ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

只今、進行中

祇園祭りの余韻が残る京の街に行ってまいりました。
その日は雲り空に時折の雨がザーッと。
でもそのお陰で「暑い京都」を覚悟していた割には嬉しい
肩すかし。

以前にもお話しました「京都タロット」のアートピースを作る
というプロジェクトが本格的に始まりました。
本日は(株)大入さんにてミーティングです。

アートピースというのは、普通の一般的なタロットカードではなく
私の絵に焦点を当ててアートとして見る方に重きを置いた、
でも実際にカードとしても使えるものです。
平たく言ってしまえば、マニア向きとでも言いましょうか。

(株)大入さんは京都の経師やさん。
手がけていらっしゃるのは国宝級の掛け軸、書画などの修復や複製の
制作など、それはそれは凄いことをやっていらっしゃるのです。
何でそんな所にご縁が繋がるのか、これも「京都タロット」の七不思議
ですねぇ。

大入さんと複製画
工房にて浮世絵の複製を見せて頂いているところ。
大入社長、後ろからごめんなさい。

「大入」というのは会社名かと思ったら、社長の本名なのです。
それがそのまま会社名になっているのですね。
縁起の良いお名前です。
ご本人は一言でいうなら、大黒様のような方。
やっぱり縁起が良いです。(笑)


ミーティング中
ミーティング中の様子。


この日は4時間近くの長時間のミーティング。
いろいろなアイディアや意見の応酬で中身が濃かった。
担当のYさんはデキル女性。
こちらの質問にテキパキと的確にお答えになる姿が頼もしかったです。
こういう方なら安心してお任せ出来ます。

そして皆様の熱心さには頭が下がるばかりです。
このタロットを愛し、本当に良いものを作ろうとしているのが伝わって
きて、ミケさんも私も胸が熱くなりました。

はてさて夢を形に、第二ステージのまずは始めの一歩を踏み出した
ところ、これからの進行が楽しみであります。

どんなカードになって、どんな箱に収まるのでしょう?
それは単にタロットカードを収めるのではなく、夢や希望、果ては
小さな宇宙の詰まった「箱」になるといいなぁ〜。


<おまけ>
余花庵さん
こちらは、来年4月に「墨アート」の個展をする「余花庵」さん
「よかあん」と読みます。もともと古美術を扱っている雰囲気のある
素敵なギャラリーです。それまでに「京都タロット」のカードセットも
完成し、ここでお披露目出来るといいなと思っています。
皆様、応援してくださいね。
あれ? このセリフ 最近誰かさんが言ってたような・・・(笑)




「髑髏城の七人」

行ってまいりました、劇団☆新幹線!
お友達のブログでいつも読んでいて、いつかは観てみたいと
思っていました。

髑髏状の七人
(すみません、パンフレットを写メしたのでちょっとお見苦しい)

「髑髏城の七人」Season鳥   作・中島かずき、演出・いのうえひでのり 
出演:阿部サダヲ、早乙女太一、森山未來、松雪泰子、清水葉月、梶原善、
池田成志、粟根まこと、福田転球、etc,etc

いや〜、面白かったです。客席が360度動くのです。
IHIステージアラウンド東京。演劇と遊園地のアトラクション
の融合みたいな。凄い演出、凄い舞台装置(と言うのか客席装置というのか)
でした。

しかし、大変なのは役者の皆さん。
360度、走り回っていました。
普通だったら一場面終わったら舞台の袖にはけるのですが、そのまま客席が動き
舞台が続くのでなかなかはけられない。(笑)
歌、踊り、殺陣、+ ランニング 、なるほどこれが新幹線の名前の由来ですね。

阿部サダヲさん、好きな俳優さんです。「捨之介」ピッタリな役でした。
早乙女太一さん、さすが殺陣は美しかった。
森山未來さんがこういう役をやるのは意外だったな〜。
同じ「髑髏城の七人」でも前の「花」とは演出が全然違うらしいです。
さらに「風」「月」と続くのですね。
そっかー、花鳥風月なんだ。(今更気付く・笑)

会場のエントランス
エントランス風景、圧倒的に女性が多かった。


好奇心旺盛な私を満足させてくれた初新幹線でした。



さて、これからいらっしゃる方のために
食べ物と飲み物は持参した方が良いです。
小さなカフェもあるのですが、食べ物はサンドウィッチのみで
売り切れてしまうこともあるようです。
自販機はありません。(ゆりかもめ、市場前駅が一番近いです。
駅には自販機あります。銀座からのバスもあるみたい。)


「最高の花婿」

久しぶりに声を出して笑いました。
「最高の花婿」フランス映画です。原題は「Qu'est-ce qu'on a fait au
Bon Dieu?」という長いもので、フランス語の堪能なお友達に聞いたら
「私達がいったい神様に何をしたというの?で、どうしてこんな目に
合わなきゃいけないの?」という意味らしいです。
もう題名がすべてを語っています。
4人姉妹を持つ夫婦の悲劇というか喜劇というか・・・

まず予告をご覧ください。



説明の必要もありませんね(笑)

ともすると重くなりがちなテーマをフィリップ・ドゥ・ショーブロン監督は
ユーモアと笑いと哀歓を込めて描いていて、笑いながらも最後は感動しました。
人間って素晴らしい!と思える映画です。
そして親というのは、結局子供を受け入れるしかないのね・・・と。
これはどこの国でも同じなんだな〜。

かく言う我が家も次女の婿は外人でして・・・
夫が初めて彼と会った日の夜「何でなんだ! 何であいつなんだ?」と
遠吠えしていたのを覚えています。(笑)
「5年たったらもう一度来い」という夫の言葉に素直に従い、本当に5年待った
彼らはめでたく結婚し、可愛い子供も生まれた今は、夫と婿は仲良くサウナに入る
仲です。だから尚更、この映画の夫婦の気持ちが手に取るように分かりました。

異文化を認めるのは大変ですが、でも異文化を味わえばいい。という考え方もあるの
ではないでしょうか?

この映画のお父さん役の俳優さん(フランスでは有名な方らしいですが)が良かった
ですねぇ。そして四女の婿のお父さん、もう抱腹絶倒もんです。

監督がインタビューで「メッセージを伝える最良の武器は笑いだ」と言っているの
が印象的でした。
映画はもう終わっているので、観たい!と思った方はDVD借りてください。


七夕祭

短冊

七夕の夜に友人に誘われて、七夕祭に行ってまいりました。
場所は出雲大社、六本木分室。
東京の六本木のど真ん中に出雲の神様、いらしたんですね〜。

御祭神は大国主命、縁結びの神さまとして有名です。
神主さん曰く、縁結びとは男女の縁だけでなく、仕事の縁、
友達の縁、家族の縁などいろいろなご縁を繋いでくださるのだそうです。
最近、良いご縁に恵まれてないな〜と思われる方お参りしてみては?

結局、人間は1人では生きていけない。
縁あって初めて成り立っていけるのだなぁとつくづく思いました。
だとすると、良いご縁を頂くことが幸せの近道ですね。

さて夜の神社は初めての体験でしたが、薄暗闇の祝詞はそれは幻想的で
なかなか美しいものでした。
7月7日の午後7時、大国主命から大きなご縁を頂けた気がします。

出雲大社、東京分室、七夕祭
(この画像は出雲大社のH.Pより)



この日は七夕ということで、笹の葉柄のきもので
笹の葉柄のきもの
きもの、竺仙。帯は京都藤田織物の夏帯、芯なし。
帯締めは黄色の4分紐。帯留めは偏光ガラスで透明になったり黄色になったり。
帯締めは青と白の変形市松。






玉手箱

皆さまは玉手箱というと何を連想されるでしょうか?
すぐに思い出すのは、浦島太郎が乙姫様から手渡されたあの玉手箱かしら?

先日、こんな展覧会に行ってまいりました。
玉手箱

平安時代以降、大切な手回り品を入れる箱として使われてきた手箱。
中に入れるものが大切なもの程、美しく飾られ また神への捧げものとしても
中心的な具であったようです。

今まであまり興味のなかった玉手箱ですが、考えてみると「京都タロット」の
中でも玉手箱を描いているのです。
そう、冒頭に書いた浦島太郎です。

浦島太郎
人物カード「勾玉の帝」

そして、もう1つ「タマ」というカードがありますが、この絵の元となったのも
山幸彦・海幸彦神話。
その地に「玉手箱」として残る「松梅蒔絵手箱(まつうめまきえてばこ)」と
いうものも展示してありました。
この神話でも霊力のある玉「シオミツタマ」と「シオフルタマ」が出てきます。

タマ
「拾四・タマ」

[「タマ」という響きは魂、霊力を連想させる。
 人生を変容に導くタマ。「女性と霊力」をタマは象徴している。
 女性の愛を勝ちとることは、霊力を授かることと同義であり、人生に変容を
 もたらす恋の力は水晶玉をまさに今、渡されようとする、この瞬間の女性の
 姿そのものにある。
 男女間をはじめ、すべてのパートナーシップ、人間関係を本当に大切にする
 ことが、いかに人生に変容をもたらすものであるかを知っていく。]
 (「京都タロット」より一部抜粋、岩倉ミケさん記)

なる程「玉手箱」、玉なる手箱が私達に、美しさと同時にこの蓋を開けたら
どうなるんだろう? 何が入っているんだろう? というワクワク感、ドキドキ感を与えるのは
神話から繋がる長い歴史があってのことかもしれません。

ちょっと怖い、でも開けてみたい!と思うのは人の性。
私だったら目の前に玉手箱があったら、絶対開けちゃいますね〜(笑)

玉手箱2

さてこの展覧会、金蒔絵の華麗な技法やデザインの素晴らしさ、調度類の
繊細さなど、昔の人のその素晴らしい感性に改めて感心してしまいました。
箱の角をとったその何とも言えない柔らかな形にも魅了されます。

中には「京都タロット」を入れるのに、ちょうど良い大きさのものも・・・
ああ、そんな手箱にこのタロットが入っていたら、もう完璧ではないか
・・・と妄想にふけってしまう午後のひと時でありました。


玉手箱3
手箱とその中に入っていた化粧道具
雅な方が使っていたのでしょうか、櫛の歯の細かい事と言ったら





初夏のきもの

前回のつづきです。

お陰さまで梅雨の晴れ間(というかかなり晴れましたが)に恵まれて
喜ぶべき・・・かどうか・・・という微妙な感じですが(水不足は困りますので)
皆様、日傘をさして、さっそうとお出ましくださいました。
さてここからは、きもの好きの方お待たせいたしました。
今回の会にみえたお客様のスナップを

ゆきこさん、リコさん、れいこさん
すみません、うちの座敷童(孫)が2人ちゃっかり混ざっております。
Y子さん、R子さん、RUさんと

sakurakoさんと
「和小物 sakurako」の櫻子さんと


23日、リコさん、レイコさんと

知子さんと櫻子さん
イラストレーターの岡田知子さんは琉装(琉球風きもの)で
櫻子さんは粋な縞柄に渦巻き帯。

知子さん、背守り
岡田さんの背中には蝶々の背守りが。
これ、実は貝ボタンを付けたもの。アイデアですね〜

勾玉シスターズ2
左からKさん、Oさん、私、Nさん、絵美さん
皆様、白っぽいきものが爽やか。

勾玉シスターズ、ミケさん、私
こちらは洋間で岩倉ミケさんを囲んで。

武藤さん入り
左から絵美さん、私、フォトグラファーの武藤奈緒美さん。

幸子さんと絵美さん
絵美さんとマダムS子さん。

そして
この日傘を見てください。
武藤さんの日傘

かわいいでしょ〜?

櫻子さん日傘

こんな傘さしている方が前を歩いていたら、絶対声かけてしまいますね(笑)
持ち主はもちろん、別の方ですが傘はどちらも「旅する日傘」さんのものだそうです。




さて2日間の私のきものは
sakurakoさん、私、前帯
左:泉駒生布のきものに越後上布帯。
  帯留めは金さん銀さん(ガラス)の2個付け。
右は櫻子さん。自作の帯飾りと帯留めが素敵。

泉駒生布に越後上布帯
お太鼓


2日目は
24日のきもの、夏塩沢
夏塩沢のきものに帆掛け船柄の絽の帯。
じざいやさんのビビッドな青の帯揚げに水色の帯締め。
帯留めはピラミッド型(awai)
帯飾りはsakurakoさんのクリスタル。


夏塩沢に帆掛け船帯
お太鼓




京都タロットの会

昨年秋に京都でおこなった「京都タロットの原画展」
東ではやらないの?というお言葉を頂き、週末に2日間
お友達やタロット好きな方、タロット制作にお力を貸して頂いた方達
などに、お声をかけて原画展とタロット占いの会をいたしました。

場所は私のアトリエでもある長平庵。
そもそもタロットの絵達はここが、誕生の場ですから展示もしっくりと
馴染む訳ですよね。

コーナーの5枚

オロチ

これの為に原案者である岩倉ミケさんも、わざわざ京都から来て
くださいました。
原画展とはいえ、やっぱり皆様せっかくですから実際にカードを使って
みたいですよねぇ。
という訳でミケさん、到着するなり早速占い開始。
結局、京都の時と同じで2日間カードを読み解き続けていました。
お疲れ様です。

原画は「絵」ですがカードとなって実際にこうして使うことにより
それぞれの絵が生き生きとしてくるのが見ていて面白いな〜と
思いました。

クラマ、アマテラス

お伽系

そして何より興味深かったのは、タロットに詳しい方もそうでない方も
皆様、楽しそうに時には真剣にカードを引いてらしたこと。
そして目をキラキラさせて、こんなカードを引いたのよ、とお話し合って
ました。女学生のように・・・
こんな風にカードと遊んでもらえて、本当に嬉しかったです。
感慨深いものがありました。
1人で黙々と絵を描いていた時は、この場所でこんな日が来るなんて
想像もしませんでした。

床の間

文机

少しづつ少しづつ進化してゆく「京都タロット」
実は今、アートピースを作るというプロジェクトが進んでいます。
このタロットをプロモートしてくださっているスターポエッツギャラリーの
今村仁美さんの号令のもと、再びメンバー再結集。
これからは、このタロットを育ててゆく楽しみをじっくりと味わっていきたいと
思います。

お暑い中をお越しくださいました皆様に心より感謝申し上げます。


さて・・・
最後にこれからの京都タロットがどうなってゆくのか?を聞いてみました。

これからの事を聞く

剣の局は感情から離れて冷静な判断が出来る女性。
たろうは、多様な可能性、潜在能力。
創造の根源、まさにここから物語は始まるのです。
鏡の参は、熟練した賛同者を得て形を作る、というカード。

ふむふむ
明らかに鏡の参はミケさん、仁美さん、私ですね。
ここからまた新たなスタートをきるという事か・・・
そこには常に冷静な判断を持って。ということですね。
なる程、頑張ります(笑)

遊びをせんとや、生まれけむ・・・



明日はいらっしゃったお客様(今回はおきものの方に限らせて
頂きました)のスナップをご紹介しますね。






会津木綿

少し前ですが「未来塾」でコシノジュンコさんがやった南相馬での
ファッションショー。
ご覧になったでしょうか?
私はとても感動しました。というか元気を貰いました。

復興支援の一環として、すべて地元デザイナーからモデル、服の生地まで
オール福島で挑んだのです。
中でも福島のファッションを学ぶ学生達が応募したデザイン画の中から
コシノさんが選んだ5人の学生。
彼らに渡された布は会津木綿の反物でした。
この木綿はコシノジュンコさんがデザインしたもので、若者達はなかなか
斬新な服を作っていました。

こういう企画にはすぐ賛同しちゃう私、そして御歳77歳のコシノパワーに
圧倒された私、早速、青山の路面店に行ってきました。
今まであんまりコシノジュンコさんの服には興味なかったのですが(コシノさん
ごめんなさい)俄然、興味湧いちゃいました。
それに、この会津木綿なかなか素敵なんですねー。

私だったら、やっぱり帯にしたい。
という訳で買ってきました!会津木綿の反物。

会津木綿、反物

会津木綿証紙

実際、触ってみるとサラッとしていて、しっかりしていて良い生地です。

さー、これで名古屋帯を作りましょ。
お願いするのは、熊本の田崎染工さん(御大の帯を作って頂いた所です)
ささやかながら、復興支援の輪、広げます。


<おまけ>
その会津木綿で作られたエプロンも買ってきました。
反物をそのままの巾で紐を付けただけ。
サイドがない分、夏涼しそうです。

会津木綿のエプロン


小島秀子・織物展

小島秀子展、DM

美しい綾織りですね〜。思わず見入ってしまいます。
青山・八木さんから頂いたこのDMをどれだけ眺めたことでしょう。

ちょうどその日は版画工房アーティーさんで絵のデータ作りの用事があったので、
これは近い、これは行けってことだ。といつもの様に自分に都合の良い
解釈をして行ってまいりました。(笑)

店内に並ぶ織物達のどれも美しいこと。
布好きにはたまりません。
何点の作品があったでしょうか・・・そのほとんどがもう嫁入り先が
決まっていました。
先生の作品、人気なんですね〜。

小島先生とツーショット
小島先生と作品の前で、記念に撮って頂きました。

先生の作品からはどれも「今」を感じました。
つまり良い意味で軽いんです、色に光がさしている感じ。
昔の織り物ももちろん素敵ですけど温故知新というのでしょうか、
織りも進化しているのだな〜とつくづく感じました。
これは私にとって絵を描くうえで大きな刺激になりました。

いつの時代も進化して進歩していかなければならない。
何についても同じだと思いますが、それが廃れない為の極意とでも
言いましょうか、こういう作品を作る作家さんがいる限り、和装の世界も
生き残ってゆけるのではないかしら・・・。

小島先生、これからも美しい織りの世界「小島ワールド」を広げていってください!

「小島秀子 織物展」
2017年5月16日(火)〜 20日(土)12時〜19時まで
場所:港区南青山1-4-2 八並ビル1階
tel : 03-3401-2374
青山・八木、H/P


この日は夏日、1年ぶりの青磁色の飛び柄小紋(単衣)
飛び柄小紋に紅型帯
帯は城間栄順氏の紅型。
帯揚げは黄緑、帯締めはくすんだピンク。

飛び柄
白い蛍のような玉がランダムに飛んでいます。

城間栄順氏お太鼓
お太鼓

急に暑くなった日は、やはりいかに涼しく見えるか、と言う事に気を
使います。




西へ


昨年秋のタロット展でお世話になった「スターポエッツギャラリー」の
今村仁美さんが京都の上京区にサロンをオープンされたので、そのお祝いに
ビューッと京都に行ってまいりました。

DMの絵
DMになった、お二人のコラボ作品から

オープン記念展は我が師シド・マリクラーク氏(画家)と野口さとこさん(写真家)
のコラボ展。
え?これ絵なの? 写真なの?という不思議な世界。
タイトルは「Being Kyoto」縁が起きる古くて新しいつながりの都市で、お二人の
作品は見事に融合しておりました。


シドとさとこちゃんのコラボ
写真ではアクリル板が光ってしまって、その表情をうまくお伝えできませんが、
月を題材にしたものも多く、ミステリアスな雰囲気が素敵でした。

今回、私が惹かれたのがこの2枚。
水に写った光

月と松

どちらも野口さとこさんの作品で、和紙に写真を転写したり写真に絵の具で
手を加えたり、といろいろ工夫があって面白かったです。
ほらね、やっぱりシドに指導されると新しい何かが開けるのです。
シドはそういうティーチャーなんです。
思えば私が和紙に墨で抽象画を描き始めたのも、シドのお陰なのでした。

シドは絵の描き方を教えるのではなく、描き手の心を解放するのです。
そこから新しい「何か」が生まれてくるのですねぇ。
今までに出会ったことのない本当にユニークな先生だと思います。

それでは恒例のシドとのツーショット。
シドさんとツーショット、5月12日

京都タロットの作者、岩倉ミケさんと3人で
ミケさん、シドさん、私

全員集合!私、笑い過ぎ
全員集合、5月12日
一番左が今村仁美さん、シドのお膝に乗ってるのが野口さとこさん。
なんかもうファミリーですね(笑)

「シドさんとのコラボレーションは孤独を感じながら繋がっているという
心地よさを体験する時間でした」と言ったさとこさんの言葉が耳に残りました。

シド・マリクラーク×野口さとこ Exhibition -Being Kyoto-
5月11日(木)〜16日(火)まで
スターポエッツギャラリー:京都市上京区中務町491-71 二条城GALAXY601
TEL/FAX : 075-741-8894
MAIL : as@star-poets.com


この日のきものは
白鷹織りに夏帯、じざいや帯締め
白鷹織の単衣に下井紬の名古屋帯。
帯揚げは薄紫。帯締めは先日じざいやさんで頂いてきた
ターコイズ。

白鷹織りに水色夏帯、お太鼓
お太鼓。この下井紬は軽くて締めやすくて初夏にはピッタリです。