FC2ブログ

ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

君ならきっと出来る!

yjimage-1.jpeg


私もサーシャ・バイン コーチが欲しい!

夫に言いました。
「ひざまずいて、君なら出来る!って言って」
夫の答え
「足が痛いからひざまずけないよ」

・・・って、そういう事じゃないんですけどぉ・・・

どうも日本の男は、女をやる気にさせるのが下手なんだな〜。



香りの魔法

仕事で疲れた時、気分が落ち込んだ時、瞬時に気分を上げて
くれるのが香りです。
香りと言っても、お香やアロマオイル、香水をつけるとか方法は
色々ありますが、私は香水の強い香りが苦手でした。
ところが、友人から教わったある香水やさんを知って、今やすっかり
その魅力にハマってしまったのです。

そこはとても不思議なところで、香水というと浮かぶフランスのあの
デコレーションたっぷりの香水瓶とか、お出かけの時のレディの嗜み
といった概念とは一線を画すものでした。

IMG_2606.jpg
店内に並ぶたくさんの香水瓶

「調香師ジュリアン・ベデル(アルゼンチン)がウルグアイにフエギア・ボタニーを
開設し、100種類をこえる南米生育の植物の栽培から未だ世にないエキゾチックな
原料の開発に取り組んでいます」という説明を聞いただけで好奇心がむくむくと
頭をもたげ、香水の主要成分が生物分解可能な天然のものを使用しアニマルテストや
合成防腐剤や合成ムスクなど一切使っていないと知って「これだ!」と思いました。
(合成ムスクは潜在的な健康被害や水性動植物への環境汚染が議論されている)

そしてユニークなのは、プロファイリングを行って、その人に合った香水を選ぶこと。
(プロファイリングには予約が必要です。もちろん、ふらっと行って普通に選ぶことも
出来ます) 私はどうしても香りのプロファイリングというのをしてみたくて予約しました。

まず、プロファイリングでは好きな色は?とか、好きな香り、好きな季節、朝、昼、夕、夜
のなかで好きな時間、好きな食べ物、子供の頃の思い出、好きな人はいますか?とか
etc, etc

その答えをもとに、FUEGIA(フエギア)の香りを知り尽くしたスタッフさんが2つの香りを
選んできます。
それを嗅いで、好きな方を残します。
するとまた新しいのを1つ持ってきて、どちらかを選びます。
それを繰り返し、勝ち抜き戦のように次から次と選ばれたものの中で最後まで残ったものが
今の私にピントくる、必要な、あるいは欲している香りという訳です。

IMG_2608.jpg

最後に残ったのは「Entre Rios」(エントレリオス)という名前の香水でした。
名前はこの時、初めて明かされます。
これはベデルさんが子供の頃に遊んだ祖父母の家のある場所の地名で、その農場の
香り、木々や果実、草や風、日だまり、土の匂いなど南米大陸特有の複雑な風土の魅力が
溢れる香りだそうです。

なるほど、きっと今の私は癒されたいのね〜と妙に納得して、そのボトルを頂いてきました。
(プロファイリング料はかかりませんが、最後に決まったものは必ず買うのがお約束です)

私はそれを自分のためだけに使いたいと思いました。
つまり、お出かけする時でなく、夜眠る前に、または一日中お家にいる時に、その香りに
包まれていたいという感じです。

IMG_2614.jpg
「Entre Rios」 

ここの香水についてはお話ししたいことが、たくさんありすぎてキリがないのですが
(例えば、その香りの構成が他にないユニークなハーモニーを奏でる相反する3つの香り
から出来ている、とか) ネーミングも素敵でそれぞれに物語があります。
「夏からの誘い」「肉体の砂丘」「うたかたの想い」「女の秘密」「過去に咲く花」
「男のたくらみ」・・・ふふふ、どんな香りなのでしょう? 妄想が膨みますねぇ。

実際に使った感想は・・・とても一言では言えません。
それだけ複雑というか、深いというかでも、重くはなくて、どこか懐かしくて静か。
温かみがあって、強く主張はしないけれど、でも存在感のある。
あらら、余計に分からないですね(笑)

最初につけた時の香り、しばらくたってからの香り、そして消えてゆく香り。
そうなんです、消えてゆくのです。

私がなぜ今まで香水をつけなかったか・・・まるで悪女の深情けみたいにしつこく
て最後は嫌な匂いになったりして・・・あれが嫌いなのです。
香りというのは放つのは簡単ですが消すことは難しいのだそうです。
それがベデルさんの香りは、あれだけ惹きつけられる何かがありながら
まるで時間と溶け合うように姿を消してゆくのです。それも爽やかに。
調香師というより香りのアーティストと言った方が相応しい、そんな気がします。

香水がこんなに面白いとは思いもしませんでした。
新たな発見です。 これだから人生は楽しい。
まさにこれは「香りの冒険旅行」です。
え?ってことは、また次があるの? 
うふふ、実は次に買うならこれだな〜という香りがあったのです。
私のイメージでは、白いシャツにGパン、スニーカーという出で立ち、
そんな普段着なのにすれ違った時にドキッととするような女らしい香り。
これ、やってみたいなぁ。(笑)



FUEGUIA 六本木グランドハイアット1F 11:00〜20:00



ソルトンセサミをめざす!その5

ソルトンセサミとは程遠い髪色ですが、これでも目指しているのです。
約8ヶ月がたちました。
今の髪色はこんなです。

IMG_2577.jpg

白、黒、茶と色々混ざっております。
すでに白髪は毛先まできております。が、何しろまだ少ないものですから。
美容師さんが撮ってくれました。どんな風に変化してゆくか記録を残しましょう、と。
最初の頃のあのオレンジ色は落ち着いてきました(酷い色だったんですよ、本当に)

人間って勝手ですよね、去年は白いものが見えると憂鬱になっていたのに
今は白いものが少ない、と嘆いております(笑)

IMG_2579.jpg

でも確実に増えてはいるのです、はい。

今回はカットだけで、色調整(笑)はしませんでした。
と言うことは、次回はいよいよソルトンセサミに近づいている筈(?)
楽しみですね〜。

ばーさんの開き直りというのでしょうか、最近は人がどう見ているかとか
気にならなくなりました。
このままどんどん白いものが増えていってくれたらいいのにねぇ。
ただ、パサパサするのは嫌なので、オイルとかつけて艶には気をつけて
います。

写真のほおのタルミを見て、母を思い出しました。
同じようなタルミ方してる(笑)
これも遺伝なんでしょうか?
そう言えば、母は病気を抱えていたのに白髪少なかったな〜。
とすると、やっぱり私もなかなかシルバーヘアにはならないかも。


yjimage.jpeg
憧れのソルトンセサミの皆さま。
右から中尾ミエさん、加藤タキさん、小室知子さん、飯野春子さん。


昇鯉

4月の個展で、初日にお嫁に行ったのが鯉の絵でした。
個展が終わりに近づいて、どうしても「鯉」の絵が欲しいという方が
他にもいらっしゃって本来でしたら、お受けしないのですが、あまりにも
熱心におっしゃるので、つい承諾してしまいました。
期限なしという条件で。

その方のご希望は、天に昇る鯉。

鯉が天に昇って龍になる、という中国の故事がありますが、
滝を昇る鯉は「難関突破」とか「目的達成」の象徴でもあるようです。

そして、とうとう完成しました。

IMG_2595.jpg
「昇鯉」 部分 縦96センチ、横54センチ

完成してホッとしたと言うのが正直なところです。(約束ですからね)
抽象の中に思いっきり具象を跳ねさせてみた。という感じでしょうか。

墨というのは、抽象でも具象でも深い懐で受け止め、遊ばせてくれる
頼もしい朋であります。



*絵の著作は江田朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。






日本・フランス現代美術世界展2018

先週8日の水曜日から始まりましたこの展覧会ですが
初日は台風が関東に一番接近すると言う大荒れの天気。
と言っても、家から駅、駅から会場だったので、それほどの雨風には
遭わずに済みました。

当日はオープニングレセプションがあったのですが台風の為、お越しに
なれなかった地方の作家さんも多く、いつもよりちょっと寂しかったような
気がします。
その代わり、海外の作家さんたちが目立ちました。

IMG_2545.jpg
左から3人目がサロン・ドトーヌ会長、シルビー・ケクラン氏。
彼女を囲むのは海外の作家さんたち。
(レセプション会場にて)

IMG_2542.jpg
表彰式では昨年1年間に開催された展覧会(全部で3展)の受賞者が表彰
されました。私はイタリア美術賞展で大賞を頂きました。


その副賞として今展では、壁面一面展示のご招待を受けました。

IMG_2549.jpg
左から「起因」「容認」「享受」です。

IMG_2546.jpg
作品の前で少々、照れております。


別日ですが、観に来てくださったお友達と
IMG_2562.jpg


思えば、この展覧会に作品を出品させて頂いてから13年と言う月日が流れて
おりました。当時はいつかは私も大賞をとるぞ!と意気込んでおりましたが
いつしかそれも忘れ、淡々と出品し続けた結果なのでしょうか。
継続は力と申しますが、そう言う事なのでしょうかねぇ・・・。
この展覧会の大先輩が今年亡くなられたり、いつもの方が出品されてなかったり、
反対に若い方が増えたりと世代交代の時期でもあるのかもしれません。

旧知の作家さんと色々お話しした中で「とにかく、私は描き続けるわ」
「私には絵しかないもの」と言ってらしたのが印象的でした。
そうなんです、私たち絵描きは世界情勢がどうであろうと、天変地異が起きようと
持てる限り、今日も筆を持つ。
それしかないんですねぇ。


暑い日が続きますが、会場にお越しくださいました皆さま、ありがとうございました。
これから行ってみようかと思っている皆さま、どうぞお気を付けてお越しくださいませ。


横浜市 こどもの美術館

孫(○子ちゃん、5歳)の絵が展示されたので見に行って
まいりました。
場所は横浜市民ギャラリーです。

IMG_2506.jpg

IMG_2508.jpg
作品を前にちょっと照れる○子の図。



IMG_2509.jpg
こちらが○子の作品です。
画面いっぱいに描かれたライオンが迫力ありますね。
私が言うのも何ですが、タテガミも一色でなく何色も使っているのが
なかなかだと思います。


絵を見た後は、お面作りのワークショップへ。

IMG_2515.jpg

IMG_2518.jpg
こちらが出来上がった作品。
パンダさんの耳に付いている飴玉みたいなリボンはパパが
作りました。(笑)
私は目の周りをちょっと手伝ったかな・・・。

この後、ランチを食べて山下公園へ。
何とこの暑さの中、子供フェスティバルをやっていて、スーパーボール掬いとか
昆虫作りとか、角材でお家を作ろーとか、盛りだくさん。
○子は元気いっぱいでしたが、ばあばにはハードな1日でした。






KANATA CAFE

我が町に、また小さなカフェができました。
奥様が日本人、旦那さまがカナダ人です。
名前の由来を伺うと、カナダの原住民インディアンの言葉でKANATA(カナタ)
とは「村」または「定住地」という意味なのだそうです。
また日本語では「遥か彼方」と表現される美しい言葉でもあります。
そんな遥か彼方カナダとこの町のコミュニティーを結ぶ、文化や芸術の架け橋と
なり、またいつ訪れてもリラックスしていただける場所にしてゆきたい。と言うのが
お二人の夢だそう。
なるほど、素敵なネーミングですね。

IMG_2491.jpg

IMG_2483.jpg
一人で来た時はこちらのカウンター席で、窓の外の緑を眺めながらお茶するのも
いい感じ。もちろん、読書に耽るのも。


フェアトレードのコーヒーやイギリスのリントンズの紅茶はとっても美味しかったです。
IMG_2484.jpg

厨房を引き受けているのは、旦那さま。
カナダ風ミートサンドウィッチやミートパイなど(デザートの手作りパイもあり)ランチしに
来るのもいいね、と夫。

何しろ工事中から、何ができるのか?と興味津々だったのでオープン初日に行きましたよ。(笑)
そのおかげでノベルティもゲット。

IMG_2493.jpg


私の1番の収穫は美味しい紅茶かな。
コーヒーを飲まない私、お茶には少々うるさいんです。
なかなかないんですよ、紅茶の美味しい店って。
リントンズを扱うなんざ、おぬしやるな〜って感じ。
一週間に一度は来てしまいそうなお店です。


猛暑日に

まんまのタイトルでごめんなさい。
日本列島が燃えておりますが、皆様お元気でしょうか?

さて私は、古いP.Cがとうとう不具合が生じてしまい、新しいものに変えました。
データの移行やら、なんやらで四苦八苦。
アナログなおばさんには厳しい作業です。
バックアップ用の外付けハードディスクやら、それを接続するアダプター(新しいP.Cは
薄くなっちゃったから専用アダプターが必要)やら進化するってどうなのよ?って疑問に
思うことが多々。

あー、それでもP.Cのない頃には戻れない今の生活。
新しいP.Cに慣れるべく初めてのブログを書いている訳でして・・・
何でも初めの頃って、予期せぬ事態が起こるものですもの。

あー、それにしてもパスワードが多すぎる。
P.Cのパスワード、ブログのパスワード、メールのパスワード・・・
それも同じじゃダメっとか、時々変えてください、とかもうばーさんには分かんなく
なっちゃうわよ。

と、文句言いながらも文章は大丈夫そうだな。
あとは写真が載せられるかしら?

IMG_2477.jpg

あ、大丈夫です。
やっと花開いた鹿の子百合です。
あんまり暑くて、花も咲くのをためらっていたのか、いつもより遅いかな?

一応、ブログもOKですね。
ただ写真のやり方が変わっちゃって、顔にモザイクできなくなってしまって、
これからお勉強しなければ。
暑い夏、お部屋は涼しいはずなのに、P.Cの前で別の汗が出る毎日です。






夏になると聴きたくなる曲

我が家のトマトもやっと赤くなり、念願のトマトとバジルと
モッツァレラチーズのサラダができました。
バジルも自家製で採れたてはとっても香りが強いです。

IMG_2457.jpg


さて、毎日暑いですね〜
こんなに暑いと聴きたくなるのは、この人のこの曲です。





せめてこの歌声で青い海、波しぶきを感じていただけたら〜(^-^)/


爽の会

着物友の踊りの会に行ってまいりました。
前回は2年前でした。
あの時は気温35度の猛暑日で、渋谷の駅を汗をダラダラかきながら
歩いた記憶が未だに残っています。
それに比べると今年はまだ良かった。(でも30度超えてましたけどね)

場所はセルリアンタワーの地下の能楽堂。
素敵ですね〜、お能の舞台って。
今年、彼女が踊ったのは「助六」
男踊りを黒留でスッキリ、カッコ良く踊られていて見惚れてしまいました。
女性が女らしい仕草で舞うのも素敵ですが、どうも私は女性がキリッと
舞う男踊りの方が好みです(笑)

長年、踊りをなさっている方のあのぶれのない体幹の素晴らしさ、
姿勢の良さ、本当に羨ましいと思います。
実は私も日本舞踊、習っていた時代があったのです(10代の頃ですが)
その頃は親に言われて、いやいややっていたものですから・・・
ああ、もっとちゃんとやっておけば良かったと今頃思う次第。

さて応援に駆けつけた着物友、総勢8人ですが、お写真載せられません。
P.Cをアップグレードしたら、写真掲載に色々と不具合が・・・(汗)
アナログなおばさんですみません。
(皆様のお着物姿はそれぞれのブログで)


という訳でここでは私のだけ載せておきます。
(自分の携帯で撮ったのは調整可能でした)

IMG_2440.jpg
ブルーグレーの夏塩沢に黒字に銀糸の格子柄の帯。
帯留めは満月に波、帯飾りはsakurakoさんのクリスタル。

IMG_2454.jpg
お太鼓