梅蒔絵手箱(まつうめまきえてばこ)」と
いうものも展示してありました。
この神話でも霊力のある玉「シオミツタマ」と「シオフルタマ」が出てきます。

タマ
「拾四・タマ」

[「タマ」という響きは魂、霊力を連想させる。
 人生を変容に導くタマ。「女性と霊力」をタマは象徴している。
 女性の愛を勝ちとることは、霊力を授かることと同義であり、人生に変容を
 もたらす恋の力は水晶玉をまさに今、渡されようとする、この瞬間の女性の
 姿そのものにある。
 男女間をはじめ、すべてのパートナーシップ、人間関係を本当に大切にする
 ことが、いかに人生に変容をもたらすものであるかを知っていく。]
 (「京都タロット」より一部抜粋、岩倉ミケさん記)

なる程「玉手箱」、玉なる手箱が私達に、美しさと同時にこの蓋を開けたら
どうなるんだろう? 何が入っているんだろう? というワクワク感、ドキドキ感を与えるのは
神話から繋がる長い歴史があってのことかもしれません。

ちょっと怖い、でも開けてみたい!と思うのは人の性。
私だったら目の前に玉手箱があったら、絶対開けちゃいますね〜(笑)

玉手箱2

さてこの展覧会、金蒔絵の華麗な技法やデザインの素晴らしさ、調度類の
繊細さなど、昔の人のその素晴らしい感性に改めて感心してしまいました。
箱の角をとったその何とも言えない柔らかな形にも魅了されます。

中には「京都タロット」を入れるのに、ちょうど良い大きさのものも・・・
ああ、そんな手箱にこのタロットが入っていたら、もう完璧ではないか
・・・と妄想にふけってしまう午後のひと時でありました。


玉手箱3
手箱とその中に入っていた化粧道具
雅な方が使っていたのでしょうか、櫛の歯の細かい事と言ったら