ホームページに行く場合は TOMOKO Web Site をクリックしてください。
TOMOKO Web Site

ソルトンセサミをめざす!その4

o0480064014097975578.jpg

こんなチラシを見て憧れていた私ですが・・・
最近、あることが判明しました。
1月から白髪育てをして4ヶ月半・・・実は私、そんなに白髪が多くは
なかったのです。

ガ〜ン!

果たしてシルバーヘアになるのはいつの事やら。

でも、白髪があることはあるんですよ。
だからそれを育てつつ、その過程も楽しもうと考え方を変えました。
まあ、少しづつ増えればいいや〜って感じで。

そこでハイライトを入れて、5センチくらい伸びた白髪が悪目立ちしないように
しようと・・・。

ところが、ここでまたショーゲキ的な事が!

髪の負担を少しでも減らそうと使っていた自然染料のヘナとか、表面だけ
染めるヘアマニュキアは赤みが強いのだそうで、なんとハイライトがオレンジ色っぽく
なってしまったのです(今までやっていたヘナやマニュキアが伸び切らないと
この色は消えないそうです)
本当はアッシュ系にしたかったのに・・・。

またまたガ〜ン!

美容師さんに言われました。
もともと東洋人は肌の色も黄色味が強いし、髪の色素も赤みが強いのだとか。
西洋人のような青みがかったシルバーヘアにはなりにくいそう。(個人差があります)
今、プラチナ世代の憧れと言われている結城アンナさんもスウェーデン人の血が
入っていますし、「プラダを着た悪魔」のメリル・ストリープのあの見事なシルバーヘアも
西洋人だからかもしれませんねぇ。

そんな訳で当初の私のイメージとはかけ離れてしまった今の髪色ですが、ま、これも
良しとしましょ〜。


IMG_2280.jpg
恥ずかしながら、黒、白、茶(光の具合によってはオレンジ系)が混ざった今の状態です。

そして結論は、髪の色が白かろうが、黒かろうが、茶色だろうが、今の私はこれよ!
と自信を持って日々の生活を楽しむ。
ということに尽きますね。
(何でも楽しんだもん勝ち)

ちなみにこのオレンジ系ハイライトヘア、家族には結構好評です(笑)。
そして見慣れてきたら、結構いいかも・・・と思えてきた今日の私でありました。






愛でるギャラリー祝

2年前の京都タロットの原画展の時に何度も会場に
足を運んでくださった祝子(しゅうこ)さんが、銀座にギャラリーを
オープンされたので、お祝いに行ってきました。
その名も「愛でるギャラリー祝」(メデルギャラリーシュウ)。
なんともおめでたいお名前ですね。

場所は帝国プラザの2階です。
高級ブティックが並ぶアーケードの中でそのギャラリーは輝いておりました。
と、いうのも今やっている展示が中村凰伯氏の「日本の紙(神)彫刻展」。

fa36d0d1e9f91e9225bb73a63f5412b2-1080x675.jpg

凄いですね〜、初めて見ました。こういうアート。
美しいです。白一色に光と陰の陰影で表現された龍や波。
この作品のタイトルは「竜の珠と荒波」

そして、「七福神 龍の方舟」がこちら

c1fa09fa9d98850aa84aba57f66c740b.jpg


とても縁起の良いものを拝見させて頂いたって感じです(笑)

中村凰伯 「日本の紙(神)彫刻展」 2018年5月12日(土)〜18日(金)
11:00〜19:00
愛でるギャラリー祝  千代田区内幸町1-1-1 帝国プラザ2F
03-6550-8111


IMG_2261.jpg
祝子さんとツーショット






京都の個展、番外編

以前に木地師、仁城義勝氏のお椀に惹かれ、早速ネットで購入して
毎日使っていることを書きましたが、その購入先のギャラリーが
なんと今回、私の個展会場のそばにある事を知り、どうしても
行ってみたくて会期中にこっそり抜け出して行ってまいりました。

IMG_2223.jpg

思ったとうり、なんとも風情のある「ギャラリー日日」の門構え。
看板らしきものも小さくて、知らなかったら通り過ぎてしまいそう。

IMG_2225.jpg

いかにも京都らしい、苔むした坪庭の見えるお座敷に通され、その静けさに
言葉を失いました。
その日は籠の作家さんの展示会でしたが、私が伺った時はどなたも
いらっしゃらなくて、この贅沢な空間を独り占め。

IMG_2227.jpg

床の間に飾られたレンギョウの乱れ刺しが、なんともダイナミックでお軸の
代わりに掛けられた蔓を編んだオブジェ(?)が、斬新だけど不思議と調和
していました。

ああ、なんという非日常。なんという静けさ。
ずーっとここにいたい、という誘惑に必死に打ち勝って、一服のお茶を
頂いて後ろ髪を引かれながらギャラリーを後にしました。
んー、京都は奥が深い。
こんな隠れ家的なギャラリーがあるとは・・・

次回、京都に来る時は絶対にまた訪れよう。
仁城さんのお椀や赤木明登さんのお椀をじっくり見せて頂いて至福の時間を
味わおう・・・と、固く心に誓ったのでありました。

京都の個展、その2

o0480032014181288831.jpg

前回に引き続き、個展のレセプションの模様をお伝えします。
写真は京都のフォトグラファー、野口さとこ氏撮影のものは光が
優しくとても綺麗ですが、私が撮ったものは暗いです。
悪しからず。

IMG_2213.jpg
きもの友もお祝いに駆けつけてくれました。
本当にありがたいことです。

o0480032014181280313.jpg
ケータリングは大阪のサッチさん。
美味しいお料理が並びます。

o0480032014181280322.jpg
マキコレワインのカーブ田中さんのセレクトしたワインたち。

o0480032014181280262.jpg
モンジューの演奏とギャラリーの雰囲気がピッタリ!

o0480032014181280268.jpg
久しぶりにお目にかかるモンジューでしたが、皆様お元気そうで何より。
ツアーを控えてお忙しい中を参加してくださって感謝です。

IMG_2212.jpg
外はあいにくの雨でしたが、ギャラリーの中は良い雰囲気。

o0480032014181280328.jpg
「京都タロット」の原案者、岩倉ミケさんも来てくださいました。

o0480032014181280295.jpg
ご挨拶するスターポエッツギャラリーの今村仁美さん。

IMG_2209.jpg
雨の中をたくさんの方にお越し頂き、感謝です。

IMG_2215.jpg
吉田美保子さんに織って頂いた帯。
レセプションの日は締めましたが、他の日はこうして展示しました。

o0480072014181280252.jpg
すみません、写真が縮小出来なくて、アップでお恥ずかし。

o0480072014181280284.jpg
お太鼓の柄も良い感じに出せたかな・・・?

お越しくださいました皆様、お手伝いくださった皆さま、本当にありがとうございました。




京都の個展、その1

お陰様で、京都の個展は大成功でした!
たくさんの皆様においで頂き、夢のような1週間を過ごすことが
できました。
ただただ感謝でございます。
京都、大阪、神戸の方、そして遠く関東方面からお越しいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
また、FBやらなんやらで個展の紹介をしてくださった皆様にも
心よりお礼申し上げます。

まずは会場内の展示風景をざっとご紹介いたします。

IMG_2191.jpg
会場入ってすぐ右側

IMG_2198.jpg

IMG_2199.jpg
ここは小作品が並びます

IMG_2197.jpg
こちらは入って左側。大きめの作品が並びます。

IMG_2196.jpg
左側の並びの奥

IMG_2195.jpg
さらにその奥

IMG_2200.jpg
さらにさらにもっと奥

IMG_2201.jpg
その奥にカウンターがあり、カウンターの上の棚に小作品2点と
画集が飾られています。

IMG_2193.jpg
右側に戻って小作品の奥は吉田美保子さんの帯の展示。
この日は帯を締めていたので、下絵と織り見本が展示してあります。

IMG_2194.jpg
その奥は色彩の少ない作品が並びます。

IMG_2202.jpg
会場奥から入り口方向を見たところ。

お分りいただけたでしょうか?
会場はずずずーっと奥に長くなっています。

壁が漆喰なので、とても柔らかい良い雰囲気。
墨の絵ともよく合います。

さて、レセプションの様子などは次回に。


つづく


仁城義勝さんのお椀

瀬戸物の茶碗が何か冷たく感じられて、だいぶ前から木のお椀で
ご飯が食べたいと思っていました。
でも木ならなんでもいい、という訳ではありません。
毎日使うものですから、気に入ったものを探したい。

そしてこれっと思ったのが仁城義勝さんのお椀でした。

IMG_2189.jpg

丁寧に木と対話しながら椀を削り、漆は3回しか塗らないのだとか。
だから彼は木地師と名乗っています。

IMG_2188.jpg

漆を厚く塗らないので、木地がうっすらと見え、それがまた良い風情。
漆の器を日常のものとして作っている仁城さんの器は、漆椀としては
驚くほどお安いです。
でもその仕事は本物。
仕事が確かなら、その使い心地も素晴らしいものです。

「自分のこころをざわつかせるような器だけは、作りたくない」という
仁城さんの心情的なものがその姿形に備わっていて、手に取る者に
伝わってくる気がします。

さて、このお椀、どこで手に入れたかというと・・・ネットで扱っているお店を
探したのですが、なんと京都のギャラリーでした。
東京にもいくつもあるのにねぇ、京都と繋がっちゃった。
しかもそこは来週、私が個展をする余花庵さんのすぐ近くだったのです。
これって不思議な話?
京都たって、星の数ほどお店はあるだろうに・・・

IMG_2185.jpg

まるで昔からうちにあったかのように、日常の食卓に馴染んでいるお椀。
好きな器でご飯をゆっくり噛みしめる幸せって、今だからこそできること。
若い頃はできなかったな〜。

上の2枚の写真は赤木明登さんの「美しいもの」より




鱗紋の帯

私がデザインして、織姫・吉田美保子さんに織って頂いた
鱗紋の帯が仕立て上がってまいりました。

IMG_2175.jpg

合わせたきものは、グレイッシュなピンクの八丈織。

IMG_2171.jpg

帯締めを濃いめの青系でしめて、帯揚げは春らしい黄色系。
帯飾りはSakurakoさん作の、クリスタルスカルです。

IMG_2182.jpg
お太鼓

布で見ていたのと締めるのでは、やはり違うものですね。
鱗紋と多色の縞の組み合わせが、なかなか面白い、ありそうでない帯に
仕上がったのでは、と自負しております。
もっともこの成功には吉田さんのお力が「大」であります。
吉田美保子さんに感謝❤️






画集

本日、DM出し終わりました。
季節の変わり目のせいか咳が出ます。
風邪というより、アレルギーぽいです。

しかし、
そんなこと言ってられない。

今夏の六本木に出す絵の締め切りは5月です。
ということは、個展前に完成していないと、個展後は後処理で忙しい
かもしれないし、ちょっとは休みたい。
何があるか分からない。

と、いうことは、今 描かなきゃってことです。
何にでも優先順位というのがありますから。
(と、長々とブログが書けなかった言い訳をしているつもり)

そうこうしているうちに、画集が出来てきました。

IMG_2116.jpg

画集というのは10年前に一度作りました。
今回は画集というよりは、ちょっとカジュアルなものです。
カタログレゾネと言った方が良いかも。

IMG_2118.jpg

今回の個展用に、というわけでもないのですが、時期的には
そんな感じになってしまいました。

IMG_2119.jpg

これも私の履歴です。
画集なんて何かのキッカケがないと作れないものです。

IMG_2117.jpg

今回、DMも画集もデザインはATOZの吉池康二さんにお願いしました。
デザイナーさんの感性は素敵ですね。

DMには3枚の絵が使われているのですが、よくぞここで切り取った、という
ところで切り取り、組み合わせ、カッコよく仕上げてくれました。
大満足です。

IMG_2121.jpg

画集も「私らしさ」を大切にデザインしてくださって、これもまた大満足。

という訳で昨年から準備したプランが一つ一つ形になってゆき
とうとう4月を迎えました。
個展まで、あと3週間とちょっとです。

IMG_2120.jpg


*絵の著作は江田朋百香にございます。無断転写、掲載は固くお断りいたします。

お知らせ

4月の個展のDM及び、挨拶状が完成に近づきました。
一足早くblogにてご案内いたします。

0000000_001_SUMI_DM_3_2.jpg


0000000_001_SUMI_aisatsujo_3_2.png


DM、案内状をご希望の方は、H.Pのコンタクトページから、またはこのブログの
コメント欄からご請求くださいませ。
4月初旬にはお送り出来ると思います。




美しすぎる糸

待ちに待ったその日が来ました。
帯が織りあがったのです!

IMG_2112.jpg

美しい布ですね〜。
私の描いた図案がこんな風に布になるとは、感無量です。
美保子さん、期待以上です。ありがとうございました。


IMG_2113.jpg

金糸、銀糸もそこはかとなく、品良く光っています。

IMG_2114.jpg

見えないところも、こんなに美しい。


そして、感激したのは・・・

IMG_2110.jpg

この糸の見本。
なんと艶やかで、繊細で、この微妙な色の違いときたら・・・。
こんなに細かく色分けしてくださったのですね〜。

絵の具や墨では、水の加減などで図らずも微妙な色が出来てしまうのですが、
それを糸で表現するというのは、どんなにか大変な作業であったろうかと
今更ですが気づきました。
本当に脱帽です。

さて、これからお仕立てに出して、帯の完成をワクワクしながら待つ日々です。
帯となって締めたら、きっとまた違う表情が見えるはず。
楽しみですね〜。


吉田美保子さんサイト