FC2ブログ

ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

風の時代を生きる

何だ 星占いか〜と言わないでください。
このところの世の中の情勢が、あまりにも激しく変化するので
思わず納得してしまったのです。

2020年は風の時代に入るのだそうで、今までが地の時代だったの
ですが、240年に一度の大きくエレメントが変わる時なのだそうです。

地というのはお金やモノの豊かさが基準だった、地位、安定、経済、
物質といった文字通り地に足のついた時代だったのが、何といきなり
正反対の風、つまり精神性、叡智、個性といった目には見えないものが
重視される時代になるというのですから、これは大きなパラダイムシフト
ですよね。

お金よりも情報、物よりも人脈とかが大切になってくるみたいです。
オンラインでリモートワーク、電子マネーなんていうのはまさに風の時代の
象徴のようなものですね。これからもっと進んでいくのでしょう。

この大きなパラダイムシフトは、星の位置が大きく影響しているのだそうで
例えば、木星、土星、が重なって、これは破壊と再生を表す、とか。
占星術のことは詳しくないので、ご興味ある方は「風の時代」で検索すると
たくさん出てきますよ。

さて、では不安定な風の時代をどう生きていけば良いのか?
私なりに考えて見たのですが、今までの自分の生き方を考え直すチャンスと
捉えてみる。
と言っても、たいそうな事ができる訳もなく、まずは自分の身の回りから・・・
取り敢えず風通しを良くする為に家の中を片ずけています。
何年も前の必要なくなった仕事関係の書類とか本とか、何年も着ていない
(いつか着る日がくる筈状態の)服とか。
今までの価値観を見直して本当にこれは自分に必要なモノ?コト?かどうか
見極める作業を少しづつしています。
情報もそうですね、あまりにも多すぎる情報に翻弄される必要はないのです。
必要な情報は向こうからやってくる、ぐらいに思っています。

それには自分をニュートラルにしておくコト、自分がブレない事が大切。
ブレない為には自然に触れて、丁寧に暮らすのが大切なのではないでしょうか。
自分の直感や感性を大事にする。深い呼吸をする。人をジャッジしない。
ポジティブな考えを持つ。執着を捨てる。
上げていったらキリがないですが、1日に1つでも出来たら良しとします(ここは
甘く・笑)

宇宙からの強制ストップがかかった今、破壊と再生の真っ只中ではありますが
必ず、新しい形で復活を遂げると信じて頑張って、あ、いやいや頑張りすぎず
風に身を任せてみる・・・あるいは、風に乗ってみるのはどうでしょうか?


IMG_5258.jpg
いつもの散歩道。石段と草の対比が面白い。



私の猫額畑

とうとう全国で緊急事態宣言が解除されました。
でも、私の気持ち的には、あまり変わりありません。
急ぎの用もないのに、出かけようとは思いませんし、出来るだけ
お家にいて(仕事は別ですが)この数カ月で再認識した「丁寧に暮らす」ことを
実践してゆこうと思うだけです。
(でも、歯医者の定期検診には行かなきゃな〜)

人間界が騒がしくとも、自然は刻々と移り変わり、小さな畑の
植物たちもすくすくと育っています。

IMG_5228.jpg
小さなトマトの実はまだまだ緑色です。

IMG_5229.jpg
胡瓜はここまで大きくなりました。もう少しで収穫かな。

IMG_5230.jpg
こちらはバジル、花が咲き始めました。

IMG_5227.jpg
これはシャンサイ(パクチー)、驚いたことに冬越しして花を咲かせ、
実も付けています。強いんだな〜中国野菜。

IMG_5237.jpg
鉢植えにしたオクラ。真ん中にもう蕾を付けています。
ハイビスカスのような花が咲くというので楽しみ。
でも、まだこんなに小さいのにちょっと早いんじゃないかしら?

IMG_5232.jpg
これは別の場所にあるレモンの木。
今年も花をいっぱい付けて、レモンがたくさん生りそうな予感。
毎年、実の数が増えていきます。

雨に打たれ、風に吹かれ、強い日差しにも文句も言わず、ただ己の
生を受け入れる植物を見ていると素晴らしいなぁ、と思います。
私もそんな人間になりたいのですが・・・






「Mana'o Aloha」

次女家族の住むハワイも6月までロックダウンしています。
孫が通う幼稚園でも日本と同じく課題が出される日々。
ある日、課題を取りに行くと・・・何と園舎までの道が何ともカラフル。

IMG_5214.jpg

IMG_5217.jpg

幼稚園の先生が訪れる子供達のために描いたそうです。

IMG_5218.jpg

ハワイのお花が描かれた側には、世界中の言葉で「ありがとう」が
書かれています。

何とも素敵なサプライズですね。
きっと先生の早く子供達が元気に通ってこられますように!という
願いが込められているのでしょう。

IMG_5213.jpg
お姉ちゃんについて行った、おまけのハワイアンボーイ(笑)


ハワイ州からは時々、こんなものが送られて来ます。
こちらも早く観光客がハワイに戻って来ますように・・・という願いが
込められているのでしょう。
Robert Cazimero 「Mana'o Aloha」



伝説のハワイアンミュージシャン、ロバート・カジメロさんのお声、さすが素敵
ですね〜。



アレクサが来たぞ!

少し前の話になりますが・・・
今年の母の日には、こんなモノをもらいました。

IMG_5158.jpg

なんだと思います?

なんと、Amazonの Fire TV Stick というものです。
Alexa対応音声認識リモコンなのだそうで・・・ 初めはなんのこっちゃ?でしたが

まあ、使ってみてビックリ。

電源アダプタやらUSBケーブルやらをTVに繋いで(もちろん、設定は婿さんが
やってくれました)
このリモコンのマイクの所を押しながら
「アレクサ、今日の天気は?」
「アレクサ、アマゾン・ミュージックでレディ・ガガ お願い」
「アレクサ、映画『マイ・フェア・レディ』お願い」
これでいいのです。
な〜んて簡単なんでしょ。

IMG_5169.jpg


しかし凄い時代になったもんです。
自分がTVに話しかける日が来るとは、思いもしませんでした。
しかも返事が返って来るのですから・・・

面白かったのは、孫たちの反応。
4歳のH君は、いきなり「アレクサ、大好き!」と言いました。
アレクサは何と答えたと思います?
「フフフ〜♪、フフフ〜♪、私も大好きです」
(♪の部分はハミングです・笑)

大人はハナから機械だと思っているので、絶対こんなことは言いませんよね。
子供の発想って凄いなって思いました。
今でこそ慣れましたが、最初は無機質なものに話しかけるのって結構、違和感が
ありましたが、子供たちは最初から、受け入れていました。
この子たちを見ていると今にSF映画のように、ロボットと暮らす時代が来るのだろうな
と思えてきます。

そして、私よりアレクサの恩恵を受けているのがうちのジーサンです。
初めは躊躇しながらマイクに話しかけて「すみません、よく聞き取れませんでした」
とか言われてましたが、今や堂々と「アマゾン・ミュージックでトニー・ベネット、お願い」
とやってますよ(笑)






Happy face

冷蔵庫を開けると目が合う人たち(?)がいます。

それはこちら
IMG_5151.jpg
スマイルくん、「今日も1日頑張ろう!」

IMG_5152.jpg
ゆうわくさん、「私を食べて〜ん💕」

IMG_5153.jpg
安心くん、「大丈夫、大丈夫」

ゆで卵には、こうして顔を描いておきます。
結構、彼らから元気をもらってます(笑)




愛してやまぬ藍

IMG_5129.jpg
藍染のストール

IMG_5135.jpg
藍染の帯

IMG_5131.jpg
藍染のTシャツ

と、私が無類の藍好きであることは、長くブログにお付きあい頂いている方は
ご存知と思いますが・・・

とうとう、というか、ついにというか
出会ってしまいました、「藍染めのマスク」

IMG_5144.jpg

世の中に藍染のマスクは、山ほどある中で「あ、これだ!」と私のアンテナに
ピッときたのがこちら。

IMG_5132.jpg

島根県にある1870年創業の藍染紺屋。
現在は5代目、天野尚さんが代表を務めています。

最盛期には、久留米絣、伊予絣と並ぶ日本三代生産地と称され多くの
紺屋が染めの技術を競い合ったと言われるこの地ですが、今は広瀬に
唯一の紺屋となってしまったそうです。
そんな話を聞いたら、なおさら応援したくなるではありませんか。

藍の色が美しいのは見てのとおりですが、着けるとフィットしてカッコイイ
んです。しかも、使うほどにフィット感は増してゆくそうです。

IMG_5143.jpg

これから暑くなってきても、まだまだマスクは手離せないようです。
どうせするならマスクも、お気に入りをしたいと拘る私でありました。


島根県安来市広瀬町広瀬968
0854-32-3384

天野紺屋


Bee Eco Wrap を作る

日頃からラップを使っては捨て、使っては捨てることに心を
痛めておりました。
何か他に食品を保存するのに良い方法はないか?と思っていたところ、
ハワイの娘が「Bee Eco Wrap 」なるものを教えてくれました。

文字通り、蜜蝋で作る食品の保存布です。
さっそく作ってみました。

まず、アマゾンで蜜蝋の粒タイプを購入。
IMG_4939.jpg

布を用意。アイロン台の上にクッキングペーパーを敷き、その上に布を置き、
IMG_4943.jpg

その布の上にパラパラと蜜蝋を撒きます。
IMG_4944.jpg

その上に再びクッキングペーパーを置いて
IMG_4945.jpg

上からアイロンをかけます。
IMG_4946.jpg

アイロンの熱でジュワーッと蜜蝋が溶けて布に染み込みます。
IMG_4947.jpg

全体に染み込んだらOK。しみない所はさらに粒を足してアイロンを
かけましょう。
クッキングペーパーをめくって、乾かしてからホホバオイルをスプレー、
または塗り込んだら(抗菌効果があるのだそうです)出来上がり。
IMG_4948.jpg


IMG_4956.jpg
こんな風に食べかけのリンゴを包んだり

IMG_4955.jpg


IMG_5020.jpg
こんな風に余ったスナップエンドウを包んだり

IMG_5019.jpg

そうそう、中身が見えないので
IMG_5022.jpg
テープに名前を書いて貼ったらいいかもしれません。

余り布、可愛い布で作ると冷蔵庫を開けた時、カラフルで気分が
上がる・・・かも。

使用後は水洗い。熱いお湯はNGです。お日様に干すのもNGです。
使っていない時の保管場所は畳んで冷蔵庫の中に。
使っているうちにシワができるかもしれませんが、それも経年変化。
丁寧に使えば1年くらいはもつそうです。

そんな面倒な事をしたくない方は、もう出来ているものもあります。

Bee Eco Wrap

実はここのラップも買ってみました。本物がどんな感じか知りたかったので。
こちらのは、ホホバオイルの他に植物由来の天然樹脂も含まれていて、私の作ったものより
もっと粘着力が強く使い易かったです。でも、ちょっとお高い。ので、やっぱり自分で
試行錯誤して作ってゆこうと思いました。

いろいろ制約が多くて、レンジにかけけられないとか、使った後に洗わなきゃならないとか
ありますが、それを面倒と思うよりもラップを使い捨てするストレスから解放されたほうが
大きいかな・・・と思います。

ところで、こんなものも見つけました。

IMG_4941.jpg
こちらはシリコンの蓋です。

ラップ並みに容器にベタッと着くので、こんな風に
IMG_4957.jpg
残り物の蓋に使えて便利です。
こちらはシリコンなので、半永久的に使えるかな。

地球の温暖化を止めるためにも、皆さま、再生可能なものを選んでみては
いかがでしょうか?
持続性のある原料を使っているものを選ぶことで、森林を守り、川には
きれいな水を、そして生態系を支える環境を保護してゆく活動につながって
ゆく・・・のではないでしょうか?





また、逢いましょう

本当は6月に孫たちに会いにハワイに行く予定でした。
残念ながら、6月はまだ無理でしょう。
それでも、今はラインで繋がって毎日のように、写真や動画を
送ってくれるので姿が見られて幸せです。
(でも、本当はぎゅーっと抱きしめたい)

IMG_4993.jpg

ハワイは観光が主なのに、今は・・・

ハワイ州からのメッセージ



空港に降り立った時、鼻腔をかすめるココナッツオイルの香り、
椰子の葉のサワサワという音、潮風、スコールの後の虹、全てが今は思い出。
いつでも行けると思っていた、いつでも会えると思っていた。
懐かしいハワイ。

会えないのは寂しいけど、いつか、また会える日がくる。
その日まで・・・

地球の日

今日4月22日、アースディ「地球の日」です。
ある女の子の文章をシェアします。

「こんな大変なことが、ものすごいいきおいで起こっているのに
私たち人間ときたら、まるでまだまだ余裕があるようなのんきな顔を
しています。まだ子どもの私には、この危機を救うのに何をしたらいいのか
はっきり分かりません。
でも、あなたたち大人にも知って欲しいんです。
あなたたちもよい解決法なんてもってないということを。
オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
そして、今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、
あなたは知らないでしょう。
どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」

これはカナダに住むセヴァン・カリス・スズキという12歳の女の子が
1992年の地球サミットの時、「子供の代表として私にも話をさせてほしい」と
飛び入り参加した時のスピーチです。

28年前・・・私は何を考えていたでしょう?
37歳、家族の事や仕事でいっぱいいっぱいで地球のことなんて考えてなかったな〜
恥ずかしいです。12歳にしてこんなに真剣に考えている子供がいたんですね。
遅いけど・・・いやいやまだ遅くはない。
今からでも・・・

yjimage.jpeg


皮肉な話ですが、新型コロナウィルスが地球環境の悪化にブレーキをかけて
いるそうです。
世界中で人々が移動制限や生産活動の制限をしている結果、二酸化窒素の
高濃度地域が消えて大気がきれいになっているのだとか。
そういえば、お散歩コースから見える富士山が裾野までクッキリ見えました。
こんなことはお正月以来です。

コロナの影響がなくても、普段からもっと地球のことを考えて「地球を癒す日」
を決めて自動車や航空機の排気ガスや工場の高温燃焼をやめる日という
のを作ったらどうなのかな・・・。
つまり人のための休日ではなく、地球のための休日。
このアイディア、どうでしょうか?
(もちろんこれはアフターコロナの話ですけどね。)




マスク進化系

やっと自分のマスクができました。

IMG_4919.jpg

しかもこれ、進化してるのです。

IMG_4920.jpg
市販のマスクを使用後、洗って分解して見ると中に濡れても大丈夫な1枚を
見つけました。(上の写真)

これをマスクの表布と裏布の間に挟んで縫います。
IMG_4890.jpg

上の写真では一番手前にきているのが、そのシートです。
縫い終わったら返すので、これが真ん中に挟まれることになります。

IMG_4912.jpg

んー、どうだろう?
実際に何回か洗ってみないとこのシートがどれだけの耐水性があるのか
分かりません。まずは試運転ですね。

IMG_4917.jpg


外出する時は、日差しの強い日はサングラス、これに帽子も被ります。
完全に怪しいおばさん(笑)

「Abenoマスク」が小さいと巷では「Betunoマスク」なるものが、話題になっているとか。
つまり Abenoマスクを、分解して 別のマスクを作るのだとか・・・
ガーゼもマスクゴムも不足しているので、そういう意味では「Abenoマスク」ありがたい
ですね〜。 早く届かないかな・・・
分解して、さらに進化系のマスクを作りたい! と燃えるおばさんなのでありました。