FC2ブログ

ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

早朝の虹

IMG_5828.jpg

今朝、西側の窓から空を見ると雲の間に虹が見えました。
早朝の虹は、珍しいですね。
虹を見ると、なにかラッキーな気分になるのはなぜかしら?

人間の感じることのできる色(可視光線)の範囲はごくわずかで
ちょうど虹の幅、つまり赤、オレンジ、黄、緑、青、藍、紫
なのだそうで、赤外線も紫外線も見えません。
意外に狭い範囲なんだなぁと思いました。

世の中のものが、何でも見えているつもりでいても、本当は
人間に見えているものなんて ごくごく限られたものなのかも
しれませんねぇ。

IMG_5827.jpg



群言堂さんのこと

私が服に何を求めるか?というと
一番は着心地が良いという事です。
それにはやっぱり天然素材であることが大事な要素です。
ボトムスはポリエステルとか混ざっていてもOKですが、
トップスは綿、麻(冬はウール)。
特に麻というのは秀逸ではないかと、最近感じています。
私の子供の頃は麻といえば、夏の素材でしたが夏だけでは
もったいない。今は綿麻混とか、いろいろありますし
真冬はともかく、綿やウールと重ねれば3シーズンいけてしまうのでは
ないか、特に今の日本のような気候では、と思います。

この夏に活躍したのが群言堂さんの麻のトップス2枚。

IMG_5811.jpg

窓越しなので透けて見えますが、実際に着るとあまり透け感は
ありません。色は濃紺です。

IMG_5754.jpg

こちらはお出かけ用。麻ではありますが糸が太くて風を通すので
とても涼しいです。お袖は五分袖、裾に行くほど広がる形です。
色は墨黒。

そして今夏の大ヒットは楊柳のインナー。
これはもう涼しくて気持ちよくて、洗濯してもすぐ乾くし、ヘビロテでした。
楊柳とは昔から日本にある織物。縦に細かいシワが入っているので
肌に触れる面積が少なく、さらっとして汗をかいてもべたつきません。

IMG_5812.jpg

群源堂さんは島根県の石見銀山にある古民家で雑貨や国内素材に
こだわった着心地の良い商品を全国に発信しています。


以前に頂いた湯呑みと一人用のお盆は3時のおやつに
重宝してます。

IMG_5817.jpg


IMG_5813.jpg

群言堂さんはでは「他郷阿部家」というお宿もやっています。
元々は江戸時代に銀山の役人だった阿部清兵衞の屋敷を、修復したもので
写真で見てもため息ものです。
いつか・・・行ってみたいな〜。

ご興味のある方はチェックしてみてください。
群言堂



我が家のヒット料理

IMG_5792.jpg

今日も暑いですが、お花屋さんでワレモコウを見たら思わず
買ってしまいました。
どこかで秋を感じたいのですね〜。

私はコーヒーが飲めませんが、コーヒーを淹れるのは
好きです。
この香りとこの音がたまりません。

IMG_5783.jpg


IMG_5797.jpg


今夏、ヒットだった料理はズッキーニの味噌チーズ焼きです。
ズッキーニを縦半分に切り、スプーンで中身をくり抜いて、その中に
ズッキーニの中身とセロリ、エビなどを刻み、それらを少量の油で炒め
味噌、コショウ、みりんで味付けし、くり抜いたズッキーニにこんもり乗せます。
その上にチーズを乗せてオーブントースター、またはグリルで7〜8分焼きます。

乗せるものは、セロリでなくても冷蔵庫の残り野菜でOK。
私はブロッコリーの茎とか刻んで入れます。
エビは味的にも食感的にも入れた方が美味しいです。

IMG_5791.jpg

ちょっと今回は焦がしてしまいましたが、味噌がまさにミソです(笑)
お好みでこの上に香草を散らしても○。
このまま、ガブリといけますよ。






ここらで一休み

2005年が初出品でした。
あれから15年もたったのですねぇ。

私の所属するJIAS(日本国際美術家協会)での展覧会の話です。
15年の間に会場もいろいろ変わり、今や六本木の国立新美術館で
開催するようになったのだから、会も随分と大きくなったものです。

その間にフランスのサロン・ドトーヌとの交流も盛んになり、
フランス作家の作品も参加するようになりました。
若い作家さんの参加も増えて、気がつけば、私も古株になりました。

ちょうど節目の15年。
今また初心にかえって、今の私が描きたいものは何なのか?
ゆっくり考えてみたくなりました。
と、いうわけで、ここらで一休み。
会の方には休会届けを出しました。
期限はありません。
自分が納得するまで、時間をかけたいと思います。

15年と一言に言っても思い出はたくさんありますし、海外での
展覧会(JIAS主催の)も何度か行かせて頂きました。
普通の観光では行かない所ばかりです。
それは私の人生で、宝物のような思い出です。
ただただ感謝しかありません。

そしていつも展覧会に来てくださった方々や友人達にもお礼
申し上げます。
六本木に移ってからは8月になってしまったので、本当に暑い中を
ありがとうございました。

絵を描くことを止める訳ではないので、いつかまた個展をする機会が
あるかもしれません。

先のことは全く分かりませんが、いつかどこかでまたお目にかかる
その日まで・・・

IMG_5769.jpg



気分を上げるお買い物

外に出ない生活が始まってからYouTubeの「暮らし」ものに
ハマってしまいました。
中でも「北欧、暮らしの道具店」は見ていて楽しいです。

そしてとうとう初めてのお買い物をしてしまいました。
「口紅」です。
マスクが日常となった今、最も必要のないものです(笑)。

でも朝晩の風が涼しくなってくると、ふと秋色の口紅が欲しい・・・と
思ってしまったところに、このタイミングで発売された口紅。
秋の気配と共に発売なんて、商売上手ですね。

IMG_5757.jpg
丸いのは手鏡。おまけで付いてきます。

IMG_5758.jpg
私が選んだのはこの色、アミュレットレッド。大人な赤です。
写真ではちょっと暗く写ってしまいました。

つけ心地も良かったです。香りもなく潤いがあってスーッと伸びて、透明感もあり、
実物を見ないで買った割には大成功。

そして・・・
実は今買うと来年の手帳が付いてくるというのも、ポイント高かったです。

IMG_5756.jpg

さらに「家族のかたち」や「KURASI NOTE」という冊子も付いてきて、
読み物として、面白かった。
ちょっとした生活のヒントや他の家族のすがたって、興味わきますよね。

IMG_5755.jpg

小さな冊子ですが、私にとって「日々のあり方」を問うきっかけをくれたりします。

ともかく小さな買い物でも、これが届いた日は気分が上がりました。
家事に明け暮れ、ともすると平凡な毎日に飽きてしまいそうになる時、こんな日常が
実は一番幸せなんだ、ということを忘れそうになる時、ささやかな買い物で自分の
機嫌を取ることも大事だなぁと思いました。
それにしても、私っておまけに弱い(笑)





姉と

先日の六本木の展覧会に姉が来てくれました。
会うのは半年ぶりです。
今年、74歳になるのだそうで、私が言うのもなんですが
とてもそんな歳には見えません。(若いし、オシャレだし)
「私も65になった」と言うと、「60代はまだまだ元気よ。
70過ぎたら本当に大変よ」と言われてしまいました。

思えば姉の人生は波乱万丈で、この人はどう言う星の下に
生まれて来たのだろう・・・と、いつも思っていました。
でもどんな時も逆境を切り抜ける強さと運があるので、今回の
コロナ騒動もきっと乗り越えて行くのだろう。と信じています。
(姉は飲食店を経営しているので、今は本当に大変そうです)

姉とは9つ違うのですが、小さい頃から姉の後をずーっと
追いかけていた気がします。異父姉妹の私に姉はいつも
優しくしてくれました。母が店で忙しかったので、特に。
だからそんな姉には今でも頭があがりません。

コロナ禍、猛暑、大雨、地震、いろいろあると次に会えるのは
いつになるか分かりませんから「会って話す」なんて
当たり前だったことが、掛け替えのない時間だったのだと
気付かされた暑い夏の日でありました。


IMG_5714.jpg
古い写真ですね〜。
多分、私が14歳くらい。姉は23歳くらいでしょうか。
初めて家族で台湾旅行に行った時のものです。
当時はミニのキュロットスカートが流行ってました。
あ〜、二人とも若かった!(笑)


第21回 日本・フランス現代美術世界展、ご報告

IMG_5687.jpg

国立新美術館の展覧会が始まりました。
今年は感染症の影響でレセプションも何にもなく、寂しいスタートと
なりました。

IMG_5697.jpg

今回、私は個展部門で6点の作品を出品。

IMG_5695.jpg
「覚醒」

IMG_5693.jpg
「ニュートラル」

IMG_5692.jpg
「早春」

IMG_5691.jpg
「月光夜曲」

IMG_5690.jpg
「饒舌な青」

IMG_5689.jpg
「サティに捧ぐ」

アクリルが入っているので、反射で反対側が写り込んでしまいましたが、
こんな感じというのを観ていただければ幸いです。

入り口では検温、手の消毒、と美術館側も予防対策をとり、もとより三密とは
程遠い空間なので、外の猛暑を忘れるしばしの時が過ごせました。


お越し頂いた(あるいは、これからお越し下さる)皆様には本当に感謝しか
ありません。
どうぞ、コロナ対策も熱中症対策も十分になさって、残りの夏をお過ごしください。
ありがとうございました。





なかなか梅雨は明けませんが・・・

IMG_5643.jpg

日照時間が不足もいいとこの今年の梅雨ですが、ミョウガは
そういうお天気を好むのでしょうか、豊作です。
ぷっくらまあるいのが、まだまだ獲れそうです。

IMG_5576.jpg

レモンはこんな感じ。まだ青いですねぇ。

IMG_5573.jpg

香菜は去年に比べると、なかなか大きくなりません。
これも日照不足のせい?

IMG_5455.jpg

それでもミニ畑から、バジルやパセリ、香菜などが獲れるとサラダや
お肉プレートの彩りになるので重宝します。

IMG_5474.jpg

キッチンの片隅では、梅干しが早く晴れないかな〜と、干される日を
待っています。

IMG_5475.jpg

こちらは、去年ものの梅酒(夜中に頭の黒いネズミが飲むらしく、知らぬ間に
減ってゆく)や、梅のプルーンジュース漬け。

梅雨が明ければ、また暑〜い夏が来るのでしょうが、それでも夏のお日様が
恋しくなる日々です。

お知らせ

このような状況下ではありますが、今年も恒例の夏の展覧会の
お知らせです。

IMG_5638.jpg

毎年夏に開かれている「日本・フランス現代美術世界展」ですが、
今年は感染症の影響でもちろん、フランスからのお客様は(サロン・ドトーヌの
関係者とか)おみえになりませんが、作品は無事届いております。
また、新しい取り組みとして個展部門を設け、私も作品6点をこちらに参加
させて頂いてます。

ぜひお越しください、とはとても申せませんが会場側でも感染症対策には
十分注意をして皆様をお迎えする準備を進めているそうですので、
ご興味のある方はよろしくお願い致します。


第21回 日本・フランス現代美術世界展
〜サロン・ドトーヌ特別協賛〜
会期:8月8日(土)〜8月16日(日) 11日(火)は休館日
会場:国立新美術館 3A,3B展示室 10:00〜18:00(入場は17:30まで)
    入場無料




ひたすら、軽量化

ミニマリストを目指す気はさらさらありません。
シンプリスト?いい響きですが、んーどうかなぁ?
物は必要以上にない方が良いとは思いますが、65年も生きていると
自分の人生の歴史と共に物も増えてきます。
それまでも手放してお家の中をスッキリさせたいとは思いません。

とは言え、年齢的なこともあって、しまい込むと忘れてしまう、という
悲しい現実もあります。
私にとっては今後、そのバランスが大事なことになりますねぇ。
手放す物、残す物、まあ、ぼちぼちやりましょう。

今回の自粛生活中でいろいろと整理をしました。
その中で、手放したものの中にブランドのバッグがあります。
思い切って大物(笑)を1つづつ、娘たちにあげました。
娘たちが喜んでくれたので、私も嬉しい。

今のマイブームはサブバッグです。
つまり、サブバッグをサブではなくメインで持っていて、その中に
さらにサブバッグが入っています。

私の一番のお気に入りはCAKUMAのサブバッグ。
あ、いや今はメインバッグとして活躍中。
「ほぼ日」と「CAKUMA」さんが何かでコラボした時に買った何かの
おまけだったと思います。(何かが多くてごめんなさい。随分、昔の話なので)

IMG_5540.jpg


そして今日、商店街にある手芸屋さんで衝動買いしてしまったのが
こちら。

IMG_5553.jpg

縦20㎝、横17㎝くらいの網網の袋。
お出掛け用にボトルを入れてもいいし、キッチンでニンニク入れて吊るす?
(ちょっと勿体無いか・・・)
まあ、ゆっくり使い方を考えましょう。

ボトルといえば、無印でこんなものがありました。

IMG_5556.jpg

お水のボトルです。(確か190円)
平べったくて可愛い形。とても軽くて夏はこれにお水を入れて持ち歩こうと思います。

しかも、水をきっかけに環境について考えるアプリも入手できて、給水機のある
無印のお店や給水所が探せるマップも見られるし、なかなか良いシステムだと
思いました。

IMG_5557.jpg


まずは一日1本でも空のペットボトルを減らすことから・・・!