FC2ブログ

ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

異次元空間

以前、隣駅まで歩いて夫のコーヒーを買いにゆく話をしましたが
そのテラ・コーヒーの手前に古本屋さんがあります。

IMG_6652.jpg

前から気になっていたのですが、その日は そろそろ本棚の整理も
しなくては・・・と思っていたこともあって、コーヒーを買った帰りに
古本屋のガラスの引き戸に手をかけました。

そして、一歩入った途端・・・なんとも言えない不思議な気持ちに
なりました。

IMG_6653.jpg
入り口はよくある普通の古本屋なのですが・・・

ガラス戸一枚隔てて、外と中では全く空気が違うのです。
小さな店の中は本棚はもちろんですが、迷路のように本が並べてあって
もう その時点で私はすっかり魅了されていたのですが、ぐるりと本の壁を
回って奥まで行くと、三方を本棚(もちろん本がぎっしり)に、囲まれた
小部屋があって(床を見ると畳なので和室なのですね)その真ん中に

IMG_6656.jpg

こういう方が座ってらしたのです!

危うく二度見しそうになったのですが、失礼なのでグッと我慢して
何気なく周りの本を見るフリをしながらチラチラと、その本屋の店主と
おぼしき方のいでたちを 盗み見しました。
え、ここはどこ? 今は明治?大正?な雰囲気。
(帰ってから急いで描いたのが上の絵です)(忘れないうちに)

私の心は狂喜乱舞でしたね。
古本屋の主人として、これほどしっくりくる方がいるでしょうか?!
(もちろんこれは私の勝手な思い込みですが)

物静かな店主(・・・と決めつけてる・笑)は、私の「いつでも本を
お持ちしていいのですか?」の問いに
「どんな本ですか?」というお答え。
「まだ これから本棚を整理するのでわかりません。」と私。
「本の状態によっては、お受けできないものもありますが、どうぞお持ちに
なってみてください。」
と言って電話番号とお休みの曜日を書いたメモを渡してくれました。

その間中、私は「きっとこの人は本が大好きに違いない」とか「あんまり
携帯は見ないに違いない」「いや、携帯なんて持ってないかも・・・」と
勝手に妄想を膨らませておりました。

そして本を整理する(つまり減らす)と言っておきながら帰りがけに
目に入った(目が合ったというべきか)こちらの本を買ってしまいました。

IMG_6655.jpg

店主はマスクにメガネなので、全く顔の表情はわかりませんでしたが
やはり物静かに電卓を叩いて私に見せてくれました。
「250円です」
ひゃ〜、古本ってそんなに安いの?去年出版されたばかりだし、本も
キレイなのに? と心の中で叫びながら元の値の三分の一近くなったその本
を抱えて店を後にしました。

面白い店を見つけてしまった。
コーヒーを買いに行くときに、いやその前に本を整理して持ってゆこう。
頭の中では 次いつまたここに来ようか・・・とその算段でぐるぐる回っているの
でありました。



ボールパンツ

1161915895_photo.jpg

1634b49537e883fd30b60336b63ca45a.jpg

大橋歩さんと言えば、私たち世代には懐かしいですねぇ。
「平凡パンチ」の表紙絵をずっと描いていらした方です。
今はイオグラフィックという会社を立ち上げて、お洋服を
作ってらっしゃいます。

私はここのパンツが(パンツともガウチョともつかない)大好きで
もう10年近く履いているかしら・・・。

IMG_6538.jpg
こういう形です。

私の持っているのはウール素材で、私にとってこれはほぼ毎日の
制服みたいなものとなっています。
家事で立ったり座ったりしても膝は出ないし(ここ大事)、ウエストゴムで
楽チンなのに、素材が良いから外出着にもなります。

最初の頃こそ家族から「サーカスのピエロみたい」などと言われてましたが
見慣れてきたのか、いまでは「似合うね」と言われるまでになりました。
(継続の勝利・笑)

因みにこれはボールパンツとネーミングされていて、ほかに「バルーンパンツ」
や「ペンギンパンツ」などがあります。
どう違うのかというと、バルーンパンツの方がもっとまあるいシルエット、
ペンギンパンツは、股上がもっと深くなります。

自分に似合う形が見つかると、もうアレコレと冒険する必要もないし、気持ちが
楽になりますねぇ。
それでも、ついこの間までなんとかスカートが履いてみたくて頑張ったのですが
似合わないものは、どうやっても似合わない。
やっとそのことを受け入れて、無駄な時間を使うことに終止符が打てました。
これを、諦めというのか進歩というのか・・・

大橋さんは私より少しお姉様。
エッセイなど読むと、その文章にお人柄が出ていて、すべてに正直で、オシャレは
好きだけど飾らないという感じが好きです。
老いについても等身大で語ってらっしゃるので、なにかホッとします。
(ほら、世の中こんな歳なのに、こんなに若く見える、みたいなのが多いじゃないですか。
歳相応でいいんじゃないの、と反論したくなります)

IMG_6565.jpg

今も絵を描かれていて、やっぱり絵にも大橋さんらしさが出ていて「いいな〜」と
思います。

イオグラフィックは東京の駒沢と京都にお店があるのですが、残念ながらどちらも
お邪魔したことはありません。
いつもネットショップを覗いています。

時々、大橋さんの銅版画の展示などもあるので、いつか行ってみたいな〜。

pic_profile_ohashi.jpg

イオグラフィック


Audible

先週末くらいからドライアイが悪化してしまい、右目が痛くて開けて
いられないくらいでした。
今は3種類の目薬を10分おきに、日に4回点眼するという何とも面倒な
ことになっています。
先生からはSNS禁止令が出て、とにかく目を休ませることを
1番に考えてください。と言われました。
確かに長いことずーっと絵を描き続けて、目を酷使してきましたが
目を休ませるなんて考えたこともありませんでした。

そこで、
P.CやiPhoneを使うのは(見るのは)昼間のみ。
18以降は使用禁止としました。
(インスタもしばらくお休み)
T.VもNetflixの「アンという少女」だけ(毎日、一話ずつ観るのが楽しみ
です)

問題は夜眠る前の読書。
小さい文字を追うのは、やっぱり目を酷使することになります。
が、この至福の時間を手放したくない・・・。

と、思っていたら良いものを見つけました。
「Audible」です。

AudibleはAmazonのオーディオブックで、会員になると(下の写真のように)
たくさんの本の中から好きな一冊を選ぶと声優さんとかアナウンサーが
本を読んでくれるというものです。(一ヶ月お試し無料)

IMG_6540.jpg

なかなか良いですよ、これ。
手仕事をしながら聴いたり、もちろん目を閉じてじっとお話に耳をかたむける
のも想像力が広がって楽しいです。

会員になると毎月一冊、ボーナスタイトルのお知らせがきて、日替わりの
タイトルを無料でダウンロードできます。
一度ダウンロードすると無料期間がすぎても楽しめるそうです。
何より自分では選ばない本もいっぱいあるので、幅が広がりそうです。

さあ、これで好きな読書も諦めずにすみました。
やるねぇ、Amazon!

*ご興味ある方は「Audible」または「オーディブル」で検索してみてください。
 私のP.Cはマックなので、ファイヤーフォックスからでないとダウンロード
 出来ませんでした。iphoneの場合は7以上でないとだめみたいです。
 やり方や質問など、問い合わせると親切に教えてくれます。






素晴らしきカンチガイ

恋はカンチガイから始まるのではないか?
ほら、「吊り橋効果」っていうの、ありますよね。
揺れる吊り橋を彼と二人で渡ると、揺れてドキドキしてるのに彼のことが
好きでドキドキしてる、と脳がカンチガイする。というやつ。
人を好きになる瞬間、或いはキッカケって あれに近い状況にあるのでは
ないか?と、思うのです。

例えば、全然なんとも思ってなかったの会社の同僚が、突然の雨に
差し出してくれた傘。(ちょっとドキドキ)
そのままアイアイ傘で駅まで歩く。彼はほとんど私の方に傘を差し出して
くれてる。(あれ?この人、私に気があるのかしら?)

例えば、風貌もパッとしないし、これといって取り柄もなさそうだと思っていた
のに、友人と一緒に家に遊びに行ったら、美味しい料理を作ってくれた。
エプロンして料理する手さばきが かっこよくて(ちょっと、ドキッ)

などなど ちょっとしたドキドキから恋が始まるな〜んてこと、意外と多く
ないでしょうか?

人間の脳ってやつは結構、カンチガイするシロモノなんですよ。

でも、安心してください。
カンチガイで結婚までいってしまったとしても、そこから人間は成長してゆく
訳ですから。いろいろ押し寄せてくる課題、難題を乗り越えて二人は本物の
夫婦になってゆくんですねぇ。
或いは途中で、一人で生きる道を選ぶという選択もあるでしょう。
どちらをゆくにしても、人はいろいろな経験をして、辛い思いをして魂磨きを
しているのだと私は信じます。

え?私ですか、私はお見合い結婚なんです。
お見合いが終了して、別れた後に偶然、別の場所でばったり、また彼と
会ったのです。(ドキドキ)
その時、「あー、私はこの人と結婚するんだな〜」って思っちゃいました。
(ああ、カンチガイですね・笑)

それから40年、いろいろあったけど お互いよく頑張りました。
ここまでくると、人生の同志、戦友ですね。
年をとって気力、体力がなくなるってことは そう悪いことじゃないなって
思います。
若い頃は独占欲、支配欲、承認欲 etc,etc
そんな欲の塊がゴロゴロしていたのに、年齢とともにそれも風化してゆきます。
若い頃だったら「絶対許せない!」と思っていたことも、まあ そんなことも
あったわね・・・と歴史になります。

カンチガイで恋をして結婚しても、試練を乗り越えて愛となり、友情となり
最後は慈愛で締めくくれれば、まあ良い人生だったと言えるんじゃないで
しょうか。
私は・・・まだまだ修行が足りません。
なかなか慈愛までたどり着きません。
はい、もっと精進します(笑)

*これは私の勝手な妄想です。
 「私、カンチガイで結婚なんてしてないわ!」とおっしゃる方、大変失礼
 いたしました。どうぞ、「そんな夫婦もあるかもね〜」くらいで、聞き流して
 やってくださいませ。

IMG_6478.jpg

天才の育て方

特別にクラシックが好きという訳でもなく、詳しいわけでも
ないのですが、クラシックの中で何が一番好きか?と
聞かれたら必ずこう答えます。
「ラフマニノフ ピアノ協奏曲 第二番」
初めて聴いた時から、あのサビの部分(クラシックではサビと
言わないのか? 笑)が、忘れられず、あれを聞くために
長い曲を聴くのです。な〜んて言ったらラフマニノフさんや
クラシックファンにお叱りを受けそうですが。

で、前々記事でご紹介した、かてぃん、こと角野隼人さんの
ラフマニノフ貼りましたので、お好きな方はどうぞ聴いてみて
ください。(長いので、どうぞお時間のある時に)



前にも書きましたが、角野さんのピアノの音色はとても綺麗で
澄んでますよね。軽やかなのに、曲への想いが指先まで伝わって
それが鍵盤の上で弾けてる感じ。(素人感想ですみません。専門家から
見れば、もっといろいろあるのでしょうが・・・)
どうしたら あんな音が出せるんだろう?と思っていたら、友人が
こんな本を教えてくれました。

IMG_6438.jpg

彼のお母様はピアノの先生で、ご本も出されていたのです。
『「好き」が「才能」を飛躍させる』 
東大在学中に特級グランプリを受賞した息子を育てたお母様ですから
説得力あります。「息子さんの出来がよかったんじゃないの」と
言ってしまえばそれまでですが、角野美智子さんは、コンクール上位入賞者
を延べ100名以上排出したピアノの指導者なのだそうです。

さぞや厳しい練習をされたのだろうと思いきや、ピアノの弾き方よりも
子供の感性を磨くことや練習に「ゲーム感覚」を取り入れたり、例えば
手首を柔らかくするために毛糸巻き競争をしたり、指を付け根から
動かせるようになるために「鈴鳴らし」(手作り)をしたりと、いろいろ創意工夫
されているのが素晴らしいです。そんな一見、ピアノとは関係なさそうな練習が
今の彼のあの音色に繋がっているのかもしれませんね。
(私も子供の頃、こんな先生に出会っていたらピアノを続けられたかも・・・
と、すぐ人のせいにする・笑)

そして何より子供の親として耳が痛かったのは、
「教え始めた頃の私の指導は必要と思うことを教え込んでしまって、生徒自身に
考えさせる余裕を持たせていなかったのだと思います。
私の中にすでにある理想の型に子供をはめ込もうとしていたのです。」

いや〜、親は多かれ少なかれ こういう経験ありますよね。(あれ?私だけ?)

まあ、遠い過去を反省しつつも 今、子供や孫を育てている方たちにシェア
したいです。
子供の才能はどこに隠れているか分からないので、その芽を摘んでしまわない
ように、大人から見てどんなに変なことに興味を持っても、暖かく見守って
あげて欲しいものです。
余談ですがハワイの孫のE君は爬虫類が異常に好きで、娘は気持ち悪がって
いますが、とうとうトカゲを飼う羽目に・・・それが時々、脱走するので、壁に
張り付いた「それ」を籠に戻すのが娘の仕事に・・・(笑)
でも、今に爬虫類博士になるかもしれないので我慢して、と言っときました。

さて、こちらはけいちゃん、こと長谷川圭介さん。
同じラフマニノフをジャズ風にアレンジしています。
んー、この方は作曲やアレンジの才能あり!とおばさんは睨んでいます。



あのラフマニノフをこんなジャズ風に弾けるなんて、こちらもブラボー!
ですね。

洗濯男子

先日、T.Vを観ていたら洗剤のCMにイケメンがたくさん出てました。

ogp_1554427389-6562_news_ogp.jpg

昔から洗剤のCMといったら「主婦」と決まっていたのに、時代は
変わったのね、と隣の夫を見てハッとしました。
「うちにもいた!洗濯男子」

そうなんです。最近、洗濯機を回し洗濯物を干し、取り込んで畳んでくれるのは
夫なんです。(ただし、月曜から金曜まで。土日は競馬で忙しいから)

素直にありがたいです。Tシャツの肩がハンガーからずれてようが、
袖がちゃんと伸ばされてなかろうが、ズボンの腰にホカロンが貼ったままだろうが、
それでも何でも忙しい主婦にはありがたいです。
よくぞここまで成長してくれました。
若い時はな〜〜〜んにもしない人だったのに・・・。
人って幾つになっても、変われるんですねぇ。

「昔、昔、あるところに おじいさんとおばあさんがおりました。
おじいさんは川に洗濯に、おばあさんは山に芝刈りに・・・」(笑)

IMG_6396.jpg

進化系ダウンコート

UNIQLOさん、ごめんなさい。
私は今まであなたを、侮っていました。
私の娘時代には「安かろう、悪かろう」なんて言葉があったくらいで
安いものは粗悪品と決まっていると思っていました。
ところが、もうとっくにそんなセオリーは成り立たないんですね。
おばさんは、身を以て実感しましたよ。

IMG_6382.jpg

このダウン、UNIQLOのハイブリッドダウンコートです。

始めは半信半疑でしたが、スッキリしたシルエットに惹かれて買って
みたのです。
そしてあまりに着やすくて暖かいのでびっくり。
これは何なんだ?と(買ってから・笑)調べてみると

パーツごとにダウンと中綿を使い分けているので、着膨れがなくスッキリと
したシルエット。脇身頃から腕にかけて布の継ぎ目がなく腕の上げ下げが楽。
表面は撥水機能がついているので急な雨でも安心。
生地の裏側にフィルムをコーティングする事によって風を通しにくく暖かさが
持続。衣服内の湿気を吸収して発熱するから暖かい。

と、数々の進化を遂げたダウンだと分かり納得。
もう何年も着ているモンクレールのダウンは袖の付け根が窮屈で着るたびに
ストレスを感じていましたが、それがダウンだと思っていたので、
こんなに違うものか・・・と驚きました。

IMG_6377.jpg
(UNIQLOの画像からお借りしたハイブリッドダウンの全体像)

しかもUNIQLOは、ダウンリサイクルもやっているので、2、3年着て、また進化
したらアップデートするのが◎かもしれませんね。

バアさん(私のことです)は今まで培ってきた経験値や常識(と自分で思ってるもの)
からものを判断するので、なかなか頭を柔軟にするのは難しいのですが、まずは
自分の思考からアップデートせねば・・・と、思いました。


この二人の連弾にハマった!

右肩上がりの感染者グラフを見ていると滅入りますねぇ。
そんな時はYoutubeでストリートピアノを観て気分を上げます。
若手のYoutuberピアニスト達が、いろいろな動画をあげているのですねぇ。
その中で「ん!、これは只者ではない」と思った二人がいます。

はい、おばさんはすぐ調べましたよ。
けいちゃん、こと長谷川圭介さんと、かてぃんこと、角野隼人さんです。
普段はそれぞれソロ活動しているのですが、見つけたのです!二人が連弾
している動画を。

こちらに貼ったものはストリートピアノではなく「ねぴらぽ」と言う無観客配信ライブ
のものですが、こちらの方が彼らの手の動きや表情がよく分かるので、これを
選びました。



国立音大卒のけいちゃんは、街や駅のピアノに突撃して演奏しYoutubeに
あげているので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
かてぃんさんは、2年くらい前にピティナピアノコンクールで金賞を受賞された
東大卒のピアニスト。
お二人とも、3歳くらいからピアノを始めて子供の頃はクラシック漬けだったとか。
数々のコンクールで賞を取られた実力の持ち主です。
やっぱりその基礎があっての「今」ですよね。

お二人の超絶技はもちろんのことですが、この動画が好きなのはとても
楽しそうにピアノを弾いている姿です。
二人共、いろんなピアニストと連弾しますが、私はこの二人が一番息があって
ベスト(独断と偏見です。笑)だと思います。

この「KABURAYA」と言う曲は二人で作ったのだそうです。
カブラヤ・・・そう「鏑矢」何です。
その昔、矢の先端に鏑を取り付けて射放つと音が鳴り、それを合戦開始の
合図とした、と言うあの鏑矢です。
若いのに、渋いネーミングですね。

彼らにとって、この連弾は合戦なのでしょうか・・・それにしては、楽しそうすぎる。
かてぃんさん、笑いながら弾いてる〜♩ (クラシック弾く彼には見られない表情です。
当たり前、か。 笑)

ともかく、これを観ていると、元気をもらえるので、おばさんは日に何度も観て
しまうのですよ。

人に勇気や喜びを与えられるって、やっぱり音楽はいいなぁ〜。
音楽的才能皆無の私はただただ見入るばかりです。

コロナ禍でコンサートやその他、演奏活動が中止の今、せめてYoutubeで
ピアニストさん達を応援したいですね。


新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

IMG_6343.jpg

昨年は大変な年でした。
今年もまだまだ厳しい状況は続きますが、勇気と希望を手に
新しい時代を乗りきってゆこうと思います。

本年が明るい年となりますように!
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

IMG_6342.jpg



12月あれこれ

12月に入ってすぐに夫の誕生日がありました。
なんと79歳ですって! ビックリです。あなたいつの間にそんな歳になったの?
まあ結婚した時から14歳年が違うわけですから、驚く方がおかしいんですけどね。
でも来年80歳と思うと、ちょっとショックです。

IMG_6202.jpg


机を整理していたら、こんな写真が出て来ました。
たぶん、30年くらい前、一緒に淡島に旅行した時のものです。
偉そうですね〜、堅気に見えませんね〜(笑)
でもこの頃は夫も足が悪くなくて、元気に歩けていたんですね、懐かしいです。

IMG_6323.jpg




今、私は毎日 ウォーキングしていて、目標は8,000歩なんですがなかなか町内じゃ
達成出来ません。で、隣の駅まで歩いてみたら、コーヒー豆屋さんを発見しました。
TERA COFFEE と言って、カエルさんがトレードマークです。
夫が好きなコロンビア系の豆を挽いてもらいました。

IMG_6270.jpg

IMG_6246.jpg


私はコーヒー、ダメなんですがコーヒーを淹れるのは好きです。淹れる時のあの香りが
大好き。そしてコーヒー味のケーキも好き。
ここには、コーヒーマフィンとか色々ケーキ類があって、極めつきはコーヒー羊羹。
甘さと苦味が良い具合に溶け合って、大人の味。
いいとこ、見つけた!

IMG_6244.jpg

これでウォーキングがてら、コーヒーやらケーキやら買いに行って、歩数も稼げます。



今年もらったクリスマスプレゼントで一番嬉しかったのは、これです。

IMG_6263.jpg

IMG_6262.jpg

ハワイの娘が送ってくれた 家族写真で作ったカレンダー。
これで毎日、孫たちの顔を見ることができます。
SちゃんもE君も可愛い盛り。先日「Baba, I love you」と可愛い声でボイスメッセージを
貰った時は涙が出るほど、嬉しかったですね〜。
早く会って、ぎゅーっとしたいです。来年はそういう日が来るのでしょうか・・・。


今は「風の時代」と言われています。
お金、権力、物欲を手放さないと、取り残されてしまうのだとか。
お金と権力(もともとない・笑)は、ともかく 物欲がねぇ〜。
こちらは、自分へのクリスマスプレゼントに買ってしまった「+J」のセーター。
+Jは、UNIQLOとジル・サンダーのコラボ。
ジル・サンダーはドイツのデザイナーさん、シンプルで私好みです。
が、ドイツ女性は体格が良いので、サイズが大きめです。シャツとかはワンサイズ下で
日本人にはちょうど良いかも。でもこのセーターはちょっと大きめを買いました。
今、流行りのビッグサイズセーター風に着ます。
発売即完売だったものが、再入荷して思わずポチッと!
あ〜、またやっちゃった・・・ 
物欲よ、まだ手放せずに、年を越す。

IMG_6322.jpg



あっという間の2020年でした。
良いことも、そうでないことも、いろいろありましたが、私的には家族や友人がいかに大切か、
を再認識した年でした。いつでも会える、いつも側にいる、そんな当たり前が実は
かけがえのない時であることを思い知らされた年でもありました。
そして、どんな時でも人間は「ほんの小さな幸せ」を感じることが出来るのだと言うことも。

来年はどうか、家族や友人、そして世界の人々が笑いあって手を繋げる年となりますように
心から、心から祈ります。
今年1年、ありがとうございました。

IMG_6318.jpg