小島秀子・織物展

小島秀子展、DM

美しい綾織りですね〜。思わず見入ってしまいます。
青山・八木さんから頂いたこのDMをどれだけ眺めたことでしょう。

ちょうどその日は版画工房アーティーさんで絵のデータ作りの用事があったので、
これは近い、これは行けってことだ。といつもの様に自分に都合の良い
解釈をして行ってまいりました。(笑)

店内に並ぶ織物達のどれも美しいこと。
布好きにはたまりません。
何点の作品があったでしょうか・・・そのほとんどがもう嫁入り先が
決まっていました。
先生の作品、人気なんですね〜。

小島先生とツーショット
小島先生と作品の前で、記念に撮って頂きました。

先生の作品からはどれも「今」を感じました。
つまり良い意味で軽いんです、色に光がさしている感じ。
昔の織り物ももちろん素敵ですけど温故知新というのでしょうか、
織りも進化しているのだな〜とつくづく感じました。
これは私にとって絵を描くうえで大きな刺激になりました。

いつの時代も進化して進歩していかなければならない。
何についても同じだと思いますが、それが廃れない為の極意とでも
言いましょうか、こういう作品を作る作家さんがいる限り、和装の世界も
生き残ってゆけるのではないかしら・・・。

小島先生、これからも美しい織りの世界「小島ワールド」を広げていってください!

「小島秀子 織物展」
2017年5月16日(火)〜 20日(土)12時〜19時まで
場所:港区南青山1-4-2 八並ビル1階
tel : 03-3401-2374
青山・八木、H/P


この日は夏日、1年ぶりの青磁色の飛び柄小紋(単衣)
飛び柄小紋に紅型帯
帯は城間栄順氏の紅型。
帯揚げは黄緑、帯締めはくすんだピンク。

飛び柄
白い蛍のような玉がランダムに飛んでいます。

城間栄順氏お太鼓
お太鼓

急に暑くなった日は、やはりいかに涼しく見えるか、と言う事に気を
使います。




元町散歩

いつもは片付けや、絵を描いたり、孫と遊んで過ごす連休ですが
思いたって、友達を誘い横浜元町を散歩してまいりました。

ともこさんと私
ご一緒したT子さんと。
T子さんは藍の単衣大島に博多帯でシャキッと。

まず元町厳島神社(元町通りから1本入った小さい神社ですが、4柱の美しい
女神様方をお祀りしています)をお参りし、「じざいや」さんに寄って
岩手県のアンテナショップで買物し、汐汲坂ガーデン(カフェの名前です)
でお茶とケーキ、というコースでした。
その昔、この一帯は半農半漁だったそうです。汐を汲みにこの坂を上り下りした事から
ついた地名なのかもしれませんねぇ。

元町、厳島神社
元町厳島神社

「じざいや」さんでは、ばったりR子さんとお会いするサプライズもありました。
同じ日の同じ時間に遭遇するなんて、凄い確率じゃありません?

れいこさん、前帯
R子さんは、ご自分で縫われた木綿の単衣に子供が並ぶ可愛い帯で。

しかし「じざいや」さん、きもの友の間では別名「じらいや」さんと呼ばれて
います。というのも品揃えが豊富で、うっかり立ち寄ると地雷を踏んでしまう
から・・・(笑)
連休中に行くと何でも3割引、という言葉に引き寄せられて・・・
お持ち帰りしたのはこちら。

夏用帯揚げと帯締め
夏の日差しにパキッと映えそうな絽の帯揚げと帯締め。
目のさめるようなターコイズ!


この日の私は
白鷹織りに田中御大帯
白鷹織りの単衣のお召しに、田中御大の藍染めの帯。
帯揚げは水色、白とグリーンを組んだ帯締め。

御大帯、お太鼓
お太鼓

初夏のような日でしたが吹く風は気持ち良く久々に元町をぶらぶらするのは楽しかった。
T子さん、お付き合いありがとうございましたー。


初めての失敗

藤棚

ついこの間まで、桜、桜と言っていたのに 桜以降の花は早いです。
カイドウもあっという間に咲いて、あっという間に終わりました。
こちらは小さな藤棚に満開の藤。
芍薬も咲き始めましたねぇ。

連休前の4月の終わりに銀座で打ち合わせがあり、出掛けて
まいりました。
昨今「気温20度を越えたら単衣」が合い言葉のようになって、私も
今年初めての単衣を着ました。
最初に手を通す単衣の軽くて気持ちいいこと。

足さばきも軽く颯爽と・・・の筈だったのですが、古くなった草履の鼻緒を
すげ替えたものを試し履きもせずに履いたのが大間違い。
途中から左足の甲が痛くなってしまい、大失敗でした。
お陰で話題のギンザシックスにも寄れず、打ち合わせ後は這々の体で
帰ってまいりました。

今までこんな経験はなかったので、良い教訓です。
初めての草履は近所で慣らしてから・・・が鉄則ですね。

さて、こんな日もあるさに着たのは
単衣きものに紫縞の帯
単衣のピンクベージュの小紋に紫と墨黒の段の帯。
赤系の帯締めに帯揚げはスカーフを使ってみました。

単衣きものに薄羽織り
4月に薄羽織り?と言われそうですが、この位がちょうど良いのです。
初夏のような日差しには透けた羽織りが涼しそう。
銀座でも3、4人お見かけしましたよ。

sakurakoさんのクリスタル帯飾り
sakurakoさんの帯飾り。こちらもクリスタルで涼しげに。

英単衣きものに紫段帯、お太鼓
お太鼓

半幅帯レッスン

「今年こそは半幅帯を締める!」と騒ぎ始めてから早3年。
とうとうT子先生にレッスンして頂きました。

私の希望は名古屋帯に負けないくらいの大きさでかつ、大人な感じ。
「名古屋帯に負けないくらい」と言うのはお尻がまるまる出てしまうのは
嫌なのでどうしてもタレがある形が好きなのです。

後ろ姿、アップ

これは吉弥結び、というのでしょうか?
普通のものよりタレを長くしてみました。
身長があるので遠目で見ると、これくらいあっても良いのでは、と言うのは
T子先生のアドバイス。

後ろ姿、全身


帯前はこんな感じです。
久留米絣に半幅帯
きものは久留米絣。

この帯は結構、幅のある方なので普通の帯のように見えます。
ここでは 帯締めだけ使っていますが、これに帯揚げをすると前から見たら
全く普通の帯ですね。

さあ、今年の夏は半幅帯、活躍してくれるかな〜。
籠持って、日傘さして鎌倉辺りを散策しましょうか・・・初夏のお出掛けも
楽しくなりそうですね。

T子先生、ありがとうございました。


春の銀座の和トセトラ

ようやっと春らしい陽気になったこの日、こちらに行ってまいりました。

和トセトラ
松屋で開催中の和トセトラ

まずは、腹ごしらえ レストラン・イシダにて
前菜
前菜、4種

魚料理、鯛
メインは魚料理を選びました。この日は鯛。

デザート
デザートも好きなものを4種選べます。


銀座はもしかして1年ぶり?
昨年のこの催しもの以来かもしれません。
ご一緒したのは、T子さんとF子さん。
気温20度のこの日、お二人は揃って牛首紬の単衣、あるいは胴抜き仕立て
でした。昼間はそれで正解でしたね。

牛首シスターズ、
牛首シスターズの後ろ姿

前帯はこんな感じ
風子さん、牛首紬

知子さん、牛首紬

最近は牛首紬らしい牛首紬が少なくなってきた、と嘆くお二人に私は
そもそも牛首紬を持ってないので、ああこういう季節に1枚あったら
重宝するだろうな・・・と思いつつ眺めておりました。

さて、会場では田中御大の帯でお世話になった月日荘さんも出してらして
インドの更紗帯が素敵だったのですが・・・

お持ち帰りしたのはこの子。
久留米絣に博多帯
「壱の蔵」さんで見つけた白い夏用博多帯です。
単衣の久留米絣に合わせてみました。

これからの季節、なかなか使えそうで、満足なお買い物でした。

この日の私は
山田織りに正倉院の森帯
新潟、山田織りのきものに「正倉院の森」というネーミングの帯
帯揚げは黄みがかった緑、帯締めはくすんだピンク。

山田織りきものに正倉院帯、お太鼓
お太鼓。この帯は前と後ろの表情が変わるのと、トボケた鹿の表情が
好きなお気に入りの1本。写真では真っ黒に写ってますが、もう少し
優しい墨黒です。

山田織りに英羽織り
英さんの裏なしの羽織を着ました。
昼間は必要なくても、夕方の風にはやっぱりあって良かった。