FC2ブログ

SANT PAU

スペイン旅行してきた姉から板チョコを貰った話は書きましたが
実はお土産はそれだけでなく、こんなものも・・・


サンパオ病院2

「サンパオ病院」の写真集です。

「サンパオ病院」ってご存知でした?私は全く知りませんでした。
スペインのバルセロナといえば、サグラダファミリアがあまりにも有名
ですが、姉は「こちらの方がもっと凄かった」と絶賛していました。

こちらはガウディーのライバル、ドメネク・イ・ムンタネーという建築家
が建てたもので1997年に世界遺産に認定されたそうです。
しかも 2009年まで実際に病院として使われていたそうで、それも
また驚きです。
何で驚くかといえば、見てくださいこれを。


サンパオ病院8



      サンパオ病院1


美しいですね〜、まるで美術館です。


      サンパオ病院3


サンパオ病院7

しかも、1棟ではなく広い敷地内に何棟も建っていて、同じものが
1つとないというのだから、尚凄いです。

ここは、産婦人科病棟、ここは内科病棟、外科病棟と別れているの
ですね。


サンパオ病院6


サンパオ病院4


サンパオ病院5


20世紀まで、プロの看護師はいなくて患者の面倒をみていたのは
修道女だったとか、すべての建物は一日中太陽が当たるように
造られている。とか興味深い事がたくさんあるのですが、なにしろこの本、
スペイン語なので・・・

もし、バルセロナに旅する機会があればぜひ行ってみたい所の1つ
ですね〜。
それにしても、世界は広くていろんな人がいて、まだまだ知らない事が
いっぱいあるのだな・・・とつくづく思うのでありました。






京都スナップ

今回の京都は夫と二人だったので、一人気ままな自由時間はほぼなし。
シドの個展といくつかの打ち合わせで、2日間はあっという間に
過ぎてしまいました。
それでも、ここは京都です。東京とは違う風情がそこここに。


東山を望む
BSに「ホテルの窓から」という番組がありますが、まさにホテルの窓
からの景色。鴨川を挟んで東山が一望でき、清水寺や知恩院さんの
大きいのには驚きました。大文字山やその他、いろいろ一眺めです。



桂小五郎さんとツーショット
泊まったホテルはその昔、長州藩邸だった所。
幕末のあの混沌に思いを馳せながら、桂小五郎さんとツーショット。
今も昔も若者は自分の信じるものを探し求めて右往左往。
それにしても京都の街は時代の深さを感じます。
ここから歩いて行ける所に本能寺もあります。
日本史に残る大きな事件があった所が、あちこちに。
京都でタイムスリップしたら、えらいことになるだろうな〜。



舞子さん、歌舞伎へ
朝から舞子さんや芸妓さんが団体でホテルのロビーに集合。
どこへ?と思ったら、外の観光バスに乗るではありませんか。
バスには「南座、歌舞伎」の文字が・・・。おお、これから歌舞伎を観に
行くのね。確か今、獅童さんと松也さんの新作歌舞伎「嵐の夜に」を
やってるはず。評判いいらしいです、あれ。
バスの後ろには一般の人も乗ってましたから、こんなツアーもあるのね。
覚えとこ。



苔が素敵、2お抹茶
左は法然院さんの庭、苔むした大地がいいですね〜。
右は哲学の道で入ったお店。お抹茶とお甘でほっと一息です。
私が店にいる間中、前を通ったり中に入ってきたのは、欧米人ばかり。
そう言えば、ホテルにはドイツ人多かったな〜。



京都の味は私好み。
岩倉ミケさんに教えてもらって行った「まんざら亭」、美味しかったです。

まんざら亭、突き出し



お麩の田楽
お麩の田楽。京都のお麩、もっちりして美味しいですよね〜。



漬け物
この盛りつけ、漬け物もお洒落に見えます。
本当は丸いお皿に盛るのが普通なのですが、私が写真を撮っていたので、
板さんが意識したそうです。ブログに載せると言ったら喜んでました。



カマンベールチーズ
このカマンベールチーズ、西京味噌とみりんに漬け込んだものだそうで、
お酒のおつまみに最高!と夫も喜んでました。
3日も漬けると中まで染み込むそうです。
黒く点々と見えるのはバルサミコ酢。



牛タン
京都牛のタンを焼いたもの。京都牛っているんですね、初めて知り
ました。刻んだ長ネギをたっぷり乗せて。
夫は初めて「なかなか」という麦焼酎を頼んだのですが、美味しいらしい
です。「買って帰る」と騒いでましたが、京都にはないらしく、東京の方が
手に入りますよ。と言われてました。(笑)
因みに、舞子さんや板さんに京都出身の人はいないのだとか。
みなさん、地方から来ているのですねぇ。



今回の京都の旅、駆け足ではありましたが、久しぶりの街を堪能しました。
ミケさんと京都タロットの打ち合わせも出来たし、原画展をやる場所も目星を
つけて、中身の濃〜い2日間でありました。
お世話になった皆様、ありがとうございました〜。









「The gate is open」 京都

我が心の師であるシド・マリークラークさんの個展に行ってきました。
「The gate is open」と銘打たれた今回の展覧会は私の大好きな
哲学の道のすぐそばの法然院さんです。


こんななだらかな坂を登ると
法然院、坂


       左手に山門が見えてきます。
       山門


風情のある茅葺き屋根の山門
三文前


山門をくぐるとこんな感じ
三文入った所


そのすぐ右手にある講堂が今回の会場です。
個展会場
なんとここは、その昔、僧達の浴室だったのだとか。


会場風景
会場風景



和紙に墨のコーナー
和紙に墨のコーナー

今回はほとんどが新作で、点数も多かったです。
相変わらず精力的に、でもシドらしく静かな作品に大いに刺激を
受けました。

私が惹かれた作品は
好きな作品
彼が海に潜った時のイメージを絵にしたもの。
何色もの蒼が・・・美しい。


       そして、ちょっと驚いたのが こちら
       空っぽの舟
「空っぽの舟」
先日、「空っぽの引き出し」をブログに書いたばかりだったので、この
シンクロにビックリ、というか「やっぱりぃ?」という感じでした。
「空っぽの舟」が出来上がるプロセスも伺いましたが、要約すると
「気付き」だったという事で、今いろいろな人が「本当の自分とは?」
という疑問に突き当たっているのでしょうか?

見れば見る程、不思議な絵でポカンと浮かんだその舟には上も下も
なく、前に行くのか後ろに下がっているのかも分からず、ただ静かに
そこにあるのでした。

そのうち、あるのかないのかも分からなくなる・・・そんな感じ。

結局、自分もそんな「もの」なのかもしれない。
うーん、哲学ですね〜。



ひとしきり、心地良い「空」に浸った後は

お約束のお手々繋いで、ツーショット。
シドとツーショット

シドと会うと、素直に子供に返ってしまう私。(笑)

こちらは山門前での二人、うふ、ちょっといい雰囲気。
山門前でツーショット


この日は朝から雨が降ったり止んだりでしたが、雨に煙る法然院も
風情があって素敵でした。
私にとっては浄化の雨だったような気がします。
爽やかなパワーをもらって、さあ チャージ完了。
明日から、また頑張りましょう。



シド・マリークラーク in 京都・法然院
「The gate is open」
2015.9.15(火)〜20(日) 10:00〜16:00
法然院:京都市左京区鹿ヶ谷御所の段町30番地
問い合わせ:スターポエッツギャラリー、今村ひとみ 080-4339-4196












ハワイ滞在記、その7

過ぎてみれば、あっという間の3週間でした。
あまりにも、いろいろな事があり過ぎて、長くも感じられ
何だか不思議な時間の感覚でした。

Sちゃんとママも少しづつ、自分たちのペースを作り始めたところで
私は後ろ髪を引かれながら、帰国の途につきました。


ソフィーの靴下


心配しだしたらキリがないので(始めは心配だらけでしたが
・・・) 友人のアドバイスもあり、私は心配を手放しました。
泣いても笑っても、娘はこの地で子供を育ててゆかなければ
なりません。


       ママとソフィー


何よりもまず、娘を信じて「よく頑張っているね」と応援して
あげることが、唯一私に出来ることでしょうか。


       ハワイの花火


今は3人の幸せを 遠く日本から祈るばかりです。


<完>







ハワイ滞在記、その6

外食はほとんどしませんでしたが、時々ランチには行き
ました。
では、思い出のランチのlineupを


海老とアボガドのサラダ
ニーマンマーカスの中にあるマリポサで「海老とアボガドの
サンドウィッチ」


牛肉のサンド
カハラヒルトンで海を見ながら食べた「牛肉のバーガー」
生のオニオンが美味しかった。


帆立と海老のピラフ
近所にあるタンゴというお店で「帆立と海老のピラフ」
これはヒットでした。


フルーツののったパンケーキ
タンゴに行くと必ず食べたくなる「フルーツののったパンケーキ」
バニラアイス付き


シーフードカレー
「シーフードカレー」ココナッツが効いてるー。


チーズたっぷりのハンバーグ
チーズたっぷりのハンバーガー。


朝食には毎日、これが欠かせません。
パパイヤ
こちらでは、美味しくて超お安いの。


そして、最高のご馳走はこれ、

ロウニンアジ

婿さんが釣ってきた、ロウニンアジ。
キレイにさばいてくれて、マリネして焼いて食べます。
好物のパクチーをたっぷりかけて。
淡白な味で、美味しいです。

目の前のアラモアナのビーチで釣ってくるんですよ。
他に河豚とかも釣れるんですが、南の河豚はどうなんかな?
食べたことはないそうです。毒がこわいしね。
ロウニンアジは何度か釣ってきてくれて、和風に煮付けも作りました。

和食がないとダメな私。
日本からお出汁や昆布や佃煮や海苔や、日本風味のものを
たくさん持って行きましたが、やっぱり水も違うし、野菜もちがうし
煮物も日本で作るようにはいかないのよね。
近くに「nijiya」という日系マーケットがあって、いなり寿司のお弁当
とかおはぎとかあって買いにいきました。
娘に言わせると「あそこはちょっと割高で日系人のじーさん、ばーさん
しか行かない」そうですが・・・(笑)


<つづく>