ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

ガウチョバンザイ

ここ5,6年になるでしょうか・・・家でもお出掛けも洋服では
ボーイフレンドデニムが定番でした。
ところがある日、六本木でバッタリ会った友人が写真を撮ってくれて
それを見た私は愕然としたのです。
Gパンの膝がポッコリ出ている。
あー、知らなかった(?)こんな恰好でどこへでも出掛けていたのね私。

若い人ならいざ知らず、イカンイカン、いい歳のオバサンがこれでは
イカンと洋服のアップデートを決行。

古びたGパンを手放し、そして登場したのがガウチョパンツです。

「暮らしをつむぐ」の坂井より子さんも本に書いてらした。パンツは膝が
出るので、ほとんど家では履かない・・・と。
坂井さんはフレアースカート派ですが私はどうも長年パンツをはいていた
せいか、やっぱりスカートは苦手。
その点、ガウチョはパンツとスカートの間みたいで抵抗ありませんでした。

孫と遊ぶ時に床に座ることも多くなったし、それにフレアーが多めだと
一見スカートのように見えて ちょっとエレガント。

トップスはGパンの時と同じです。
お気に入りのストライプのTシャツや白の七分袖のTシャツにもよく合います。
靴もスニーカーでOKだし。
つまり今までの恰好で、Gパンがガウチョに変化しただけ、それでも気分は
全然違って新鮮です。

3本のガウチョパンツ春のコーデ。これで1週間、着回してます。
ガウチョ1
写真では色が分かりにくですが、深いグリーン系のグレーです。
薄手のボーダーニットとの組み合わせ。
風の強い日はこれにトレンチコート着ます。

ガウチョ2
青のリネンのもの。夏もいけちゃいます。
3年前くらいに初めて買ったガウチョ。
ハリランの七分袖Tシャツと好相性。
ラフィアのバッグ持って、白のスニーカー履けば完璧。

ガウチョパンツ3
黒のレーヨンとポリエステルのガウチョは何にでも合わせやすくて
おうちで洗えるし、一番登板回数多し。
ここでは黒白のボダーTシャツを合わせています。

今やファッションはノームコアの時代とか(ノーマルとハードコアを
合わせた造語で「究極の普通」という意味)

かのスティーブ・ジョブスも実はノームコアの代表的存在でした。
(10年以上、イッセイ・ミヤケの黒のタートルネックにリーバイスの
シーンズ、ニューバランスのスニーカーを愛用)
クロゼットにそれだけしかなかったら、日々の服選びも1秒もかからない。
でもやっぱりお洒落も楽しみたいと思う私としては、日常着3パターン
くらいを着回したい。

こうして洋服の軽量化は進むのに「きもの」はねぇ・・・。
ま、あれだな、きものは別もの。(笑)
なにしろ日本の民族衣装ですから・・・ということにしておきます、はい。




ベロア張りケース

ミニマルライフにはほど遠いです。
それでも日々、少しづつ軽量化を計るべく、というか暮らしやすさを
考えて、ゆるっとお片づけしています。

昨日、無印で買ってきたのはこちら。
ベロア張りの箱
ベロア張りの仕切り箱。何を入れるかというと・・・

腕時計入れ
1階の洗面台の引き出しに腕時計と指輪を入れています。
(左側はリップクリームと口紅)

娘達が嫁ぐ前は自分のものは全部、自分の部屋に置いていましたが
夫と2人になっていろいろ使える場所が増えてきました。
朝ここで洗顔後に化粧をするので、その流れで出掛ける前に
ここで腕時計と指輪をつけられるのは、とっても便利。
わざわざ2階に行かなくて良いのですから。

ベロア張りの箱、引き出しの中

それで引き出しにポンッと入れていた時計と指輪ですが、引き出しの
開け閉めの度に動いてしまう。
それで以前にどなたかのブログで見たこのベロア張りの箱を思い出した
という訳です。
これだと貴金属類も傷がつかずに収納できます。
薄いグレーの色も好みです。

現在はこの時計2つと指輪2つでOK。
母の形見の時計とかは、思い出としてしまってあります。
腕時計と指輪

ちなみに引き出しの右端にチラッと見えているこちらは、
ピロケース
ハワイの雑貨屋さんで買ったピルケースなんですが、私はピアス入れと
して使っています。

ピロケースの中身


朝の忙しい時間、無駄に2階に上がったり降りたりがなくなって
これも時間のミニマル化というのでしょうか。


半幅帯レッスン

「今年こそは半幅帯を締める!」と騒ぎ始めてから早3年。
とうとうT子先生にレッスンして頂きました。

私の希望は名古屋帯に負けないくらいの大きさでかつ、大人な感じ。
「名古屋帯に負けないくらい」と言うのはお尻がまるまる出てしまうのは
嫌なのでどうしてもタレがある形が好きなのです。

後ろ姿、アップ

これは吉弥結び、というのでしょうか?
普通のものよりタレを長くしてみました。
身長があるので遠目で見ると、これくらいあっても良いのでは、と言うのは
T子先生のアドバイス。

後ろ姿、全身


帯前はこんな感じです。
久留米絣に半幅帯
きものは久留米絣。

この帯は結構、幅のある方なので普通の帯のように見えます。
ここでは 帯締めだけ使っていますが、これに帯揚げをすると前から見たら
全く普通の帯ですね。

さあ、今年の夏は半幅帯、活躍してくれるかな〜。
籠持って、日傘さして鎌倉辺りを散策しましょうか・・・初夏のお出掛けも
楽しくなりそうですね。

T子先生、ありがとうございました。


小作品

展覧会というと、どうしても会場の広さ、天井の高さなどから
ある程度、大きな作品を描くことになります。
ところが家に飾るとなると、大きな絵はちょっと圧迫感が
あったり主張し過ぎたり。

リビングにちょうど良い大きさの絵が欲しい、と思ったことから
小作品を描き始めました。


金のわらしべ
ダイニングテーブルの横の壁に飾った作品

すると・・・大きな絵を描く時とは違う感覚、というのか
優しさとか繊細さみたいなものが出てきて、実は新鮮な気持ちに
なって結構、気に入っているのです。

和紙に墨というのは変わりないのですが、表現の仕方が変わると
また違った墨の表情が見えます。和のテイストだけど、ちょっと
モダンさもあり、現代のリビングや寝室に合う絵を目指しています。


金のわらしべ3

これは「金のわらしべ」という作品。金の線が光の当たり方でハッキリ見えたり
見えなかったりする所が気に入ってます。
題名も縁起が良いでしょ?(笑)

少しづつ描きためていって、ある程度の数になったら個展をしようか
と考えています。


*絵の著作は朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。


春の銀座の和トセトラ

ようやっと春らしい陽気になったこの日、こちらに行ってまいりました。

和トセトラ
松屋で開催中の和トセトラ

まずは、腹ごしらえ レストラン・イシダにて
前菜
前菜、4種

魚料理、鯛
メインは魚料理を選びました。この日は鯛。

デザート
デザートも好きなものを4種選べます。


銀座はもしかして1年ぶり?
昨年のこの催しもの以来かもしれません。
ご一緒したのは、T子さんとF子さん。
気温20度のこの日、お二人は揃って牛首紬の単衣、あるいは胴抜き仕立て
でした。昼間はそれで正解でしたね。

牛首シスターズ、
牛首シスターズの後ろ姿

前帯はこんな感じ
風子さん、牛首紬

知子さん、牛首紬

最近は牛首紬らしい牛首紬が少なくなってきた、と嘆くお二人に私は
そもそも牛首紬を持ってないので、ああこういう季節に1枚あったら
重宝するだろうな・・・と思いつつ眺めておりました。

さて、会場では田中御大の帯でお世話になった月日荘さんも出してらして
インドの更紗帯が素敵だったのですが・・・

お持ち帰りしたのはこの子。
久留米絣に博多帯
「壱の蔵」さんで見つけた白い夏用博多帯です。
単衣の久留米絣に合わせてみました。

これからの季節、なかなか使えそうで、満足なお買い物でした。

この日の私は
山田織りに正倉院の森帯
新潟、山田織りのきものに「正倉院の森」というネーミングの帯
帯揚げは黄みがかった緑、帯締めはくすんだピンク。

山田織りきものに正倉院帯、お太鼓
お太鼓。この帯は前と後ろの表情が変わるのと、トボケた鹿の表情が
好きなお気に入りの1本。写真では真っ黒に写ってますが、もう少し
優しい墨黒です。

山田織りに英羽織り
英さんの裏なしの羽織を着ました。
昼間は必要なくても、夕方の風にはやっぱりあって良かった。






祈る力

春の日差しが気持ちの良い日、深川のお不動さんに行ってまいりました。

お不動さんのお加持ご祈祷は毎月、1日、15日、28日。
ふと朝「行こうか」と思い立ってカレンダーを見たらなんと28日。
もうこれは行けってことですね(笑)

お不動産の参道
参道。見よ、この雲1つない青空。

お不動さんに行くのは久しぶりでしたが、やっぱりいいですねぇ。
ドーン、ドーンという大太鼓の音で自分の中のマイナスのモノ、
エゴ、不安、心配、怒り、不満などがバラバラと剝がれ落ち、読経と
大きく立ち上る炎でそれらがボッと燃やされてしまう感じ。
暫く忘れていた感覚でした。

人間というものは知らず知らずのうちに、日々いろいろなモノを
溜め込んでしまうものです。
なんか重いな〜と感じたら、やっぱりご縁のある上の方にお願いするのが
一番ではないでしょうか。
私の場合はたまたまそれが不動明王だった訳ですが。

無心で「祈る」というのは気持ちの良いものです。
熱心な信者ではない私のような者でも、敬虔な気持ちになります。

日常生活に追われてすっかり忘れていた「生きているのではない、
生かされているのだな〜」というこの気持ち。
ともすると忘れてしまうこの気持ちを、思い出させる為にお不動さんは
呼んでくださったのでしょうか。

一緒に行った娘が帰りの電車の中で「私って何て小ちゃい人間なんだろう。
恥ずかしいくなる」と言った言葉が心に響きました。

お不動産の前で
お参りの後でパチリ。なんか無邪気な顔してる(?)

帰りは門前にある「近為」の銀ダラの粕漬けをお土産に。
近為の魚
もちろん、晩ご飯で頂きました。美味しかったですよ。



この日の私は
ゆうな久米島紬
ゆうな染めの久米島紬にタペストリーの作家、冨田潤氏の帯。
オレンジ色のゼブラ柄の帯揚げ。

桜帯留め
唯一季節ものの桜の帯留め。

久米島ゆうなと冨田帯
お太鼓




Activate

「人々のちからにある底ちからのようなものが上昇中です。
 深く長く考えてみるとあるいは深く感じていることは何か。
 続けてきた続いてきたことは何か。
 その質量についてどれだけそのことにエネルギーを使ってきたか?」

スターポエッツギャラリー、今村仁美さんのブログに書かれていたこの言葉に
心が疼きました。

私は絵を描くことに、いったいどれだけの情熱とエネルギーをそそいで
きたろうか?

2足も3足もワラジを履いていることで、それを逃げに使ってこなかったか?

私が本当にやりたい事は何か?

立ち止まって・・・深呼吸をして、静かに静かに自分の奥底に降り立ち、
光が降り注ぐのを感じる時。

良い事も困難な事も すべてがそこへ向かう為のプロローグではなかったろうか?

新しいことが始まる予感。

「春の心が歌うように
 生命の香り立つ新しい季節がやってきます。
 ときめくことは命を新しく浄化します。細胞をスムーズにアクティベイトします。
 光のプラグのような繊細なタッチが体の様々なラインに繋がり合います。
 そうすると体が楽になります。   (今村仁美)」

軽くなろう、軽くなりたい。
上昇気流に乗って雲の上へ。
光と繋がって真実の己の姿を紙にうつそう。

とうとう62歳。いやいやまだ62歳。遅いも早いもない。
魂年齢はまだまだ若い。
「今が一番 最高の時」そう思って新たな気持ちで筆を持とう。

Activete2.jpg
新作「Activate」 縦107.5㎝×横78㎝(和紙、墨、アクリル)


*絵の著作は朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。


春ですが「彼岸花」

山本富士子トークショーと「彼岸花」上映、というイベントに
行ってまいりました。
「彼岸花」と言えば、小津安二郎監督の懐かしい昭和の香り溢れる
映画です。

小津監督作品とくれば、染織家・浦野理一さん。
浦野さんは当時、小津映画の着物担当として活躍。
文豪や女優さんなど、数多くの文化人に愛用されていて一般の人には
なかなか手に入らない希少な染織だったようです。

彼岸花、チラシ

その浦野さんのきものや帯が見たい!というのもこれに参加した大きな
理由の1つです。

山本富士子、田中絹代、有馬稲子、久我美子、浪花千恵子、出演した女優さんの
きものは、すべて浦野理一のもの。
堪能しました。
小津作品初めてのカラーとなったこの記念すべき映画で、監督はきものの
裾回しや帯、部屋の隅に置かれたケトルなどで「赤」を効果的に使われていて
そこに「生命力」みたいなものを強く感じました。
戦後の焼け野原から復興して日本がどんどん成長していった時代ですものね。
監督自身も「赤は命の色」とおっしゃって、大好きな色だったそうです。

赤と一言に言っても山本富士子さん(当時26歳)は若いハツラツとした赤、
田中絹代さんはちょっと押さえた茶系の赤と、それぞれ違うのですが、どれも
とても印象に残りました。
監督も初めてのカラー作品という事で、きっと色には拘られたんでしょうねぇ。

藍染めのきものの裾がひるがえって見えるハッとするような赤はたまりません。
しかもそれを着ているのが山本富士子さん、絶世の美女ですから、おばさんは
もうため息しかでませんでしたよ。

今回はきものに特化して感想を書きましたが、映画ももちろん良かったです。
お父さん役の佐分利信さんも頑固な昭和の父を好演してらしたし、懐かしい
笠智衆さんのお姿も・・・。
書き出したらキリがないので、ご興味ある方はぜひ映画を観てください。
御歳85歳、ますますお元気な山本富士子さんのトークについては、またの機会に。


この日のきものは
桜大島、グレイッシュなピンク帯
桜の大島に上原美智子さんの透かし吉野織り帯。
帯揚げは黄緑、帯締めは薄い水色です。

桜大島、八木羽織
羽織りはグレーの小紋地。
羽織紐は和小物・sakurako

桜大島に吉野帯
お太鼓






花のお江戸の日本橋で

春うらら・・・と言うにはちょっと風の冷たい日でしたが
集まった女子、総勢7名の着物姿は春爛漫。
「アラウンド魚座」の会に参加してまいりました。

集まったのはこちら
桜の前で皆さまと
左からKさん、染織家・吉田美保子さん、絵美さん、Mさん、私、SGさん

あら、お写真撮ってくださったRさん入ってません。
ので、もう1枚。
桜の前で皆さまと2
はい、左からお二人目がRさんです。

どこかに春を忍ばせて・・・というゆる〜いドレスコードに皆様
それぞれに工夫されて。
中でも一番ビックリしたのは、吉田さんの帯揚げ。
合う色がなかったからと、何と前日に染められたのだとか!
さすが、染織家さんです。

それにしても着物好き女子というのは、私の知ってる限り好奇心旺盛な
方が多い。皆様、いろいろな知識が豊富でいつも感心してしまいます。
話は当然、尽きる事無く。お勉強になりましたし、情報もたくさん
頂きました。

ランチの後に向かったのは「花のデジタルアート展」
アナログな私には、すぐにはピンとこなかったりして(笑)
すでにご覧になっていたRさんのご案内で助かりました。
そうでないと動きのあるアート、いつどこを見たらいいのか分からなかった
です。

それでは一足早い「デジタル桜」でお花見を(館内はフラッシュなしの撮影OK)
天井からの桜

桜、3

桜、2

影桜

床の桜


ご一緒した皆さまのお太鼓を撮らせて頂きました。

吉田さん、絵美さん、SGさんお太鼓
こちらは「吉田シスターズ」
左端、吉田さんご本人はもちろん着物も帯も自作です。
真ん中、絵美さんの着物は吉田さんが織られたもの。
帯は仁平さん作「月下美人」
右端、SGさんの帯も吉田さん作。
ビタミンカラーに元気を頂きました。

絵美さん、BJさん、吉田さんお太鼓
こちら、絵美さんと吉田さんはだぶりますが、真ん中のKさんは
この会で一番お若いのにシックな装い。
若い人が地味なきもの着るのもいいものですね〜。

Mさん、私、Rさんお太鼓
左端Mさんのお着物、何と牛首紬の訪問着、裾や袖にさり気なく波が
描かれていて何とも素敵!思わずどこでお求めになったのか聞いて
しまいました。真ん中、私をおいて右はRさん、お義母さんから譲られた
という色無地が大人ピンクで美しいこと。珊瑚の帯留めも優しいピンクで
豪華でした。

皆様、楽しい1日をありがとうございました。


この会については、絵美さんが詳し〜くレポートしてらっしゃるので
そちらをご覧ください。
えみごのみ

織り姫・吉田美保子さんのブログはこちら
someori yosida



この日の私は
銀鼠紬に栄順帯
銀鼠の紬に城間栄順氏の紅型帯
桜の花びら散る帯揚げと墨黒の桜帯留めで春を演出

城間栄順帯、お太鼓
お太鼓

英さん、羽織り
羽織りは英さん、羽織紐は和小物sakurakoさん



念願の

新幹線でびゅーっと名古屋に行ってましりました。
お目当てはこちら。

月日荘さん、入口

月日荘さんで開催されている、正藍型染師、田中昭夫さんの展示会です。
御歳82歳、こんなにたくさんの帯地や布が見られるのは、たぶんこれが
最後(?)と友人に言われて、これまで何度となくタイミングが
合わなかった御大の展示会、今度こそはと意を決しました。

会期が始まって5日目、果たして帯地は残っているのか?
何の根拠もないのですが、私を待っている子がいる筈、とちゃんと
お持ち帰り出来るサブバッグを偲ばせて(笑)

はい、そしてビビッときたのがこちら。

御大の帯

実は他にも候補はあったのですが、藍地に菊の花びらの白が
パキッと一番カッコ良かったのがこの子です。

見知らぬオバサマからも「あなた、それよ。それがいいわ」と
太鼓判を押され(笑)
念願の御大の帯のお輿入れです。

やっぱり田中昭夫の藍染めには力がある。
何なんだろう? 不思議だなぁ・・・と思いながら飽きずに
眺める春の宵でありました。


<追記>
田中御大の記事が今、発売されている七緒に掲載されています。

田中御大、七緒

ナナオ、1